<   2008年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

盛りだくさんでした

三月二十九日
春らしくお天気も上々、
いつもより早めに農園に向かう。

明日は雨の予報で、しからば予定通りにと
急げや急げ!てな調子で・・・
c0060919_16491088.jpg



途中つい春の陽気に誘われて途中下車(またもや、こうなる)
やっぱり安野駅の花が気にかかり・・・

二日前の日暮れ時の花の淋しい雰囲気から
明るい日差しの中で見る花は、華やかで美しい。
ああ、やっぱり来てよかったワ
あと、桜が咲けば勢ぞろいとなる。
c0060919_1651155.jpg

四月六日がこの今は公園となった安野駅で
花祭りが行われるそうだ。
さて、田舎に着いたらこの間の続きの
タマネギ畑の草取り、
あんまり張り切りすぎて途中で頭痛がしてしばしストップ。
お昼の真っ盛りに畑の中、まあ、ちょっとした日射病?
以後、気をつけます。ハイ

仕事、再開。タマネギに草木灰をやりマルチ代わりにスクモを・・・
c0060919_16531768.jpg


お次は三人揃ってブルーベリーの地植えをする。
二月の予定が大幅に遅れたが明日の雨でちゃんと着きますようにと
植え替えにおおわらわ。なんとか無事終了、さすがにフラフラの私。

なんと朝からめまぐるしかったこと!
これからは、計画的に要領よくせねばと反省しきりであります。
[PR]
by ba-basan | 2008-03-30 16:49

菜の花の頃

三月二十七日
昼過ぎから俄かに曇り
朝の快晴が信じられぬほどで今にも降りそうだ。
c0060919_1718622.jpg


たったこの間草抜きしたタマネギ畑が
またもや草ぼうぼうでがっかりする。

時折小雨が通り雨のように降ったと思へば
すぐに過ぎてゆく
なんのこれしき!とばかりどんどん草を抜いていく。
c0060919_1722176.jpg

草に埋没して小さくて今にも消えそうな苗は
助けるが果たして大きくなるか?

駐車場の横、家の前、裏の小高い所の三箇所で
植えつけたが、やはり、それぞれ生長振りが異なる。
苗は同じでも・・・環境って大事ですネ

草取りで綺麗になった所は草木灰を撒いてスクモを
マルチのようにしてやれやれ
これで少しは草は生えにくいであろうと
続きはこの次にして引き揚げる。
c0060919_17201418.jpg

辺りは陽が傾きはじめたが菜の花の黄色と
遠くに見える紅梅が目も心も洗われるようでしばし見とれる。
そういえば、ラッパ水仙、よくよく見ればムスカリも咲き始めた。

家の中は寒くてストーブにかじりつき、寒の戻り状態の
一日だったが畑仕事にはうってつけでよくはかどった。
めまぐるしく変わる春の天候だが続きの為に
あ~した天気にな~れ!!
[PR]
by ba-basan | 2008-03-28 17:18

花の駅・・・・今

三月二十四日、
前日の雨が上がり、急いで農園に行く。

”一雨ごとに春めいて・・・”の通り野も山も
そして畑も段々と活気ずいてきた。

特に畑の草の勢いは目を見張るほどで
取れども取れども、。きりがない。
今の時期は虫がいないのでそれが、
まあ、せめてもの救いである。

一応用事を済ませて帰りは車で久し振りに
あの懐かしき”花の駅”安野に寄って見る。


可部線が健在なりし頃、この季節はもっとも賑わい
車両は人、人でいっぱいだった。

車窓から眺めるレンギョウ、梅、桃、桜の花の競演は
人々の歓声で割れんばかりだった。
年に依り順番に咲くときと一斉に満開を迎える時もあった。
c0060919_21201286.jpg

黄昏時のこの日は未だ咲き始めのようだ。
我々以外だれもいない静かな、静かな無人駅は
ふと、あの頃を錯覚しそうになる。
c0060919_21204278.jpg

駅は清掃され汽車がいつでも走れそうに見える。

安野の皆さんのお陰で、あの可部線のありし日の
光景を蘇らせてもらうことができた。
そしていつの世にもこの美しい花の駅と可部線のことを
語り継いで欲しいと思う。
c0060919_2121448.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-03-25 17:54 | ひとりごと

