「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

山鳩

c0060919_14495461.jpg
大豆を蒔いた後に今度こそ
カラスに食べられぬように
ネットを張っておいたら

翌日カラスならぬ鳩がネットに
ひっかかって、もがいている。

心優しい我々は急いでネットを切って
助けてやるのだが、飛ぶことすら出来ず
天敵(ネコ、犬、蛇、アナグマ、などなど)から
守る為、ラティスの上に止まらせる。

一時間くらいは、じっとうずくまり
その後、じっと立ったまま一時間、
それから、ようやく傍に置いた大豆をついばみ

コトコト三歩ぐらい横歩き
それから後ろ向き、今度は往ったり来たり
ああ、元気になったわ~
c0060919_14531271.jpg


農作業を終えて、ふと見上げれば
アレ、いないではないか!

いつのまにか元気を取り戻した山鳩は
きっと空を舞って山へ帰ったに違いない。

慌てず騒がず、じっと耐え、自然の治癒力で
飛び立っていった山鳩に教えられたこの日。

おかげで作業がはかどらなかったけど
何故か爽やかなこの気持ち。

”鳩の恩返し”をチョッピリ期待する私であります。
[PR]
by ba-basan | 2006-07-23 14:34 | 自然

田車

いつものように田圃の様子を見ていたら
どうも生長がおもわしくないようだ。

またもや草が生えてきて
稲の生長を妨げているに違いない。

ここでまた田車の登場。
c0060919_23183769.jpg

その昔、田の草取りは全て人手に頼り
この草取りは長時間、腰をかがめての
何よりもつらい仕事であったと聞く。

田車の出現でどれほどの人が
助けられたか・・・

でも、この田車押しは、傍から見れば
”おお~!これぞ日本の、のどかな田園風景!!”

見るのと押すのでは大違いのようで
やはり相当きつい作業といえる。

近頃はめったに、お目にかからぬ田車押しは
時代遅れだろうか?
[PR]
by ba-basan | 2006-07-17 14:40 | 農業

あ~忙しい

昨日のことである。

このところ梅雨らしく降ったり止んだりで
思うように農作業がはかどらず
明日は台風も来るかもしれず・・・
c0060919_2356417.jpg


今日こそは降らぬうちにと
ジャガイモ堀りの続き、
それから、みんなで大豆を蒔いていく。

カラスよけにネットを張り
その後は追加の地這いキュウリ、
ミニトマト、ピーマンの苗の植え付け。

そうそう、”すいも”(ずいきのような・・)の
株分け。

次から次へと果てしなく作業はあるけれど
今日はこれまでと、少しばかり余力を残して
黄昏時、畑をあとにする。
c0060919_23562557.jpg


この忙しさ!私は今、人生の真昼間を
生きているかもしれない。
c0060919_23563871.jpg

[PR]
by ba-basan | 2006-07-11 15:27

カラス

先週、蒔いた大豆がそろそろ芽を出す頃と
畑を見ればナント全く影も形もない。

残念ながらカラスが食べた形跡が・・・

最初に蒔いた時は警戒していたのに
今回はすっかり油断していた。

”権兵衛がサ、種まきゃカラスがほじる~♪”
ノンキに歌を歌っている場合じゃない!
げに、その通りになってしまったが・・・

元来、枝豆は秋が旬であったのが、
ビールに合わせて段々早くなり
今や、夏が旬のようになったそうだ。

我が家は日本古来の伝統を守り
七月に大豆を蒔いて秋のお月見頃に
食べることにしょう。


と、まあカラスにとられたので開き直りの
苦しい言い訳となりました。
[PR]
by ba-basan | 2006-07-01 15:10