「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ひとりごと( 30 )

小さき、小さな・・春♪

昨日、今日と春とは思えぬ厳しい寒さに
またまた震え上がり、外出は控える。

午後は時折ちらついていた粉雪も止んで
大きな雲間に見える青空に安堵する。

c0060919_1791540.jpg

出窓にはシクラメンの花の蕾も昨日よりふくらんできた。

c0060919_1791648.jpg

台所のテーブルに小さいビンを並べ青ネギ、
ローリエ、ローズマリーなどなど
並べ、楽しんでいる。

日当たりの悪い台所にありながら、それでも日々生長続ける
植物の逞しさ!

朝、カーテンを引いて一番にシクラメンを眺める喜び!

台所に入れば先ずは小さなキッチンガーデン♪
食事の支度の折、根っこのついた野菜のは根っこだけ切って・・・
瓶へ・・・
まさに水耕栽培でもある。

植物の生命力にはただ驚かされるばかりだ。
[PR]
by ba-basan | 2014-03-07 15:54 | ひとりごと

サマータイム

このところ、テレビや新聞などなど
節電を呼びかける報道がますます盛んになった。

何年か前もサマータイム賛否両論が言われたが立ち消えとなった。
c0060919_14563253.jpg

震災後の今は節電は切実なものとなり、
その中の一つにサマータイムが挙げられ、すでに実行に入った所もあると聞く。

戦後の昭和二十年代、まだ、このババが十代のカワユカッタ頃にサマータイムを
経験した。

突然に今日から”九時に寝なさい”と言われても(本当は八時なのに・・)
呉市の夏の外はまだ薄明るい。しかも暑い最中だ。クーラーなんぞなく、うちわでパタパタ!
元気で遊びたい年頃のこの私。

よくしたもので映画館はナイトサービスで半額となり、スワ!とばかりそちらへ・・・
あの時観た映画は洋画が主で名画ばかりだった。しかも半額で・・・

このときのサマータイムはうろ覚えだがたしか三、四年で終わったと思う。

もとの時間に戻った時の嬉しさ!忘れられない。

考えてみれば、縦に長いわが国は北と南で時差がある。
この広島と東京で、日の入り,日の出が一時間の差だ。
京都と広島で三十分という。ここ広島では
野球のナイター開始は真夏で三十分遅れがある。
(六時では西陽が眩しすぎるから。)
c0060919_1457225.jpg
ここで提言・・・こんな訳で全国一律のサマータイムは無理?
どうしても実施するならば、その土地に合ったものを・・・・
フトこんなことを考えたばぁばであります。
毎日が日曜日の私にはあまり関係ないかも・・・・・
[PR]
by ba-basan | 2011-06-19 15:14 | ひとりごと

移り行く季節に・・・・・

4月29日(木曜日)は祝日で3人揃って農園に・・・
いつもながら車窓から眺める風景は、日ごとに変化している。

快晴の日は格別の美しい景色だ。
c0060919_15484233.jpg


流れる川に沿って車を走らせ周囲の山々に思いをめぐらせば・・・・・

濃い緑の山は、戦後、競って植えられた杉、ヒノキなどの人工林、
浅緑の山はヒノキなど伐採した後植林せず雑木となったらしい。

この二色の緑の山がまるでパッチワークのように見える。

山も川もそして人家も時代の流れとともに変り行くのか・・・・と、
感慨を新たにしているうちに到着。

小さい町ながら大正、昭和中ごろまで大賑わいだったと聞いているが最近とみに
寂れてしまった。   ああ、
人影も殆どなく静寂そのもの・・・
c0060919_15495653.jpg


さて、農園ではラッパ水仙の後に白い水仙が今や盛りをむかえた。

家のミニ梅林の小梅が雪で折れた枝に小さな実を沢山つけた。(なんで、よりによって折れた枝に?)
去年は3個ぐらいはじめて出来たとよろこんでいたが・・・
今年は小梅の梅漬けが出来そうでウレシイ!
c0060919_15513472.jpg


梅の木の傍のキッチンガーデンに買ってきたレタスの苗を3本ばかり追加した。
去年はリーフレタスandサニーレタスを種から沢山収穫したが今年は種まきを忘れてしまった。
よって今回は自家用にしょう。(こんなことではプロには程遠いですワ)
c0060919_15532046.jpg

