<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

寒い日は・・・・

昨日の午後から降り始めた雪は
夕方から益々激しくなって
一向に止みそうにない。

丁度その頃我々は広島の南区の妹の家に
来ていた。
南区でこの様子ではもっと北側の我が家は?

案の定、夜は辺り一面、雪景色である。
c0060919_16181795.jpg

今朝はさぞかし・・・・と少々期待しながら見れば・・・
外は昨夜の雪が殆ど溶けて屋根や車の上に残雪が
あるぐらいでちょっとばかり拍子抜け。

昨夜は、仕事に行く娘に”明日の朝は、きっと
道路は凍結するだろうから、転ばないように、
絶対帽子を被ること、”頭の保護の為”云々。
と、まあ、訓示をたれる。
(本当は朝言えばよいのだがワタクシ朝にメッポウ弱いので)
だが今朝の様子だったら心配無用か?

今日は雪は降らないが午後雲行きがあやしくなったので
家の中で過ごすことにする。

春に向けて野菜の計画の勉強を・・・
部屋の中は早くもマーガレットが一足早い春にいざなう。
c0060919_16194060.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-01-29 16:18

ブルーベリーが・・・・

冬休み、と言いつつも
やはり時々田舎に用事ができたり
畑の事で、相も変わらず行ったり来たりだ。

1月26日、お昼前に田舎に到着。
家の中で色々用事を済ませたら
いよいよ畑に・・
c0060919_14201523.jpg


先日、雪がだいぶ降ったらしく
屋根から落ちた新しい雪で又もや小山になっている。

裏山はすっかり雪が溶けた筈だが
遠目にもうっすらと雪が見える。

春には桜で華やいだ面影は今は無く
殺風景だがこの時期は山の手入れのチャンスでもある。

さて、裏山のブルーベリの様子は如何に?
あれまあ、去年実を付けた木が雪のせいか
c0060919_1422961.jpg
一本枝が折れかけている。

切るべきか?切らざるべきか?
又もやハムレットの心境となり
先ずは手当てを、と結わえておくことにした。

そういえば農園のラズベリーも何年か前の大雪で
根っこのところから折れてガックリきたワ
(今頃思い出すなんて・・・)
この次には何が何でもラズベリーの冬の剪定を・・・
c0060919_14274175.jpg
[PR]
by ba-basan | 2008-01-27 14:18

雪の日

先日、大阪の義姉と電話での話しの中で
「娘達が、いや孫までが、歩きなさいといつも言うのよ
しかも一万歩よ。  だから毎日万歩計つけて、歩くのよ」

去年から娘のちかくのマンションで一人暮らしを
始めた義姉は八十歳過ぎだが元気そのものだ。
c0060919_15334581.jpg


そう云えばこの私はこのところ”やれ寒いの、どうも
体調が・・・・、お天気がどうの・・・”と、外出は控えていた。

今日は広島でも朝から粉雪が舞っている。
雪が珍しいこの土地では雪はロマンチックな存在だ。
c0060919_15401515.jpg

こういう日は運動かたがた買い物にと張り切って出かける。
万歩計代わりに”心の中でいち、にい、さんしい、”
”ワン、ツー、スリー、フオー”
”ちゅう、ちゅう、たこかいな”をとなえながら・・・・・
(これは義母が時々使っていた。)

近くのスーパーの前には雪の中で
色鮮やかな花が明るい春を告げている。

児童公園は、この雪の中、
さすがにひっそりしている。

帰宅後テレビで北の方では大雪の様子を
写していた。
どうか雪の被害がありませんようにと、
祈らずにはいられない。
c0060919_15374718.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-01-24 15:33

かぼす

極寒の地のような寒さも
一夜明けた今日、
空は晴れ渡り穏やかな天気となった。

昨日は”男子ひろしま駅伝”が行われた。
雪から霙交じりの雨の中を
懸命に走る選手達に私は家のテレビの前で
身を乗り出して一生懸命の声援。

第二回目の時はテレビ観戦の途中から
バスで平和公園のゴールの所迄かけつけたっけ。
c0060919_166511.jpg


あのゴールのテープカットの感動は
今でも忘れられない。
(それにしても私は若くて元気だったワ
今じゃ、ストーブにかじりついてのテレビ観戦とは・・・とほほ、、)


