「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:農業( 8 )

友の畑に・・・

「一度いらっしゃい、参考になると思うから」
古い友人のお誘いで・・・”善は急げ”と
昨日息子と私で田舎のお宅にお邪魔する。

友人の車に先導されて向かうは東広島市である。

幸運にも好天に恵まれ広々した大地のドライブは
何年ぶりだろう。
c0060919_15145381.jpg




c0060919_15184517.jpg
山を開墾して畑、しいたけ作りを週末農業で楽しんでいるご夫婦。
(わたしゃ無理だけど若夫婦には見習ってほしいワ)


全て有るものを利用して小屋まで建てて・・・
まあドイツの小屋付き畑(クラインガルテン)の
ミニ日本版みたい。


友曰く「畑や道の草防止に馬糞紙を敷いて土や木の葉をかけると
全く草は生えません」
息子の「馬糞紙とはなんぞや?」
私「厚紙のことでまあ、早い話ダンボールじゃ」

わが田舎とは正反対の明るく広々した環境だが農業のノウハウは
なんら変わることなく全て勉強になることばかりであった。

これまでの我々"井の中の蛙”であったと反省。

東広島市は酒どころで知られていたが今は
広島大学が移転してきて都会的になっていて驚くばかりである。
若者が多くなった(あたりまえではあるが・・・)

帰りは粉雪がちらつき車窓から眺める広大な冬景色を
思いっきり堪能する。

一夜明けた今日案の定雪が積もり未だ降り止まず。

なんと収穫多い、そして楽しい一日であったことか。
心温かき友に感謝!!有難う!ワタシ頑張ります。
c0060919_15212776.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-02-24 15:11 | 農業

次から次へ・・・芋のつるがえし

夕方は少しばかり涼風を感じるようになったが
さて、そうなれば芋のつる返しが気にかかる。
c0060919_13513143.jpg

昨年は遅かったので芋の甘味と
生長が、どうも良くなかった。

今年は芋の草取りに迄、手が回らず
草取りをやりながらの、つる返しとなる。

一人でする静かな農作業では
つい、歌をくちずさむ。

なんと!あの懐かしのメロディ・・・

”♪農家のみなさんこんばんわ~
一日お仕事ご苦労さん、お~疲れなおしのこの時間
ラジオを囲んで、さ~どうぞ♪”

戦後の疎開先での夕食の時
ラジオから流れるNHkの”農村のゆうべ”
どこの家庭でも見られる光景だった。

食卓は貧しく芋とかぼちゃばかりでも
一日のうちで一番楽しく幸せなひと時だった。

今では農業離れが進みあの頃のことは
遥か彼方へ・・・・

さて、夕食はテレビの前に陣取り
そして自分に”今日もご苦労さん”
[PR]
by ba-basan | 2006-08-28 15:34 | 農業

夕立の後で・・・

猛暑とひとくちでは表しきれぬ程の
焼け付くような暑い日々のあと、
ようやく突然の夕立があり、
まるでバケツをひっくりかえしたような・・・
”チョット、ここまで降らんでもいいっよ~”

そんなどしゃぶりのお陰で
二日前に蒔いた大根、青梗菜の種から
はやくも小さなゴマ粒ほどの芽が出てきた。
c0060919_21294923.jpg

嫌になるような暑さも吹っ飛び
急に元気が湧いてくる。
農業の喜びは、実はこの瞬間にあるようだ。
c0060919_21352968.jpg


”ここの風呂場の屋根と台所の屋根の間の空が
真っ黒い雲で覆われたら雨が降る”と以前聞いていた
年寄りの言葉通り、この日の夕立も見事的中した。

気象衛星が打ち上げられる今の時代でも
この天気予報は百発百中で有難い。

自然を相手の農業は今でも
昔ながらの生活の知恵が息づいている。
作物の出来、不出来は、その年の
天候に左右されるのは仕方ないこと。

今年の成績の悪かったことは
つい、お天気のせいにしてしまう私。
涼しくなったら頑張るぞ!さて、その成果やいかに・・・
[PR]
by ba-basan | 2006-08-25 14:40 | 農業

田車

いつものように田圃の様子を見ていたら
どうも生長がおもわしくないようだ。

またもや草が生えてきて
稲の生長を妨げているに違いない。

ここでまた田車の登場。
c0060919_23183769.jpg

その昔、田の草取りは全て人手に頼り
この草取りは長時間、腰をかがめての
何よりもつらい仕事であったと聞く。

田車の出現でどれほどの人が
助けられたか・・・

でも、この田車押しは、傍から見れば
”おお~!これぞ日本の、のどかな田園風景!!”