[PR]
by ba-basan | 2010-05-01 15:42 | ひとりごと

この広い空の下・・・

芸北からわが農園へ帰り着き
美しき晩秋の余韻が覚めやらぬ翌日も
朝から青空が澄み渡る。
c0060919_17382894.jpg

気に掛かっていたサツマイモの験し堀りを午前中に済ませる。

他所さんは、もう、芋ほりを済ませたところが多いらしいが、
我が家は、植えるのが、かなり遅かったようだ。
c0060919_17385330.jpg

芋の蔓が枯れてヨレヨレになった箇所の、ぐるりを
シャベルで掘りあげる。(これはババは無理)
思いのほか、大きいのが、ゴロゴロ出現、”キャ~あった!”
本日の芋堀りはこれにて・・・・終わり続きは後日、ということにして

手を休めて見上げる空はあくまでも青く・・・果てしなく・・・

去年のこの頃出て行った愛猫プリンを思い出す。
プリンは大人になって巣立って行ったのだワ。家出じゃない!

”この広い空のどこかで”・・・・若き日に観たこの題名の映画が
ふとよぎる。(庶民の日常生活を綴ったほのぼのとした映画)

プリンもきっとこの広い空の下で幸せにしているであろう
どうか、そうでありますように・・・・

午後はまたもや秋を訪ねて筒賀の大銀杏を観にGo!
c0060919_17392954.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-11-15 17:29 | ひとりごと

サマータイムの思い出

暦の上では、早や立秋とか・・・
ただ今、広島市の家にいるのだが
連日の暑さは真夏の猛暑である。

クーラーを止めたら突然33度に急上昇、ああ・
c0060919_1535747.jpg


昔の夏も暑かったけどこれほどではなかったな~
クーラーなんぞなかったけど、打ち水に扇風機でも
暑さは凌げた。

そうそう、戦後”サマータイム”が実施され何年か経験したのだが・・・
c0060919_21434645.jpg

これは、時計を一時間早めて生活することで
なんとあわただしい日々だった。

先ず朝の起床は6時とすれば(ほんとうは未だ5時なのにブツブツ)
夜就寝は10時とすれば(本当は未だ9時でこの暑さの中、
寝るどころじゃないブツブツ)

一事が万事この調子で就寝時間が一番困る。

こんな時映画のナイトサービスがあり名画の1本が安く見られ
われ等十代の中学、高校生たちはこぞって映画館に押しかけた。
”トスカ”望郷”天井桟敷の人々"などなど、この頃観たと思う。

秋になってサマータイムから解放された時の喜びは
今でも、忘れない。
これは私の住む広島県が南に位置し日の出、日の入りが遅いからか・・・

住む場所に依って感想が異なるかも知れないが。
[PR]
by ba-basan | 2008-08-10 15:43 | ひとりごと

遠路遥々、ようこそ!

四月下旬のゴールデンウイーク直前、
大阪から義姉が一人で、この田舎の我が家に・・・

広島駅で出迎えた私、いつもならハーイと手を上げて
すぐに再会となるはずだが・・・・
今回は見違えてしまった。

なんといっても八十半ばの一人旅、
杖を頼りのよろよろした姿にびっくりしてしまった。
まあ、いつも元気で若々しい義姉上よ!
c0060919_21461878.jpg

「これが見納めかと思いながら景色をみていたのよ」
開口一番、このセリフとは・・・・

でもでも嬉しいことに生まれ育った故郷での数日間に
我が家に見える多くのお客様との出会いと交流。それから
旧知の家を訪問、そして自然とのふれあい、などなど・・・

心配したけど大阪に帰る頃には元気一杯で足取りも軽く
以前よりずっと若返り美しくなって・・・

「有難う、いつも、美味しいものを頂いて元気がでたわ!又来ますね」
嬉しい義姉の言葉に、またの再会を約束する。

”義姉上様、お元気になられたのは、
この故郷の五月の緑の風と、この大地が育んだ自然の恵み
ワラビやタケノコなど山菜のお陰です。
そして、わざわざお出でくださった人々の温かさです。”
c0060919_2291263.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-05-07 17:40 | ひとりごと

花の駅・・・・今

三月二十四日、
前日の雨が上がり、急いで農園に行く。

”一雨ごとに春めいて・・・”の通り野も山も
そして畑も段々と活気ずいてきた。

特に畑の草の勢いは目を見張るほどで
取れども取れども、。きりがない。
今の時期は虫がいないのでそれが、
まあ、せめてもの救いである。

一応用事を済ませて帰りは車で久し振りに
あの懐かしき”花の駅”安野に寄って見る。


可部線が健在なりし頃、この季節はもっとも賑わい
車両は人、人でいっぱいだった。

車窓から眺めるレンギョウ、梅、桃、桜の花の競演は
人々の歓声で割れんばかりだった。
年に依り順番に咲くときと一斉に満開を迎える時もあった。
c0060919_21201286.jpg