残念ながら今年は広島勢は奮わなかったが
あの悪天候の中の健闘は
心から讃えたいと思う。

アラッ、本題は、”かぼす”でしたね。
最初から、つい脱線・・・こんなことしょっちゅうです。

昨年剪定してもらった”かぼす”の木に
おかげさまで大きな実が沢山成った。
一部黒くなったのもあるけれど中味はきれいで
味も変わりない。
c0060919_1685147.jpg

寒い日には”かぼす湯”として飲むと温まるし
焼き魚、特に鍋物には欠かせない。
レモン、橙、ゆず、すだち、より酸味が少なく
それ故になんにでも使える。

植木市で求めた小さな苗木が十年くらいで
よくまあ此処まで生長したとは!
今年は何を植えようか・・・梨?栗?杏?
先ずは植木市が始まってから。
[PR]
by ba-basan | 2008-01-21 15:59

今、農園では・・・

1月19日、昨日はお天気もよく農園日和なので
午前中なるべく早くと、急いで家を出る。

早めに昼食を終えてイザ!農園へ!と・・・

三人が自由に勝手に出来るのが嬉しい。

かねてより気に掛かっていた堆肥置き場は息子が・・
娘はハーブガーデンの手入れ、大半は枯れ草の片付け。
私はニンニクの肥料やりと、マルチング。
c0060919_17523698.jpg

このところ三人揃っての農作業は滅多に無いことで、どんどんはかどる。

なんと真冬というのに草だけは相変わらず元気に繁茂している
ああ、これじゃあ春が思いやられる。
ゆえに遅ればせながらニンニクに二列ばかりマルチングする。
先にしておいた所は草とり無用で成績もよろしいようでホッ。

今日20日は朝から小雨が降り、所により雪のようだ。
田舎はきっと大雪だろう。

昨日畑仕事が出来てホント良かった。
何事も出来る時にするべし!
本日、痛感した次第であります。
c0060919_17571940.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-01-20 17:41

冬来たりなば・・・・

冬来たりなば春遠からじ・・・・
今年もまたこの一節を思い浮かべながら
寒さに萎えた気持ちを
奮い立たせている。

春からは、畑や田圃を本気で
せねばと思う。
c0060919_1538147.jpg
今までは農業のことが良く解らず
チョットいい加減だったような・・・

これまでの体験から自然相手の難しさや
労力の割りにあまり報われない等など・・・
(コレ、マイナス志向)
ここで発想の転換、だからこそやり方次第で
向上するのでは・・・?

先ず、畑は輪作として今年は多くの種類を作ること。
日照り続きには、ソレに合う南国野菜。
雨が多い向きには?あの~その~今から研究。
それから、よく出来た野菜は”のぼり”を立てて直売する。
まあ、ざっとこんな計画では・・・・・

春までの仕事は、土作り。堆肥作り。寒肥やり
それから大豆の脱穀、その他モロモロ、ああ~しんど~♪

曇り空で時折小ぬか雨が降り
ガラス戸越しに庭を眺めながら過ごした昨日。
屋根から落ちた雪がまだ残っている有様で
まだ春は遠い。
[PR]
by ba-basan | 2008-01-17 15:25

家に思う・・・・

春を思わせる明るい朝は
田舎に向かって車を走らせる。

広島よりかなり気温が低い田舎は
相当冷え込んでやはりまだ真冬の寒さだ。

その昔、平安時代の書物(忘れたので、・・・)の中で
”家は夏向きを旨とすべし・・・”と、まあ、こんな風に
書いてあったと記憶している。
c0060919_1734585.jpg

田舎の我が家はまさにこれを忠実に守り
夏は家全体に風が吹き渡り天然クーラーそのものである。
強風の日は戸を開けて新聞を広げた途端、あれ~
風にあおられた新聞紙と追いかけっこだ。

たしかに高温多湿の日本の家の代表格の我が家は
夏はまことに有難い。

だがしかし・・・・冬は?
南極もかくや・・・?といいたいほどの寒さで
小型の電気または石油ストーブもあまり効き目なく
暖かい場所を求めて部屋の中を、暫くはウロウロする有様である。

結局は狭いキッチンにストーブ持ち込んで落ち着く次第。

お天気の日はやっぱり外の畑や裏山が一番暖かく居心地がよろしい。

多くの方にお出で頂きたいけれどこんな訳でもう暫くのお待ちを!

