<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

只今休憩中・・・

だいぶ前に、何かで読んだのであるが
かの有名な夏目漱石が
田圃を見ながら「ほう!あれが米になるのでしょうか?」
と、まあ、ざっとこんな風に訊ねられたそうだ。
たぶん稲穂だったと思われる・・・

”まあ!あの文豪の漱石先生が・・・”
その時の私はびっくりしていた。

でも今になって思うに都会生まれで都会育ちの
先生ならば何も不思議ではない。
しかも早苗から稲までは五ヶ月ぐらいの期間なのだ。
c0060919_21114598.jpg


現代のようにテレビのチャンネルのどこかで
毎日のように田舎の田園風景が映し出され
街からは新幹線や車で田舎にはわけなし行ける。

これからは、もう一歩進んで実際に手にとって
体験してほしい。

私も農業する前は田圃も畑も一つの風景として
遠くから眺めていた。

緑の早苗から穂が出て白い花が咲いたのも
農業のおかげで初めて知った。
この年になっても未知なるものの多いことよ。
まだまだ勉強せねばと・・・
c0060919_22182392.jpg


目下こちらに戻り休憩中の身なので
のん気に思いつくままを一筆といったところ。

さて来週からは、またまた忙しくなりそうである。
[PR]
by ba-basan | 2006-09-30 14:22 | 楽しい農園ライフ

ようやく秋らしく・・・・

台風の後から今日迄、全く雨が降らず、
折角蒔いたミニ人参、ビーツの種は
いくら待っても発芽せず・・・
畑の土は益々固くなるばかりだ。

ニンニクは芽がぐんぐん伸びはじめ
お待ちかねの秋じゃが(でじま)も
硬い土から、あちこちと芽が出てきた。
c0060919_219284.jpg


水菜、青梗菜も間引きと植え付けにはいり
大根の間引きのあとは急に生長している。

夏野菜は、ほぼ終わり
今からの楽しみは枝豆、芋掘り・・・
だが芋は不安のほうが大きい。
c0060919_21484495.jpg


なんといっても最大の楽しみは
稲の収穫である。
この黄金色に輝く稲穂の波を見渡す時こそ
何にも代えられぬ喜びの時なのだ。
c0060919_2151373.jpg

そして、やがて秋本番!
どうか穏やかなる天候でありますように・・・
[PR]
by ba-basan | 2006-09-28 14:45 | 楽しい農園ライフ

台風通過後・・・

このたびの台風被害の方々に
心よりお見舞い申し上げます。

当地を台風通過後、一日おいて
c0060919_2041894.jpg農園に戻る。
懸念していた通り道路は途中から
通行止めである。

行き交う人々や車の雰囲気が
重苦しい。

近くの道路は寸断されている様子だ。
我々はやむなく高速道路を突っ走る。

無事農園に到着すると
c0060919_2075376.jpg急いで田圃へ・・・台風前とは
殆ど変わりないようだ。
(だがしかし、ミニトマトの雨よけテントは
無残な姿に・・・)

大豆もさほど変化は見えず・・・
今年の大豆と稲は珍しく良好な出来と
喜んでいた矢先の台風上陸であった。

まるで何事もなかったような
爽やかな秋晴れの下、
被災なさった方々の事を思へば
心が痛むばかりである。

c0060919_2054262.jpg
ノッポのコスモスが倒れたまま
色鮮やかに咲いている。
[PR]
by ba-basan | 2006-09-22 14:43

一夜明けて・・・

c0060919_1937313.jpg
大型台風が九州、山口を通って
夜には広島に来るということで
急いで農園と家の周辺の飛びそうなものを
片付ける。
あれほど雑然としていた家の周りが
ずいぶんすっきりして見える。
(いつも、こうならよいが・・・)

c0060919_19374626.jpg

二年前の台風では、ハウスは破れ
色付きはじめた稲の田圃に
近くの小屋が空中分解して飛び込んでいた。
大豆もなぎ倒されて大半は折れてしまった。

c0060919_1938370.jpg

この経験を教訓として先ずは
ハウスのビニールを二人懸かりで剥いで置く。
時折物凄い突風に枝豆が大きく揺れている。
稲は未だ緑色であるが稲穂は良く実り
風の吹くたびに寄せては返す大波のようだ。

c0060919_19383840.jpg

大豆も稲も仕方ない。カメラに撮っておこう。

日の暮れぬうちにと広島市へ車をはしらせ
崖から流れる水しぶきを上げて行き着く先は
通行止め。
高速道路に変更しながら広島市の家に到着。
ヤレヤレ。

夕方、流れるような雲の間から
青空と遠くに見える薄い茜色の空の美しさ!

昨日の、あの騒ぎは何だったのだろうか・・・・
[PR]
by ba-basan | 2006-09-18 18:30 | 自然

ハーブガーデンにて

このところ種蒔きをはじめ
気ぜわしい明け暮れに
いつの間にか、ハーブガーデンが
ジャングルと化していた。ああ~
c0060919_1521121.jpg

慌てて鎌で草刈を始めたが、
雑草とハーブの区別が困難なものもあり・・
でも考えてみるとハーブも草の
一種に違いない。c0060919_1528023.jpg

雑草と呼ばれるものの中に
可憐な美しい花が咲いて
刈るに忍びない思いがして
そのままにしておくこともある。

ハーブは香草ともいう。
わが町の地区に地名を”香草”と呼ぶ所がある。
汽車の窓から駅名を見て
(まあ、なんてきれいな名前だろう)
昔はお茶の産地だったのが由来とか・・・
(余談であるが、残念ながら
今は廃線となって駅もない。)c0060919_15264788.jpg

傍目には”無心に草を刈るの図”に見えそうだが
実はこんな風だから相変わらず
はかどらないということだ。
[PR]
by ba-basan | 2006-09-18 14:59 | ハーブ

目下、勉強中

この間、暑い最中、ようやくサツマイモの
蔓返しを終えてホッとしていたら
何かの本に、”最近は、蔓返しは
しなくてよい”と書いてあった。

”そ、そんなのないよっ!今頃そんな!”

農業をはじめた時教わったことだし
何冊読んでも”蔓返し”の必要性が
説いてあったはずだが・・・・
c0060919_1611918.jpg


そう云えば”ミニトマトの芽かき”をするように・・・
いや、芽かきをしたら成長が止まるとか・・・

”あ~せい””するな”ブツブツ・・・
そう、まだまだある。

百人百姓が居れば百とうりのやり方があると
読んだことがあるが全くその通りだと
今頃納得する。

ならば、これからは自分なりに勉強するしかなさそうだ。
我が農園に合ったやりかたをせねば・・・

季候も土地も異なる畑で
皆同じやり方では無理かも知れぬ。
と、これが私流の結論デス。
[PR]
by ba-basan | 2006-09-13 16:06 | 楽しい農園ライフ

虫すだく

日中の猛暑に、毎日へとへとであるが
突然、昨夜から急に賑やかな
虫の声が聞こえ始めた。

そういえば夕方から
気温が下がり、農園に立てば
一陣の風に、ほっとする。

ああ、もう秋!いや、やっと秋!

九月は種蒔き、そして苗の植え付け
葉ものの間引きと忙しい。

野菜の品不足を補うべく昨日は
裏の斜面を開墾した。
c0060919_2053162.jpg

人手不足なので、小型耕運機が
大活躍の場となった。

さて、”秋じゃが”か”ビーツ”、それとも・・・・
何を植えるか迷うところであるが、願わくば
イノシシや狸や猿に荒らされませんことを!
[PR]
by ba-basan | 2006-09-04 15:53 | 楽しい農園ライフ