「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:平和( 11 )

長崎    原爆の日八月九日

昨日にもまして大層暑い!暑い!

お盆も近いから家周りの掃除をとおもいつつ、
朝からこの猛暑!

今年こそ長崎の原爆の日の式典にテレビで臨みたいので
急ぎ掃除を始めたものの気が付けば11時前。

慌ててテレビの前、式典にまにあった。

長崎市長の平和宣言をはじめ知事、そして被爆者代表の方々の
原爆、そして戦争反対!二度とあのようなことのないように
全ての国が、そして世界の国が平和を継承することを
強く強く宣言された。

首相の非核三原則を盛り込んだ言葉にほっとした思いがあった。

この暑さの公園での式典は静かに進みチャペルの鳴り渡る中、私も
広島の地より原爆の犠牲になられた方々の御霊に黙祷を捧げた。

この長き七十年を平和に過ごせたのはあの、原爆で犠牲になられた
多くの人々のお陰であることは忘れない、どうか忘れないで欲しい!

公園で高らかに歌う学童の歌声!平和を願う澄み切った歌声♪
そして高校生の女性の合唱!
清らかな歌声・・・平和の祈りが天までと届くようにこだまする。
 幼い子どもから若者までの歌声に私は涙が止まらなかった。
♪  赤の折り紙 ピンク 水色   緑・・・・平和を求める人には
   虹色の色紙でたたみましょう♪
どちらのうたも素晴らしかったが初めて聞いた歌なので思い出すまま
女声合唱の方を記してみました。
[PR]
by ba-basan | 2015-08-09 16:30 | 平和

69年目の終戦の日

昨日は69年目の終戦の日であった。

小6で終戦になったあの暑い暑い夏の日は
田舎で疎開中の真昼の出来事であった。

聞くところ号泣した人、やっと終わったと解き放たれたような・・・・
大人も子どももそれぞれの終戦記念日となった。

一つ言える事は”二度と戦争はしてはいけない”と・・・・

私は今、この69年の長きにわたり平和であった事実を
心より有難く感謝と同時に絶対に守らねばと意を強くした。

戦争の終わる頃、赤紙1枚で軍医として召集され戦後、
無事復員した父が30年くらい経った頃であろうか、
「昔は20年過ぎても戦争のない時代はなかったが
今は平和でよいのう。戦争は、いけん!絶対いけん!」

広島弁まるだしで語った戦争反対!の言葉であった。




[PR]
by ba-basan | 2014-08-16 21:09 | 平和

原爆の日

今日は69年目の原爆の日である。

昨日から降り続いた雨は小雨になった。
久しぶりの涼しさに今朝は寝坊してしまった。

急いでテレビをつけて広島平和公園の式典を観る
雨の中の式典は二度目だそうだが白いレインコート姿の人々・・・・

69年前のあの日・・・青空に白い雲!忘れ得ぬ光景とは違う
きょうの静かで厳かなる式典である。

特に市長、知事の熱のこもった力強い言葉がうれしい!

首相の世界平和を目指す内容に、どうか実現を、と願い
我々も世界の人々と、平和に向けて歩んで行きたい!

子ども代表の二人の小学生の素晴らしい誓いの言葉に
頼もしく思う!

    ”あやまちは   繰り返しませぬから”
あの日のような悲劇は二度と無きよう・・・・いつまでも平和でありますように!!
[PR]
by ba-basan | 2014-08-06 15:39 | 平和

今日も暑い!

今日は昨日より暑さを感じる。
広島でも注意報が出た!
年寄りは特に熱中症の用心をせねば・・・・

と、今このカンカン照りの戸外は避けて、家の中でクーラーをしている。

先ほどテレビの連続ドラマ”花子とアン”を見ていたら
関東大震災の話であった。

話では幾度と無く聞いてはいるが体験者の方々のご苦労、悲しみ
いかばかりであったか?