辺りの野山、畑の植物がめざめの時にはどうぞお越しを・・・・
            熱烈歓迎!!
c0060919_17374784.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-01-15 17:35

日曜日は田舎で・・・・・

一月十四日は成人の日
巷ではこの日を入れて三連休と聞いているが・・・・

この私は”毎日が日曜日”の身分になって
”きゃ~連休、嬉しい!”ということもなく
”ホント、まあ好い時代になったものよ”と
心の中でつぶやくのであります。(ちょっとひがみっぽい?)

注  あの頃の男性は働き蜂で女性の大半は家の中で家事、育児に
       髪振り乱して大忙しの日々でした。
       年にたまにある連休は家族で遊園地、小旅行で満足していました。
       私も専業主婦としてガンバッテいました。
さて昨日の日曜日は田舎に帰る。
道中田圃で笹をかついだり、運んだり
している人々を見かけたが・・はて?
c0060919_17201978.jpg

そういえば”とんど祭り”の準備のようだ。

昔から伝わる行事で、私が子どものころ
疎開先の田舎でも村中総出で盛大に執り行われた。
勿論、我々も張り切って参加。
お餅を竹ざおの先に付けて、
お正月のお飾りや書初めなどなど。

大人が準備した小山のように積み上げた竹が
燃え上がり、しめ縄や書初めは
それぞれの手によって火中へ・・・

懐かしいあの日の様子が思い出され
いつの間にか、田舎の我が家に・・・・

畑の雪は消えて陽ざしの中でまだ休眠状態だ。
c0060919_17181794.jpg

庭の椿や裏の小梅にはいつの間にか小さな蕾が
しっかり着いている。
これから春まで厳しい寒さをじっと耐えて
やがて巡り来る春には嬉しい花の頼りを聞かせてほしい。
[PR]
by ba-basan | 2008-01-14 15:27 | ひとりごと

雨の日は・・・

昨日は一日中雨が降り
今日、ようやく上がった模様だが・・・

こんな日は家で過ごすことにする。
先ずはパソコンで・・・
c0060919_1720339.jpg

この私、最近耳の調子がよくないようだ。
子どものころから耳はよく患っていたが
まあ、年のせいが大いにある。

一番困るのが電話。
c0060919_17295842.jpg
電話の子機も私もかなりガタがきていて
「モシモシあの~」「はあ~どちらさま??」まあこんな調子じゃどちらもエネルギーを要する。

その点、メールは楽だ。
聞き違えはないしいつでもパソコン開けて何度でも読める。
夜忘れていた品を注文。または券の予約など等。

横着できるのも利点?

ただし残念ながら同世代の友はパソコンにノータッチだ。

理由は”機械に弱いから””理科系じゃあないから”
何もパソコンを組み立てよ!と云っているのではないのに・・・

ああ、こんな私でさえできるのにブツブツ。
パソコンは雨の日の友?
[PR]
by ba-basan | 2008-01-12 17:20 | ひとりごと

久し振り・・・・

”雪の朝
  猫の足跡
    梅の花”
遥か昔、私がまだ小学生の日に
(私にも可愛らしい頃がありましたワ))
この俳句にであった。
もう一句
  ” 雪の朝 二の字
           二の字の
              下駄のあと”
ちょっと忘れたり、間違えたりしていると思うけど・・・・・

予定を一日遅らせて八日に、
久し振りに田舎に帰った。

c0060919_1502681.jpg

この日も朝から快晴でいつもより暖かい。
道中車窓から眺める冬枯れの山々は明るく・・

段々田舎が近づくにつれて
日陰の、あちこちに雪が見える。
トンネルを抜けると急に雪が目立つ景色となる。
昔からこの地域から雪国だったと聞く。

昼間は、さんさんとふりそそぐ太陽の光に
雪は溶けて畑の黒土が目立ち始める。
c0060919_1562539.jpg

この間に人参の収穫、葱少々。
大地の感触は柔らかく心地よい。
ああ、早く畑で、心ゆくまで農作業を・・・・
知らぬ間に足が軽くなってきたワ

日陰になっていた残雪に、長靴を履いた我が足跡。
冒頭の句がふと浮かんだという訳であります。
c0060919_1595721.jpg


ところで、今の子ども達は
「下駄ってなんぞや?」と言うでしょうね。
[PR]
by ba-basan | 2008-01-10 15:00