カテゴリ:収穫( 26 )

秋がきた!

朝、洗濯物を干しながらいつものように
空を眺めれば、昨日の土砂降りが嘘のように
青空に綿菓子のような雲がふんわり、ふわり・・・・浮かんでいた。

先日の夕方買物途中で見上げた青空には空一面の
うろこ雲に見とれていたが・・・・

日々変わりゆく秋の空!
一年で一番美しい日本の秋!誇らしく思う。

息子が田舎から持ち帰る我が家の農産物(ちとおおげさかも?)

今が盛りと渋柿の祇園坊、この柿はブランドとして有名で
我が家で今年一番の出来である。
10年ほど前に息子が苗を購入して植えたものが半数の10本が
今年初めて見事に成ったのだ。
c0060919_14395695.jpg

カボスも沢山・・・・これも同じ頃我々が植木市で苗を買って植えたもの。

あの頃は何もわからず・・・ただ農園&果樹園を夢みて植えたものが
今、多くの失敗のあげくようやく花開いたと思うようなった。

息子が好きでラディシュ、水菜(サラダ用)をc0060919_1444145.jpg
今収穫中である。

”働けど働けど・・・・・・・・・じっと手を見る。”
あの啄木の心境を感じたこともあったろうが・・・
今は今はこの美しい自然の中で親も子も喜びの方が大きい!

このところ我が家のスイーツは祇園坊の熟柿が多い。
今年の柿は出来が良く食べ頃に横半分に切り
デザート皿にスプーンを添えて出す。
あまり熟しすぎたものはぐちゃぐちゃになるので
c0060919_22353368.jpg要注意!

田舎はこれからが紅葉狩り・・・忙しいけれども楽しみ多い季節を迎える。

*写真は息子ブログ
「安芸太田町で新鮮な野菜と暮らす」より

[PR]
by ba-basan | 2015-10-28 15:42 | 収穫

我が家の梅干

昨晩夕食前に去年漬けた梅干を開けた。

天候のせいか裏の畑のいつもの梅は収穫できず
おもての古くからある一本だけようやく収穫できた。

この梅の木は春には美しい花を咲かせ道行く時に
皆を楽しませていた。

この老木は今年はよく頑張って少ないながら見事な大きな
実を付けたのだ。

「あんずが生りましたよ~」と植木屋さんが間違って
いたほどの大きな梅である。

待ってましたとばかり収穫して持って帰ってくれた梅!

さて翌日は大きいけど数少なく梅酒をつけていた空き瓶に
娘と一緒に漬け込んでいく。

それから一年余りたち昨日の開封!c0060919_1474559.jpg
我が家の台所の隅っこで通るときには
様子を眺め
日々紫蘇の赤に染まり行く様子の変化を
楽しんでいた。

以前田舎で大量につけたいた頃は
途中経過は観察できなかったが・・・・

昨日の夕食で試食おば・・・・
柔らかく塩加減も酸味も丁度よか♪
c0060919_14122012.jpg

今思い出したが”三日三晩の土用干し”はすっかり忘れていた。

田舎では沢山の梅を並べて干し・・・それが当たり前であった。
昼間はかんかん照りで夜は夜露に当てて柔らかく・・・

広島では干す場所もなく、梅も少なすぎた。
と言うことで梅漬けとなったが食欲増進&夏バテ回復と喜んでいる。
[PR]
by ba-basan | 2015-08-19 15:25 | 収穫

秋晴れの土曜日・・・

朝から青空が広がり、秋来る!♪

先日田舎から持って帰ってくれた初物の栗を
試食と称して茹でて食す。
c0060919_133691.jpg

ああ、やっぱり時期のものはウレシイ!
今年は知らぬ間に秋の訪れとなった。

ところで私は最近どうも声はしゃがれてか細くなり
耳も人の声が聞き取りにくくなり・・・良いとこ無し状態。

昔、我が家の子どもたちが小さい頃、じゃんけん遊びで
”パイナップル”と言ったとき義母が”たいまつ振る”と聞き違え
大笑いになった。
楽しい想い出の一こまである。

我が家はこの農繁期、息子は多忙で娘も仕事に忙しく、この私は
家事を引き受け、インコのぺリタンと留守番だ。

年よりの嗄れ声はしゃべらぬ状態が多いから?フト考えて・・・・
そうだ!ペリタンに歌って聞かせたり、言葉を教えたり・・”・スキ!”ダイスキ!”
効果ありです!お陰でだいぶ楽になり、ペリタンも歌が大好き!おしゃべりも大好きだ。
ボイストレーニングによかです。どうぞお試しあれ!
[PR]
by ba-basan | 2014-09-13 17:10 | 収穫

レモンの季節

いつの間にやら秋深く、急激に寒さがやってきた。

去年は初めてのレモンの収穫に胸躍らせて待ち望んだものだったが・・・・

あれだけ楽しみにしていたレモンの収穫が
今年もたった1個に終わった。

c0060919_14122357.jpg


今年も夏は猛暑続きでグリーンカーテンに気を取られ
ゴーヤに夢中で、カーテンの足元のレモンにまで
注意が届かず・・・・僅か1個のレモン収穫と相成った。

それでも我が愛しのレモンよ!完熟までよくぞ育ってくれました!