花子がこの時、近くの子どもたちに、ろうそくに灯をともし
こどもの不安を忘れさせるように、お話を聞かせて元気づける。

私はふと思い出した。
戦時中、まだ焼けていない家の庭の防空壕があり、空襲警報の度に
弟妹を連れて非難したものだった。
手には一冊の本を抱えて・・・・

その時は”ソロモンの岩窟王”
薄暗い防空壕の中で、小五の私は、一生懸命に声色使って
確かろうそくの明かりを頼りに読み聞かせた。

妹も弟も静かに聴いていてくれたものだ。
私は得意になっていたけど今、思うに防空壕と洞窟がよく似た雰囲気だったからか・・・・

大人になっても妹たちはよく覚えている。なんとあの頃は私はしっかりものの
良き姉だったものだわ(笑)
今では、妹に世話になることも多い。

暑い暑い夏が来ると思い出は戦時下に繋がっていく。
愚かなる戦争は絶対反対のきもちを強くする。

平和な今を感謝して過ごしたく思う。
[PR]
by ba-basan | 2014-07-31 15:17 | 平和

十五歳の君へ・・・♪

昨日は広島県でも廿日市市,安芸の宮島で
大雨だった。横殴りの雨!!

私の家、辺りでは一度の雷鳴と雨,風は直ぐに止んだ。

一夜明けた今日はかんかん照りのも猛暑となった。
本日、梅雨は明けたそうだ。
c0060919_15472621.jpg


テレビで見る広島市内のプールは、夏休みに入った親子連れが大勢だ。
はじけるような子どもたちの笑顔!笑顔!

私の子ども時代は戦中、戦後と厳しい時代だったが、
夏休みだけは近くの海水浴場まで汽車で行き真っ黒になるまで泳いだ。
だがそれも、六年生学童疎開からそんな楽しみさえも奪われてしまった。

戦後は呉市に市民プールが出来て、姉妹弟、友達と
毎日通った。夕方プールの水が抜かれるまでねばったものだ・・・
たとえ雨が降ろうが照りつけようが。

平和を生きる今の子どもたちの幸せを思う。

近所のお子さんたちも楽しいお出かけらしく静かで寂しいほどだが・・・
いつも学校帰りに見つけたら遠くから懸命に手を振ってくれる君!
今は小学二年生の君、

十五歳の君へ♪あの歌が好きなばぁばの願い!
君が十五歳になっても・・・もっと年をとって大人になっても・・・・・
ずっとずっと子どもたちの笑顔が輝く平和を守って!

戦争のない平和を祈りつつ・・・・どうぞ楽しい夏休みを!
[PR]
by ba-basan | 2014-07-20 15:24 | 平和

八月六日は・・・・

お昼前、すでに暑さは30度になったが
車の少ない時にと近くのスーパーに出かけた。

近所のお宅の、さるすべりの紅い花が燃え立つように青空に映える。
ああ、今年もあの暑い日のように・・・・
巡り来たあの暑い暑い!八月六日が・・・

c0060919_1414669.jpg


昨日は六十七回目の原爆の日であった。
あの日は遠い遥かな出来事ではなく何年経っても忘れえぬ日となった。

式典をテレビで見ながら、遺族代表の方のつく平和の鐘にあわせて
犠牲者の御霊に黙祷を捧げる。

静かで厳かなる式典は進み
小学生代表の六年男女二人の誓いの言葉は
爽やかで、力強く頼もしい

あの夏の日の朝は、丁度私も同じ小六の夏休みであった。
疎開先の田舎では家族での朝食の時・・・

何キロも離れた田舎で見た広島のあの空の色,雲は忘れない!

今日の青空は晴れ渡り、
早や秋近しを思わせる所々白く刷毛で描いたような雲。
ああ、平和はいいなあ!

原爆慰霊碑にある ”あやまちは繰り返しませぬから”
この碑文の大きな、深い意味をもう一度しっかりと覚えておかねば・・・



photo by masako
[PR]
by ba-basan | 2012-08-07 15:55 | 平和

短い手紙

先日、テレビや新聞等で紹介され話題を集めている
”一枚のハガキ”これは広島出身の新藤兼人監督の
新作で力作である。
この映画はご自身の体験を基に創られた戦時中の話である。
淡々と語る監督の言葉に、かの戦争の悲しみが深まるばかりであった。
c0060919_14324499.jpg

先日、夏休みも残り少なくなって遊びに来た孫が、
たしか”平和を考える”宿題がまだ残っているという。

ついこの間"ちょ~ちちょ~ちあばば”から”結んで開いて♪”
だったのに・・・・はや今春から中一になった。

背丈はすっかりばぁばを超えてしまった。(まあ、こちらは縮んだ?)

