「ほっ」と。キャンペーン

五月の山

    山のあなたの空遠く
    幸い住むと人の言う
    ああ、われ人ととめゆきて
    涙さしくみ帰りきぬ
    
    山のあなたのなお遠く
    幸い住むと人の言う
              上田敏 訳

いつも買物方々散歩しながら我が家に帰るのだが
正面の山に向かって歩きながら、フトこの詩が浮かんできた。

なにぶんにも十代の頃の懐かしき詩であって間違って
いるかも解らず思いつくままに・・・・

私の故郷呉市は港があり、低い山々に囲まれた盆地である。
ゆえに高い山には憧れがあった。

今、まさに”山笑う”若葉の美しい季節である。


今日は朝から五月晴れ!
広島の我が家の小さな森と化した庭は
青紅葉、鹿児島紅梅の木が生い茂り、ああ、
金木犀も大きくなりすぎ・・・

戯れに種を植えたアボカドは今頃になって落葉、そして新芽!
手入れを早くすべきであった。今、反省しきりである。
[PR]
by ba-basan | 2015-05-20 15:20 | 思い出
<< 散歩♪ 今日も忙しく・・・・日は暮れる >>