見るのと押すのでは大違いのようで
やはり相当きつい作業といえる。

近頃はめったに、お目にかからぬ田車押しは
時代遅れだろうか?
[PR]
by ba-basan | 2006-07-17 14:40 | 農業

田植え

五月晴れの青空が広がる空の下、
待ち望んでいた田植えが行われた。

と、言いたいところだが
午後田圃に到着した時は
すでに頼んであった人の手に依って
きれいに苗が植えられていた。
c0060919_20595032.jpg

田植え、稲刈りだけは委託して
それ以外の代掻き、除草、水の管理、
肥料やり等など・・・・・が
我々の仕事である。

去年は”あきたこまち”の早稲に
ついていけず出来がよくなかった。

今年は銘柄”あきろまん”に挑戦!

田圃の水面に整然と並ぶ早苗を
飽かずに眺めて、夢は早くも
黄金の波・・・と、いったところである。
[PR]
by ba-basan | 2006-06-01 15:02 | 農業

ただいま農繁期

二日ほど留守にして農園に到着。
わが愛猫プリンが遠くから目ざとく車を
見つけて我々をお出迎え。

「おお~プリンよ元気であったか、
寂しかったか?」「ニャン」
「あいたかったぞ」「ニャン」なぜか男言葉。
c0060919_16205274.jpg


のんびりムードはここまでで
急いで農園で作業開始となる。
c0060919_1612529.jpg

秋本番とは思えぬ日中の汗ばむ陽気は
飛び交う、小さな虫(ぶと、ぶよ、)との
戦いでもある。

地を這うが如き態勢で行う小カブの間引き、
秋ジャガの肥料やりと中耕、

ブロッコリーとサラダナの苗の植え付けなどなど。
三日も見ぬと野菜の生長振りに目を見張る。

初めて蒔いたミニニンジン”ピッコロ”が
甘くて美味しい好評の商品にもなった。
c0060919_16233371.jpg


来週からサツマイモとサトイモの
楽しい芋ほりが待ち構えている。

夕暮れ時は”ぶと”の活動が激しく
わがウルワシのカンバセが
虫のおかげで台無しにならぬよう

野菜たちに心を残しながら
早めに農園を後にする。
[PR]
by ba-basan | 2005-11-07 16:09 | 農業

稲刈りが済んで・・・

ようやく稲刈りが済んで・・・いや、
早くも稲刈りが終わった。
c0060919_1511436.jpg

と、いうのは昨年は十月の下旬であったのに
ことしは一ヶ月も早い九月の下旬ということだ。

昨年の銘柄は”ひのひかり”
九州、中国地方に
多くみられる。

今年は”あきたこまち”に挑戦!
初めての銘柄で、不安と期待のうちに
それこそ、アレヨ、アレヨといっている間に
穂が出て花が咲き収穫の日を迎えた次第。
余りの速さに、充分に草取りや
水の管理もままならず・・・

せきたてられるような多忙なる日々だったが
めでたく収穫できたことは、少々収量が
少なかったなどと贅沢は言うまい。
欲を言えば、ゆっくりと黄金の波を心行くまで
眺めておきたかった。

昨年の実りの秋の感動を
しばし思い起こしながら
早くも気持ちは、来年に夢を馳せる・・・
c0060919_1530192.jpg

今度は、”あきろまん”に挑戦してみようか。
[PR]
by ba-basan | 2005-10-06 15:02 | 農業

つる返し

先日新聞を読んでいたら、
「サツマイモのつる返し」のことがでていた。

読者の便りでつる返しの思い出を
楽しく眼に浮かぶように綴られたものだった。

あっ!そういえば我が農園は未だだった。
暑い盛りにイモのつるをかき分けて
根っこの部分に陽を当てて大きく甘くすると言う・・・

午前中とはいえ暑いさなか,伸びに伸びたつるを
かき分けて「つるの恩返し」じゃなかった・・・
「イモのつる返し」に夢中となる。
c0060919_22393737.jpg

つるが伸びすぎたということは?
イモが養分をとられて太れない?

台風の雨のせいでつるは延びすぎた?それとも草のせい?

暑くて一雨をと願っていたが、
今はひたすら
かんかん照りであって欲しい・・・
とまあ、勝手なものであります。
[PR]
by ba-basan | 2005-09-30 18:03 | 農業