濃いイエローは去年より美しく形も丸い。

グリーンも浅緑から緑深く長い緑の時を経て念願の濃いイエローに完熟!

11月の終わり、毎日眺めた1個のレモンに鋏を入れて
またもや毎日眺めて楽しむ私。
そろそろ皆で試食せねば・・・・料理に飲み物に・・・乞う!ご期待を!

来年は植え替えの時だ。もう少し大きな鉢に変えて枝葉を増やし・・・
せめて片手にいっぱいのレモンの収穫をと願いつつ・・・
[PR]
by ba-basan | 2012-12-04 16:23 | 収穫

カボス・・・・いざ!本番へ

いつの間にか早や秋の訪れが・・・と、
手紙の書き出しの筈が・・・・

それどころではありませぬ・・・
風はあるのに、この蒸し暑さは。
只今室内で30度。

今年もカボスの季節が来て、田舎のカボスの木に昨年同様
沢山の実ができた。
c0060919_16263564.jpg

今までにない猛暑の日々でカボスも弱るか?案じていたが
さすが!九州大分が産地だそうで暑さに参るどころか
我が家のカボスは良い出来具合でホッ!

この暑い時は何と言っても涼しさを求めてアッサリした食事が欲しい!
でもでも夏バテ予防の食事はバランスを大事にと
未だオサンドン現役のばぁばは思案する。

例えば焼き魚にカボス、野菜の煮物、きゅうりとオクラの酢の物、
豚しゃぶにカボス添え,蒸し野菜、わかめと豆腐の味噌汁などなど・・・
から揚げにもカボスを・・・・c0060919_16265436.jpg
宣伝めくが、なんにでも合うカボスをどうぞ!

さてカボスは甘みがあり酸味も爽やか、
だけど種が少々気になる方には
カボスは横に切り分け切り口を上に向けて手でぎゅっとしぼる。
汁だけ出て種は落ちない。(これはテレビで見て知った)
まあ、何でも自分流でよろしいのでは・・・
[PR]
by ba-basan | 2012-09-09 16:08 | 収穫

農園日和に・・・・

三日前の土曜日,お天気もよく風もなく
穏やかなこの日はまさに農園日和に相応しい。

いつもの山道は花の姿は、もうないが・・・全山、青葉!”山、笑う”の季節。

農園のエニシダは見事な満開から少々しおれかけたが遠めにもド派手!
黄色のアイリスと白のデージー、濃い紫のアイリス。

家の前の畑ではラディッシュとサニーレタスが収穫時とみえる。

収穫ならまかして!c0060919_21192935.jpg
とばかり土から赤い実が覗いているのを
引き抜いていく。
c0060919_2134155.jpg

ウカウカしていたら実がはち割れてしまう程生長が早い。
依って昔ははつか大根と呼んでいたっけ。
今年のは質がよく少しぐらい大きくなっても”す”がたたず
適当な歯ごたえと甘みもあって美味しい!
c0060919_21203966.jpg

田舎の産直でも、早々と完売!あの紅色の美しさが人目をひいた?

少々不出来なものは自家用として先ず試食してだすのだが
スライスしてほかの野菜、フルーツとサラダにしても
何倍もお代わりするほどで、やっと自信がついた。
(これは私でなく息子。私は収穫だけ・・・いいとこどりか?)

メモ・・・ラデイッシュは小さめは洗って葉っぱを持って実をガブリ!
     少し大きくなったら半分,四つわりで・・・
     また、丸ごとスライスしてサラダに、酢の物、
     甘酢漬け、などなど・・・・いかがですか。
ナント忙しい一日だったが充実した幸福なる一日でもあった。
[PR]
by ba-basan | 2012-05-21 15:17 | 収穫

我が家のしいたけ

一雨ごとに春めいて・・・
と、言いたいところだが、昨日の春の陽気が
今日は一転して・・・朝からどんよりとした曇り空
先ほどから雨となって真冬の寒さで”ワナワナ”震えそうである。

昨夕田舎から息子が持ち帰ってきた我が家で採れた原木しいたけは
ナント手のひらサイズの如きジャンボしいたけ!しかも1本だけとは・・・

昨年は遅い時期にやはり大きなのが一本あったが食べたよと、
息子曰く・・・美味しかった!
c0060919_14192353.jpg

昨年は私の体調がすぐれず田舎のことは皆パスしていて
まあ、今年はだいぶ回復したがまだ用心して
農園はまかせっきりである。

ゆえに一人ではしいたけまで目が行き届かず・・・

母屋の裏の日当たりがよくない湧き水の近くにほだぎを立てかけていた。
シイタケ栽培にはもってこいの場所であった。だがしかし・・・・
湧き水は出なくなり、ばぁばまで世話を放棄して
哀れ!しいたけは絶滅か?
否!しいたけはけなげにも生長して・・・
し過ぎてジャンボしいたけと相成った次第。