「まあ!平和のことならまかして!」戦争を経験した私・・・

ふと思い出したのは、私が子どもの頃のことだ。
幼友達の父上が戦地から家族に宛てた手紙(ハガキだったかも・・)のことだった。

小学校へ行く途中、その友達が嬉しそうに「とうちゃんから手紙が来たよ!」
「まあ、なんて書いてあったの?」と私。

そこには 

『元気か? 元気だ。』

とだけ、書かれていたという。

まだ子どもであった私はびっくりしたり、
少々物足りない気持ちでもあった。

孫はただ黙ってまじめに耳を傾けていたが・・・
戦争の厳しさと過酷さが伝わってくれればよしとしたい。

映画”一枚のハガキ”と孫の来訪で思いがけず遥か昔が甦った。

今、この”短い手紙”を想い出しながら、これほど素晴らしい手紙があろうか
と改めて思う。
家族の皆さんはこの手紙でどれほど安堵しどれほど勇気づけられたことか!!
この短い言葉に万感のおもいが込められ・・・・この私は胸を熱くする。

そして今一度 ”戦争はごめん!どうかいつまでも平和でありますように!!”と・・・・
[PR]
by ba-basan | 2011-09-01 15:28 | 平和

広島そして長崎より・・・・・

八月六日は広島原爆の日(六十六回)であった。

この日は珍しく早朝は雨が降り記念式典には空は晴れ渡り
厳粛なる式典が執り行われた。
c0060919_17135352.jpg

この日はテレビでの中継を我が家の茶の間で臨むことにした。
例年のように年々高齢者の多い中で今年は若者の参列者が目立つ。

あの八時十五分に平和の鐘を合図に私も犠牲者の御霊に黙祷を捧げる。

市長、首相、知事・・・次々続く平和宣言。
c0060919_17173422.jpg

中でも菅首相の力強い宣言”原発に依存しない社会を!”
今年は大震災で以前にもましてこの感を強くしていたので
この言葉は一筋の光明を見る思いであった。
c0060919_17145277.jpg

若者たちよ!!どうかいつまでも平和を守ってください!
そして平和を願う”声無き声”に耳を傾けて!


今日は長崎の原爆の日を迎えた。
いつもと変わらぬ暑い暑い夏の日

厳かなる式典をテレビで・・・・・

あの頃のことに想いを馳せながら
女子高校生の清らかな合唱”折鶴”を聞きながら私は流れる涙、涙・・・・

ああ、今日は特別暑い広島。
長崎の空も青空が広がり暑い暑い日であろうか。

”二度と再び原爆を許すまじ~♪”
c0060919_17154084.jpg

photo by masako
[PR]
by ba-basan | 2011-08-09 15:36 | 平和

原爆の日

今年もまた原爆の日を迎えた。六十五回目である。
朝、テレビで放映される式典の前で
例年のようにじっと見つめながら八時十五分、平和の鐘を合図に
静かに黙祷を捧げる。
今年は74カ国の代表の参加で最高だという。
厳粛に式典は進み・・・・

映し出された折鶴の少女の像に涙がこぼれた。
元気になれるよう祈りをこめて毎日折り続けた少女、
明るく元気いっぱいだった少女!
c0060919_13314743.jpg


何年まえだったか、東京から呉に帰省中の親友と、久しぶりに広島で
再会し、平和公園へお参りしたいという彼女と公園を巡り・・・碑に手を合わす。

ふと見れば空高く折り鶴を掲げた少女の像・・・側には各地から送られた沢山の折り鶴が見える
この健気に生き抜いた少女は今でも多くの人々の心の中に生きているのではないか!
戦争反対!そして命の大切さ!平和の有難さ!
我々は少女に多くのことを教わった。

お昼前、買い物にと外に出れば辺りはいつもと変わらず
青空が広がり夏雲が浮かぶ。静かなる昼下がり・・・・

ああ、これが平和なんだ!いつまでも平和をと祈らずにはいられない。
広島は今日、祈りの日である。
[PR]
by ba-basan | 2010-08-06 15:27 | 平和

原爆の日

今日、64回目の原爆の日を迎えた。
ここ、広島では朝から式典が行われ、あの8時15分には
黙祷を捧げる。
今日一日は祈りの日である。

あれから広島の地を後にした被爆者もあり
今だ多くを語らぬ人々に思いを寄せて・・・・・

末長い平和でありますようにと祈りつつ・・・
c0060919_14351033.jpg



  ”♪さるすべりの赤い花が咲いたよ~広島の、広島のは~な~♪・・・”
  これは広島の原爆の日にちなんだ歌の一節であるが少年たちの
  澄んだ歌声が思い出される。

ああ、今年もまた、さるすべりの赤い花が咲いている。
[PR]
by ba-basan | 2009-08-06 15:34 | 平和