ああ、梅の花

三月二十一日は快晴。
冬の終わりから三寒四温を繰り返し、
やっと、巡り来た春。

”暑さ寒さも彼岸まで”とはよく言ったものだ。
急に春めいて暖かい。

裏の畑で早速ジャガイモの植え付けを汗だくになりながら
二人係で漸く完了だ。
少々遅れてしまったが滑り込みセーフの気分。

つい、この前には、ほころび始めた梅が
一斉に花、開いた。
c0060919_16421259.jpg


一番若手の白梅、そして年代ものの紅梅、
この冬、一番古い、白梅。幹が祠のようになって、この冬
雪の重みでバッタリと倒れてしまったが・・・・・
それでも梅は咲いている。見事!!というほかない。
梅の木も世代交代だろうか?
(根っこは残して様子をみよう)
c0060919_1644946.jpg

満開の紅梅に見とれていると、おりから青空に飛行機雲が・・・・
”わー絵になるワ”と急いで携帯でパチリ。

居ながらにして思いがけずお花見に興じることができた。
”飲めや唄えや”そしてお花見弁当抜きでも
心豊かな日であった。
c0060919_16454437.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-03-22 16:42

時には息抜きを・・・

昨日は何日も前から約束して楽しみにしていた花展と日展に
友人と私の三人(サンババ)で行った。

前日の晴天が嘘のように朝から吹き降りで寒く
まるで春の嵐か?

”雨女”の汚名返上したいところだが、ヤッパリね。

外は嵐でも花展の会場は、今、まさに春爛漫で
一足早い絢爛たる花に酔いしれる。

招待して頂いた先生の見事な大作はさすが!!
苔むした桜の大木と白もくれん、梅、椿といった花々に
人々は引き寄せられる。
c0060919_15234749.jpg


美しい春の花々に名残は尽きぬが会場を後にして
次なる県立美術館に向かう。

”日展百年のあゆみ”
日展の第一回から今に至るまでの数々の作品は
やはり素晴らしい傑作揃いだ。

私個人としては大正初期の作品に一番、心引かれる。
遥か遠くまで田園が広がり着物姿の少女が一人・・・・

かすり木綿の着物姿のあどけない、いたずらっ子たち・・・・
遠い昔の親世代に想いを馳せて、胸が熱くなる。

日頃なりふりかまわず、やたら忙しい日々ではあるが
時には立ち止まってみることも必要なようだ。
(・・・と、反省)

ああ、素晴らしい日を有難う。我が友に心より感謝!!
そして又の再会を!!
[PR]
by ba-basan | 2008-03-20 15:19

大奮闘の巻

”ジャガイモは彼岸迄に植えよ”といわれているが・・・
考えてみると彼岸は近い。

思いのほか植える場所が少なく、
今まで荒地と化していた所を急に開墾することになり・・・
c0060919_16364216.jpg

今更、人力は無理。かといってミニ耕運機は故障?
息子がオイル交換して、試しに運転したら
あ~ら不思議!煙を吐いて猛然と走るではないか!
だんだんとピッチを上げてグングンと耕していく。
もう、煙も見えず。ヤレヤレ
c0060919_1638239.jpg


こうなればこの一面、どこもかしこ耕して
これから春の種蒔き、夏野菜の苗の植え付けに
困らぬように、畑の準備を、遅まきながら完了。

日脚の延びた春の夕べは、いつの間にやら
午後の六時半を回っていた。

今日は頑張りすぎたワ。年甲斐もなく・・・
まあ、一番頑張ったのは我か農園のミニ耕運機、
”こまめ”に、ひょ~しょうじょう~を贈りたいところデス。
[PR]
by ba-basan | 2008-03-18 16:40

山里は静かなり・・・

三月十五日
予定より遅くなったが昼前に車で農園に向かう。
急に思い立って評判のよいお店に、じゃがいもの種芋を買いにいく。
だいぶ回り道になりしかも渋滞も甚だしい。

