「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

農園の秋

今年は紅葉が見られぬとガッカリしていたが
今頃になって周囲の山が紅葉して
あ~秋深し・・・の感あり。

やっぱり日本の秋はこうでなくっちゃ~。
燃えるが如き紅は、漆の木かはぜの木?
目にも鮮やかな黄色は公孫樹?

わが農園にあるブルーベリーは
今は葉が紅く染まり美しい。
夏から秋にかけてまだ小さい木であるが
甘くて美味しい実を付けた。
c0060919_2115727.jpg


今、我々はやがて巡り来る春の為に
秋の農作業に精を出す。

玉葱の苗は殆ど植え終わった。
c0060919_21215100.jpg
大豆はそろそろ収穫、それから干し終えたら
手作業で脱穀をせねば・・・

そう、友から貰った水仙の球根は植えたし
これからチューリップも植えたいし・・・

果てしなく続く農作業は忙しいけれど
夢も膨らむ楽しい仕事と思いたい。
[PR]
by ba-basan | 2006-11-22 17:41 | 楽しい農園ライフ

芋掘り

この秋は忙しさに追われ
つい、収穫の記録を忘れていた。
来年の参考までに、思いつくまま記しておこう。

十一月六日、秋晴れに恵まれ芋掘り開始!
先月中旬に掘ったところ少々時期が早かったようで
一寸小さめのが多かった。
c0060919_13494840.jpg

今回は孫の為に少しばかり確保していた場所である。
”べにあずま”と”金時”の二種類だが
どちらも紅い色で区別がつかないが
細長い芋と丸っこいのと、大きく肥ってゴロゴロでてきて
孫は大喜び・・・皆も、芋が出るたびに大歓声。


アー、待ったかいがあったワ。
昨年は”つるぼけ”とやらで蔓ばかり茂って
かんじんの芋は甘いが小さかった。

今回は長く日照りが続き、連日汗ばむ陽気であった。
サツマイモにとってこの天候が幸いしたようだ。

百姓は毎回一年生と聞くが、全くその通り
短い経験であるが同じように出来た験しがない。

毎回新しい体験!
これこそ農業の醍醐味と思うが・・・・
とはいっても失敗したらがっかりして落ち込む私(笑)
[PR]
by ba-basan | 2006-11-16 15:21 | 収穫

ヘチマ、その後・・・

真夏の暑い間グングン生長したヘチマも
秋には何本もぶら下がり、やがて
早いものは茶色になり、
緑色した大きいのや小さいのと様々である。

木陰を作るグリーンカーテンには
ほど遠かったけれど
充分、目を楽しませてくれた。

先日、全部収穫してタワシを作ることにした。

先ずその前に茶色になって硬く大きくなった実は
採種用とする。
ヘチマの切り口からカラカラと音をたてて
黒い種が転がり落ちる。

それから緑色のヘチマはタワシにする。
c0060919_18121987.jpg

戸外に置いたハッポウスチロールの空き箱に
水を張って数本のヘチマを水に浸す。
浮かないように重石を載せる。

長いもので七十センチはありそうだが
小さいものは半分ぐらいだろうか・・・

十日ほど時折水を変えながら
ヘチマの表面が腐って繊維が現れるのを待つ。

まだヘチマの生長中に蔓から採ったヘチマ水は
某雑誌を参考に消毒用エタノール、グリセリン、
ホウ酸などと調合して作ってみた。
今では化粧水とし我が家では大変重宝している。
[PR]
by ba-basan | 2006-11-11 18:07 | 収穫

今、裏の丘の畑では・・・・

このところ何かと、事、多くして
気がつけば今まさに紅葉の季節である。

例年ならば青空に映える山の木々は
燃えるが如き紅葉シーズンの頃である。

ところが今年は、この一ヶ月は春を思わせる
暖かな陽気であった。
ほとんど雨らしい雨は降らず、たまにお湿り程度。

山の木々は漸く色付いたぐらいで期待はずれ・・・
c0060919_1015937.jpg

だがしかし・・・この天候のせいか裏の小高い畑は
野菜の生長が著しく毎日ドンドン大きく育っている。
c0060919_9594421.jpg

水菜、大根、チンゲンサイ、春菊が
益々、緑濃く柔らかく今が旬真っ盛りである。
c0060919_100476.jpg

懸念していたイノシシ、熊の被害もなく先ずはホッ!
でもでも収穫、その上この暖かさのおかげで
草取りに追われる日々でもある。
[PR]
by ba-basan | 2006-11-10 20:53 | 楽しい農園ライフ