「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年末の一日

十二月二十七日、そう昨日は
予報通り朝から快晴。
c0060919_1691187.jpg

前日は夜から厳しい冷え込みで
暫く寝つけぬほどだったが・・・


午前中は農園で久し振りの農作業
と、いっても荒れた畑の片付けやあれこれ・・・
こんな、日和は広々した畑に立つと
気持ちがよろしいワ
c0060919_1611504.jpg


突然、目の前を猫が走って逃げていく姿が、
ああ、もしかしてプリン?
すわ、、、あわてて追いかけるワタシ
ゴツン、急いでいたので思わず柵にぶつかって
まあ、たいして痛くはなかったが

”ババも歩けば柵にあたる”か。
c0060919_16141430.jpg

”プリン~プリン!”
呼べど叫べど知らん顔して逃げてゆく。
まあ、その筈、よく見れば”猫違い”だった。
ガッカリ   ションボリ

こんな調子で仕事は、はかどらず
畑の中を、やたら走ったり右往左往。

久し振りによい運動になりましたデス。
[PR]
by ba-basan | 2007-12-28 15:06

今、こちらで・・・想うこと・・・・

そう、先日のこと
田舎にいる息子からの電話で
”今、庭に狸が来たよ・・・”

天気が好く割りに暖かだ。
こちらで少しばかり暇ができたし
すぐにでも田舎に帰りたいのだが

まてよ!今は車が無いし(あってもワタシャ
運転ができない)
ああ~可部線さえあればな~

冬の可部線は特に好きだった。
雪の日の車窓から眺める雪景色の
美しさは忘れられない。

温暖化現象を憂うならば、そして
ガソリンの値上げ・・・・等など

今こそ可部線が必要だったのに・・・(ブツブツ・・・)
c0060919_22181514.jpg



田舎の過疎化は著しく、翻って
こちらの我が家の地区では
高層マンション、大型店が増えつつあり

まあ、極端ですねえ
ゆえに、こちらの小さな我が家のお花は
可愛い鉢植え。
c0060919_22201745.jpg”ミリオンスター”☆のような可愛い花だそうです。
[PR]
by ba-basan | 2007-12-22 22:18

冬枯れの中で・・・

慌しい日々を過ごしている内に
師走も半ば、いよいよ冬の到来である。
c0060919_16485114.jpg

今や杉、ヒノキ、松などを除いて
野や山々の木々は
枯葉色に染まっている。

去年の、この時期は
畑仕事より大豆の脱穀、しかも手作業で・・・・・。
それから漬物を漬けたりと寒さの中、
大忙しの日々だった。

今年の我が家は野菜の生長が遅く
大根は細い上に数も少ない。
昨年より一週間、種蒔きが遅れたのが原因らしい。
c0060919_1651437.jpg
春菊もやっと間引きの状態だ。
これは日照りと突然の豪雨で種が流され
あとで蒔きなおしたがああ、遅かりし・・・
青梗菜も同じく・・・・
春菊も青梗菜同様間引いたものを
空いたところに植えていく。(うまく着きますように。)

c0060919_16525626.jpg
”一週間種蒔きが遅れると一ヶ月収穫は遅れる”
全くその通りと納得。今頃になって遅い!(反省!)
なんといっても自然が相手の仕事ゆえ
成功するには経験の積み重ねしかないワ。

今日は農園から離れて三日前の農業を思い浮かべながら・・・・

”晴耕、雨パソコン”であります。
     
[PR]
by ba-basan | 2007-12-13 16:44

晴れた日に・・・・

あ~る晴れた日に~♪つい、歌が出そうな小春日和は
農業もグンとはかどりそうだ。

このところ毎日の曇り空、時折、時雨れる
程度の雨が降る。

十二月六日は本当に久し振りの朝から
紺碧の空だ。

c0060919_1635277.jpg

こんな日は先ず大豆の収穫と
天日干しをする。
例年大量の大豆の収穫とその後の
仕事でへとへとになり、今年は枝豆で済ます
予定が、少量ながら畑に残ってしまった。

二人係で葉が枯れた枝豆を引っこ抜き
束ねてハウスの鉄骨に掛けていく。
まあ少量だからすぐに終わる。
c0060919_2115652.jpg

この間植え替えた葱は、立ち上がっている。
色も良いしこれからの生長が楽しみなところ。

その後は上の畑。
六月に、つい、掘り残していたジャガイモから
芽が出て白い花が咲き、枯れてきたので
またもや芋掘りをする。
c0060919_21152733.jpg

全く期待していなかったのに、
思いのほか、大きくてきれいな芋が
出てきてビックリ。
なんの手入れも肥料やりもしなかったのに・・・・

本日は充実した一日だったと喜びたい。

これは余談であるが今年こそ枝豆を食し
ずんだ餅をつくるべ!と豪語していたが
これは残念ながら”幻のずんだ餅”に終わった。

枝豆は毎日美味しく食べましたがね。
先ずはご報告まで。


[PR]
by ba-basan | 2007-12-08 16:35 | 楽しい農園ライフ

とうとう十二月

十二月になったような気がしない
今年の気候である。

三年ぐらい前までは十一月ともなれば
冬近し・・・二十日頃に決まったように
初雪が舞い、「お~寒い」と身を縮めたものだ。
c0060919_1833422.jpg
時折、小春日和を喜び、やがて師走になれば
大雪小雪、冬将軍の到来。

これが、我が田舎の冬の姿であった。

ところが今年は猛烈な暑さの夏が長引き
雨が少なく、未だ初雪の気配すらない。

それ故に畑の作物は不作で、聞けば
果物、特にみかん農家はご苦労が多いそうだ。

不思議なことに我が家の畑の大根は小さいながら
この時期には土からニョキニョキ飛び出ている。

c0060919_1831268.jpg
ほうれん草もビーツも暑さで発芽率が悪いうえに
大きくならず、全般に不作であった。

南天は、実が赤くなっていつもの時期と、同じ成長、
畑の周囲の小菊も例年通りだ。(時に敏感なのね)
紫陽花はそのままにしていたらピンクがかり
これって紅葉?

これ等は温暖化現象なら何とかせねば・・・・
少々寒くても暑くてもやはり日本の四季を
取り戻したい。
農業して解った痛切なる願いであります。
c0060919_183678.jpg


写真は11月24日に写したものです
[PR]
by ba-basan | 2007-12-03 18:31