実はこのしいたけは我が親友Nさんより原木に菌を植え付けたものを
戴いた思い出のしいたけなのだ。
心優しい彼女を思い出しながら見事なしいたけを有難く味わいたいと思う。
c0060919_14202723.jpg

先ずは写真に撮り寸法を測る・・まあ!直径13センチ!
それから試食をば・・・・そして感想を・・・
久方ぶりに彼女に便りをしょう。

ありがとう!!  
Nさん 花の便りが聞かれるころきっと会いましょうね。きっとよ!!
[PR]
by ba-basan | 2012-03-16 16:31 | 収穫

レモン収穫!

つい数日前に、我が家の僅か1個のレモンを
収穫した。
毎日、この鉢植えのレモンを楽しみに
眺めながら育てた愛しいレモン!
c0060919_17123436.jpg

かの梶井基次郎曰く”絵の具のチューブから出して
固めたような”エローが好き”
我がレモンもまさにその通りで
濃いイエロー・・・・・・

前日の雨でレモンが雨のしずくで濡れていたので
翌日の晴れた時、すっかり乾いたレモンを収穫した次第!
念願通りに完熟したレモンは力を入れて鋏でもぎとる。
茎は思いのほか硬く完熟したらポトリと落ちる心配無用であった。

来年はもっと沢山実が着きますようにと
夢をふくらませながら勉強に励みま~す。

今では店頭にはチリ産メキシコ産が少なくなって
国産、中でも広島産が幅をきかせている。

さて、このレモンはレモンティーに、
料理にと活躍させねば・・・・・・
[PR]
by ba-basan | 2011-12-07 17:03 | 収穫

芋ほり

先週だったか・・・
ある晴れた日に~♪♪

みんなで田舎に帰った。
辺りの山々、木々は紅葉の名残で色あせて早、冬の季節。

家の前の畑にわずか1本のサトイモの茎、
一緒に植えたというもう1本の茎は
すっかり失せて見当たらず・・・
大きく育った葉柄を息子が掘りあげてみれば・・・
ナ、ナント大きなサトイモと小さなものも合せて10数個出てきて
思わず”やったぜベイビー”
c0060919_14175162.jpg


そもそもこのサトイモは何ヶ月も前に買ってきたもので
たしか”セレベスという品種だった。
でっかいサトイモはこの次にまわそうと、紙袋に入れて
台所の野菜かごに入れておいたまま忘れていたんだワ。

さて季節が移り袋を開けると・・・・
中には新芽が出ているサトイモ2本!

「ああ、ナンタルコトヨ!もったいないから植えといて!」
まあ、それがですねえ・・・見事に生長したとです。
”怪我の功名”かも知れないけれどこれまで中耕、肥料やり
などなど世話は息子一人、この、サトイモ、猛暑に負けず
遂に芋ほりにこぎついたのだ!!c0060919_1424269.jpg

何年か前におせち料理で残ったユリネを思い出し春ごろ植えたら
美しいユリが何本か咲いて喜んだ記憶がある。
聞けば”コオニユリ”とか。

だらしないこの私、お恥ずかしい限りです。でもウレシカッタ!
[PR]
by ba-basan | 2011-11-22 14:38 | 収穫

渋柿から・・・・

当地、広島県は今や柿の季節、旬の真っ盛りである。
c0060919_2028401.jpg

昔から”柿が赤くなったら医者は青くなる”中には柿を
”みかん”におき変える人もあるが・・・・ともかく柿は健康に良いとか・・・

先日下の娘に我が家の渋柿少々届けたら”熟柿(この辺りでは、ずくしとも言う)は
どのようにして作るの?との質問あり。
ここでちょっと、その方法を・・・・
   渋柿をそのまま熟すまで置いておく(超、カンタンです)それから急ぐ時は米びつ(今風にライスボックス)のお米の中に入れておく。
時々触ってやわらかくなっていれば
あま~い熟柿であります。c0060919_20301481.jpg

砂糖のない時代、甘味料の乏しい時代には、甘柿は砂糖代わりに使われたと聞く。
そうそう、干し柿にしても(当地ではつるし柿)おやつとして喜んで食べていたっけ!

昔、農村では田畑で幼子に干し柿を与えて、親は仕事に精を出し
子どもは干し柿をしゃぶりながら良い子していた・・・
大人はその様子を見ながら安心して働いたという。

その昔、年輩のご婦人から聞いた微笑ましい話に
澄み渡る青空の日本の秋を思い浮かべる。
ああ、まさしく今の田舎の我が家も日本の秋!里の秋!だ♪
[PR]
by ba-basan | 2011-10-23 15:17 | 収穫