黄昏時のこの日は未だ咲き始めのようだ。
我々以外だれもいない静かな、静かな無人駅は
ふと、あの頃を錯覚しそうになる。
c0060919_21204278.jpg

駅は清掃され汽車がいつでも走れそうに見える。

安野の皆さんのお陰で、あの可部線のありし日の
光景を蘇らせてもらうことができた。
そしていつの世にもこの美しい花の駅と可部線のことを
語り継いで欲しいと思う。
c0060919_2121448.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-03-25 17:54 | ひとりごと

日曜日は田舎で・・・・・

一月十四日は成人の日
巷ではこの日を入れて三連休と聞いているが・・・・

この私は”毎日が日曜日”の身分になって
”きゃ~連休、嬉しい!”ということもなく
”ホント、まあ好い時代になったものよ”と
心の中でつぶやくのであります。(ちょっとひがみっぽい?)

注  あの頃の男性は働き蜂で女性の大半は家の中で家事、育児に
       髪振り乱して大忙しの日々でした。
       年にたまにある連休は家族で遊園地、小旅行で満足していました。
       私も専業主婦としてガンバッテいました。
さて昨日の日曜日は田舎に帰る。
道中田圃で笹をかついだり、運んだり
している人々を見かけたが・・はて?
c0060919_17201978.jpg

そういえば”とんど祭り”の準備のようだ。

昔から伝わる行事で、私が子どものころ
疎開先の田舎でも村中総出で盛大に執り行われた。
勿論、我々も張り切って参加。
お餅を竹ざおの先に付けて、
お正月のお飾りや書初めなどなど。

大人が準備した小山のように積み上げた竹が
燃え上がり、しめ縄や書初めは
それぞれの手によって火中へ・・・

懐かしいあの日の様子が思い出され
いつの間にか、田舎の我が家に・・・・

畑の雪は消えて陽ざしの中でまだ休眠状態だ。
c0060919_17181794.jpg

庭の椿や裏の小梅にはいつの間にか小さな蕾が
しっかり着いている。
これから春まで厳しい寒さをじっと耐えて
やがて巡り来る春には嬉しい花の頼りを聞かせてほしい。
[PR]
by ba-basan | 2008-01-14 15:27 | ひとりごと

雨の日は・・・

昨日は一日中雨が降り
今日、ようやく上がった模様だが・・・

こんな日は家で過ごすことにする。
先ずはパソコンで・・・
c0060919_1720339.jpg

この私、最近耳の調子がよくないようだ。
子どものころから耳はよく患っていたが
まあ、年のせいが大いにある。

一番困るのが電話。
c0060919_17295842.jpg
電話の子機も私もかなりガタがきていて
「モシモシあの~」「はあ~どちらさま??」まあこんな調子じゃどちらもエネルギーを要する。

その点、メールは楽だ。
聞き違えはないしいつでもパソコン開けて何度でも読める。
夜忘れていた品を注文。または券の予約など等。

横着できるのも利点?

ただし残念ながら同世代の友はパソコンにノータッチだ。

理由は”機械に弱いから””理科系じゃあないから”
何もパソコンを組み立てよ!と云っているのではないのに・・・

ああ、こんな私でさえできるのにブツブツ。
パソコンは雨の日の友?
[PR]
by ba-basan | 2008-01-12 17:20 | ひとりごと

ようやく秋が・・・・・ (10月9日)

昨日、広島では気温が30度とテレビで
伝えていた通り、朝から大層蒸し暑く
こりゃ~かなわんと、家で過ごす。
c0060919_1684192.jpg

明日は農園で・・・・と思っていたが、
用事ができて、その上今にも降り出しそうな
空模様、きゅうきょ農園行きは取りやめる。


まあ、もう少し休めと言うことだろうとばかり
本日はゆっくり休息日とする。

パソコンで先ずは、気になる畑の変化や発育状況を
写真で見比べながら、フムフムそろそろ間引きか・・
はたまた肥料やりか、など等・・・
c0060919_1552358.jpg
ワタクシ意外と勉強熱心なのね、と
自分を褒めながらこれからの農園に
思いを馳せる。

c0060919_1615785.jpg

[PR]
by ba-basan | 2007-10-09 15:41 | ひとりごと