お店では係りの人に「この三キロでお終いです。好かったですね」
の言葉に、ああ、やっと来た甲斐があったワと胸をなでおろす。

お店によってこんなにも違うのかしらと、思うほどの良い種芋だ。

まあ、新米百姓だから、せめて良い種芋でないと・・・ネ。

長旅?で疲れたので植えるのはこの次にして(すぐ、こうなる)
畑の見回りやら家の掃除をすることにして・・・・
c0060919_14523258.jpg


先ずは裏山。
梅の蕾がだいぶふくらみ、ほころび始めたのもあり。
雲一つない青空に白梅がよく映える。
ここに鶯が来てホーホケキョと鳴いてくれればと思うが・・・・
(映画の場面なら、ここで静かなバックミュージック♪
そういえばこの数年鶯の声を聞いてないな~。

春先からキェキョ・・キェ・・キョ♪
下手なさえずりから段々と上達していく鶯にいつも感心したり
楽しんだりしていたのに・・・

人が少なくなった過疎化現象に”鶯よ!おまえもか!”

だがしばし、裏山から見慣れた景色を眺める時、これは
私にとって至福の時である。
[PR]
by ba-basan | 2008-03-16 14:55

雨のち晴れ

昨日が暖かく暖房が要らない程だったので
やはり今日は予報通り朝から雨が降った。

さて本日は農園には行かず、家でのんびり過ごすことにする。

実は昨年まで、自分の健脚をあたりまえと思っていたのに
なんと近頃は時々歩き始めた途端”アッイテテ!”言いたいぐらい
痛み、暫く歩くといつのまにか痛みを忘れる・・・この繰り返しだ。
歩く姿はきっとバアサン歩き、ヨロヨロ、よたよた・・・

座っている時、急に立ち上がるときなど、ついヨッコラショと掛け声が・・・
ああ、年は争えぬと実感する。

ゆえに、農作業で頑張ったあと二日ぐらいは休養日とする。
これは自分で勝手にきめたが農繁期にはどうなりますやら・・・・

午後は雨も上がり陽が射してきたが横着を決め込んで
ゆっくりと午後のお茶を・・・・
戴いたはっさくと今、まさに旬のイチゴで。

大好きなフルーツは私の元気の源かもしれない。
c0060919_15392672.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-03-14 15:36

花の季節に・・・

三月十一日
春本番といった暖かさは何もかも躍動し始めたように
僅か二日しか経っていないのに
畑の枯葉の中からクロッカスが花開き
”わー嬉しい!今年も咲いたね”と声をかけたい気分だ。
今年は遅かったのでもうダメかと諦めかけたので・・・

例年まだ春浅きころ、我が家で一番に咲く
この小さきクロッカスよ!
c0060919_14524241.jpg

あたり一面、枯葉色の中から突然現れて
春を告げるクロッカスを愛しいと思う。

二日前にはまだ小さな蕾だった水仙も花開いた。
c0060919_14545198.jpg
友人に貰った椎茸の原木二本は
日陰の石垣にもたれかけひっそり佇む。
秋ごろにはニョキニョキと椎茸が・・・・

今まさに生きとし生けるものの息吹を肌で感じる時
こちらまで元気になれる。

ジャガイモの植え付けの合間、
こんな楽しみのお陰で頑張れるような気がする。
(此処だけの話、実は百姓より野遊びが好き)みたいな私。
c0060919_14562742.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-03-13 14:48

春なのに~♪

待ってました!とばかり、この暖かさに誘われて
戸外に飛び出す人も多いのでは?
巷ではそろそろ行楽の季節到来では?
c0060919_16353680.jpg

さて我が家ではこれからが農業本番に入る。遊びどころじゃないわ~。
昨日やっと三人がかりで馬鈴薯を三キロばかり
植えつけてヤレヤレ。

まあ、予定している三分の一の量だが、これだけで、三人とも
クタクタになった。
c0060919_16482148.jpg

朝、日だまり中で種芋を切って草木灰を付けて植えつけるのだが
その前に畑に畦を立てるのが大変な仕事である。
なにしろ一輪かんりきが壊れ人力しかない。
耕運機も、運、悪く故障中。
c0060919_16484426.jpgツルハシ、鍬、すき鍬を引っ張り出してコチコチになった
堅い土を耕して畦たてに汗を流すそこにマルチを敷き詰めて種芋を植えていくのだが
今の時代、なんでも機械に頼って当たり前。
昔の人の苦労が偲ばれる。ホントよく頑張られましたね~。
これだけの仕事でお手上げ状態の私。
ちゃんとジャガイモが出来なかったらどうしょう。
c0060919_1646524.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-03-12 15:59 | 楽しい農園ライフ