<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こうして農園は始まった。(2)2002年春 チューリップの巻

「日当たりがよく、水が豊富なよい環境なので、おいしいお米と野菜が沢山とれるわね。」
という友の言葉に励まされ、いざ!農作業開始だ。

こども時代に一年間田舎に疎開していた頃の経験を思い起こし、
自信満々であった。

初夏の麦刈り、田植え、やさい、芋堀り、麦踏みなどなど・・・
おおいに張り切って早速種まき。
花、野菜の苗の植えつけにがんばる。

と、まあ、ここまではよかったが現実は厳しかった。
スイカがボールぐらいに育って喜んでいたら長雨で腐ってしまったり、
ほかの野菜から花までも同じく枯れてガックリ。
畑が田んぼになった。ああ、元は田んぼだったんだー

そうだった。まず土作りから、水はけなどなど・・・
日夜勉学に励みホント聞くも涙、語るも涙
まではいかないけれど自分で言うのもナンですが、
努力の甲斐あってこの二年で
美味しいお米や野菜が収穫できるようになった。

しかし、初めての年(2002年)でもチューリップは大成功!
特に二百本ほどのチューリップの目にも鮮やかな美しさは
まさに桃源郷に居る心地さえした。

ミニミニハウステンボスの誕生!

去年の晩秋、またチューリップを植えようと思ったけど、
置いたはずの球根がない!!
(きっと台風に吹き飛ばされたのだ)と、ここは台風のせいにして断念。

今年は、六歳の孫が植えた十本ばかりのチューリップが
春には咲くはずである。

その日のことを楽しみ待つ、ばあばである。

                             2002年4月撮影
c0060919_17573270.jpg

[PR]
by ba-basan | 2005-02-28 17:55 | こうして農園は始まった

きょうは、ネコの日

初めて知ったのだが、今日2月22日は”猫の日”だそうな。
そこで今回は、ここに登場している猫との出会い話でも・・・。

我が家に一年前の暑い日の昼下がり、何処からか猫が現れた。
どうしても帰ろうとせず付きまとうのだ。
よく見ると薄汚れて痩せこけたおばあさん猫のようだ。
ばあばはつい身につまされて「おお、かわいそうに!」と、家に入れる。

それからはお決まりのコースで、我が家の一員となる。
「押しかけ女房」ならぬ「押しかけ猫」という訳。

後で聞けば、飼い主のおばあさんが転居されて、置いていかれたとか。
そのおばあさんの躾のせいか、行儀がよく手もかからない。
我が家との相性がよかったのか、
はたまた餌がよかったのかすっかり馴染んでいる。

今では丸々太り(太りすぎ?)
人はだれもが「綺麗な雄猫で、まだこどもですね。」・・・???
そう、以前とは見違えるほどの立派な猫です。

まるで猫の貴公子、プリンス。
名づけてプリンスからプリンになりました。ハイ

ばあばは熱いご飯にかつをぶしの”ねこまんま”が好物でプリンは
ドライフードと猫用魚缶詰に目がない。  どうなっているの!
c0060919_2015264.jpg

[PR]
by ba-basan | 2005-02-22 15:44 | ネコ

懐かしき可部線

雪が舞う。

あの頃はよかった・・・とはあまり言いたくはないが、でもこれは別。
先日の大雪では、二日間高速道路は閉鎖となり、バスは運休。
地元の高校は臨時休校。
わが農園あたりは陸の孤島と化した。

可部線が走っていた頃には、思いもしなかった事なのだ。
雪の日は、広島から三段峡へと走り行く汽車の暖かい座席にのんびりと腰をおろし、
車窓から眺める雪景色は、まるで水墨画の世界をみるような感動を覚えたものだ。

四季折々の車窓から眺める美しい景色よ!
二年前まで至福の時を与えてくれた可部線は
あれは夢だったのか!?・・・・・・
そしてあの”美しき日々”よ!(はて、どこかで聞いたような、そう、
ドラマの題名でした。)

どうか夢よもう一度!!

忘れないでほしい。
可部線が多くの旅人や地域の人々に幸せと喜びとを
与えてくれた日のことを!!

春雪を見上げながら・・・・ひとり想う。

                            
c0060919_15543586.jpg
2005年2月4日撮影 
c0060919_1552667.jpg

[PR]
by ba-basan | 2005-02-21 15:45 | ひとりごと

こうして農園ははじまった。(1)

 あれは三年まえ~ ♪  十一年ぶりに我が家の田んぼが戻った。

やれ減反政策だ、高齢化だ、過疎だ、時の流れはすっかり様変わり。

さて、いかにせん。親子して思案の末、

「これからは癒しの時代、大地で大いに自然と親しみ

心癒され元気になろう」ばあばも即賛成。

思慮深くないところが長所でもあり短所でもある。

春浅き時からやがて初夏と移り、わが農園は草ぼうぼうとなる。

電話で友人に「農園より牛を放って牧場に・・・」

翌日、友人夫妻と従妹さんが草刈機を車に乗せて来てくれる。

草刈機はものすごいうなりをあげて、一日後にはきれいな農園と相成った。

おお、持つべきものは友なり!!

かくしてわが農園の幕は切って落とされた・・・・と言う次第。(つづく)


http://alte.mond.jp/kakedoi
アルテ・モンド・ファーム加計土居農園
                            2004年12月24日撮影
c0060919_2055220.jpg

[PR]
by ba-basan | 2005-02-19 20:23 | こうして農園は始まった