「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ガーデニング( 3 )

今、レモンは・・・・

今日の昼前、我が家の鉢植えレモンは
日々少しずつ黄色が増していて
ほぼ完熟レモンになった。c0060919_20133476.jpg

本では10月中旬にはグリーンレモンになるので
収穫もよし!とあったが、まだ暫くこのまま鑑賞したく
遂に希望どうりの完熟レモン完成!

実はグリーンレモンと黄色のレモンは木が異なると
ばかり思っていた私デス。一つ賢くなった?

先日読んだ梶井基次郎の”檸檬”(近頃文庫本の100冊の中に入っている)
c0060919_20135519.jpg

この"檸檬”は短編小説である。(たぶん大正時代だったか)
貧しさと病気を抱える文学青年が京都の町の果物屋さんで
レモンを買い求める。
 ”カリフォルニアのレモン、
  絵の具のチューブから出て固まったイエローと円錐形が好きだ!・・・・”
なぜか強烈なレモンの印象を受ける。

今はこの辺りは瀬戸内海の島で盛んに作られ真夏以外は
グリーンレモンに始まり果物、野菜売り場を賑わしている。

今年は念願叶ってこのばぁばでも鉢植えで、楽しめるなんて!

今はたった一本のレモンの小さな木、一個の実。

レモンイエローの一個は
幸せな夢をみさせてくれる大切なレモンなのだ。
[PR]
by ba-basan | 2011-11-14 15:19 | ガーデニング

檸檬(レモン)の木

先週だったか、こどもがレモンの鉢苗を買ってきてくれた。

かねてより一度は植えてみたいレモンだった。

詩や文学に登場するロマンチックなムードにひかれたこともあるが
(まあ、おおいにこれがありますが・・・)
庭にレモンがそよ風に揺れて・・・(ばばに似合わずステキ!とこんな発想から・・)
c0060919_16533970.jpg

さて現実にかえって、このレモンの苗の扱いは?

園芸のトラノマキを紐解いて調べてみれば意外と手がかからぬようだ。

暖地と乾燥を好むとあり意外にも低温にも耐える。
ただし肥料好き・・・などなど
見ればこの苗に早や数個のカワユイ、グリーンの実が付いておる。

こんなの初めて見ることでラッキーと思いきや・・・・
”小さい実はいち早く摘果せよ!!一つは残してもよい!”
この細いレモンの木が、
これから大きく育つために泣く泣く摘果する。c0060919_1652573.jpg

一つ残したレモンを着けたか弱きレモンの苗木よ!
植え替えは3,4月または9月とあり、c0060919_16555746.jpg
まさに適期到来でこのばばはヨロヨロしながら
猛暑にも負けず張り切って世話をしているんです。
あの~じつは朝の水遣りぐらいかしらん・・・・
[PR]
by ba-basan | 2011-09-09 15:17 | ガーデニング

花の苗を植えた

ソメイヨシノが大方葉桜に近くなったと思ったら、八重桜が満開になり
まさに春爛漫の季節とあいなった。

寒暖の差の激しい田舎では、朝は寒くてストーブをつけて
日中は暖かい陽気である。

今が一番農作業がやりやすい。
ようやく畑を耕し種まき、苗の植え付けなど
仕事は次から次へと絶え間なしの忙しさだ。

相変わらず草ははびこり油断できない。
まるで草との戦いだ・・・でもこれは平和の証拠で喜ぶべきことか。

草の中から白と青色の忘れな草を見つけて
私の大好きな可憐な花にしばしうっとりする。

♪忘れな草を~あなたに、あなた~♪つい懐かしい唄が口をついて出る。

去年沢山咲いて喜ばせてくれた花よ!また会えたね。(まあ、なんてロマンチック。)

何日か前にカタログで注文した花の苗がどさっと届いた。
見本の写真の美しさについ買いすぎて、
いづれも未知の花の苗に仕方なく勝手に植えつける。
どんな花が咲くかは、咲いてからのお楽しみ・・・とまたまた開き直ることにする。

野菜が出来すぎて、食べ切れぬ間にとうがたち
花が咲き、追われるような日々だった。
だから(今年は花を中心にキッチンガーデンにしたい)心は早くもガーデナー。

草の中から小さな花を見つけたり唄って見たり、
なかなか仕事がはかどらぬいつものばあばである。
c0060919_15461332.jpg

[PR]
by ba-basan | 2005-04-19 15:42 | ガーデニング