「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

落花生

突然の雪が解けて芋堀も済んで
待望の落花生の収穫をする。

c0060919_1513388.jpg


なにしろ落花生の苗はもとより生長過程から収穫までの
経験は、初めてのことだ。

掘りあげた落花生は根っこの部分に
あの、ひょうたん型の実が沢山付いている。

この落花生は春の終わり頃から晩秋の収穫まで
かなり長い期間、畑に居座るゆえ、
邪魔にならぬ場所に植えるように・・・と、本にあった。
c0060919_15154296.jpg


落花生(ピーナツ)、そう、これで思い出すのは
戦後まだ日本が貧しかった頃、地方から上京してきた若き大学生が
ピーナツを売りながら、まあ、今のアルバイトで勉学に励んでいた。
ノシイカといわれておった大學帽のけなげな姿を思い出す。
まだテレビの無い時代、多分新聞、グラビアなんぞで知った?

ああ、大学生はエライナ~
まだカワイラシイ?10代の頃の私。
尊敬と憧れのマナコで見つめていたのでアル。

さて、肝心の我が落花生は先ず茹でて食したけど
これからはどうすればよいのやら・・・・

とりあえずただ今棹に干したり実だけをざるに広げて乾燥中。おあとは・・・・・・
[PR]
by ba-basan | 2008-11-28 15:09

芋ほり

芋ほりを楽しみにしながら、
いつも追いまくられるような、忙しい明け暮れに、
19日、突然の大雪に見舞われ、アタフタする私。
c0060919_16315687.jpg


いも畑はスッポリ雪の下。ああ、~
”だが待てよ、マルチで覆っていたので、
案外雪の下は暖かいのでは?
よって心配無用!”ここは年寄りらしく強がったのでアリマシタ。



幸いにも雪は1日で止み翌日は曇。

次第に雪は解けたが、見るも無残に蔓は枯れてビショビショだ。
だがしかし、23日は朝から快晴!
暖かな明るい日差しを浴びて芋ほり開始。
験し掘りで大きかったが、今日は芋が雪で駄目になってはいないか?

まあ、心配ご無用でしたワ。
c0060919_16381121.jpg

大きなの小さいのがザクザク・・・(残念ながら大判小判ではなかった)
幾つになっても芋ほりは楽しくツイ我を忘れてはしゃいでしまう私。
堀りあげた芋は畑でしばらく陽にあてて本日これにて・・・・・

翌日もカンカン照りになり、またよくよく干して
ダンボ=ル箱に籾殻と一緒に入れて保管する。

サツマイモは保存の間に甘味を増すという。
芋ほりは無事すんだが、これから
秋じゃが堀りまでしばらくは農繁期が続きそうだ。
[PR]
by ba-basan | 2008-11-24 16:32

この広い空の下・・・

芸北からわが農園へ帰り着き
美しき晩秋の余韻が覚めやらぬ翌日も
朝から青空が澄み渡る。
c0060919_17382894.jpg

気に掛かっていたサツマイモの験し堀りを午前中に済ませる。

他所さんは、もう、芋ほりを済ませたところが多いらしいが、
我が家は、植えるのが、かなり遅かったようだ。
c0060919_17385330.jpg

芋の蔓が枯れてヨレヨレになった箇所の、ぐるりを
シャベルで掘りあげる。(これはババは無理)
思いのほか、大きいのが、ゴロゴロ出現、”キャ~あった!”
本日の芋堀りはこれにて・・・・終わり続きは後日、ということにして

手を休めて見上げる空はあくまでも青く・・・果てしなく・・・

去年のこの頃出て行った愛猫プリンを思い出す。
プリンは大人になって巣立って行ったのだワ。家出じゃない!

”この広い空のどこかで”・・・・若き日に観たこの題名の映画が
ふとよぎる。(庶民の日常生活を綴ったほのぼのとした映画)

プリンもきっとこの広い空の下で幸せにしているであろう
どうか、そうでありますように・・・・

午後はまたもや秋を訪ねて筒賀の大銀杏を観にGo!
c0060919_17392954.jpg

[PR]
by ba-basan | 2008-11-15 17:29 | ひとりごと

秋たけなわ

一昨日、秋晴れの下、皆で農園に向かう。
いつも同じコースではつまらぬと
途中から違う道を走ることにする。

豊平を走り、途中下車して、昼食を・・・
そこは、わが農園のある田舎より広々として明るい雰囲気だ。

それから、芸北を・・・・車窓から眺める景色は秋色に染まり
空の青さと木々の枯れ葉色に移り行く色合いが
息を呑むほどの美しさだ。
c0060919_15334699.jpg


時折車を降りて散策と写真を・・・
道路はどこまでも整備されて走りよいようだ。

車窓から眺める風景に見とれて,どこか他所の地にいるような
錯覚さえ覚える。
一年中で一番自然の美しいこの季節にこの小さな旅が
c0060919_1536891.jpg

次なる仕事へとリフレッシュできた。

ああ、美しき日本の秋!!
c0060919_17442149.jpg

でも、帰りが遅くなったので仕事は明日に・・・
布団干しができず、布団乾燥機を引っ張り出す有様。

仕事をとるか?紅葉狩りをとるか?私なら迷わず紅葉でありマス。
[PR]
by ba-basan | 2008-11-14 15:01

産直、復活へ・・・

久しぶりに本日、産直市場に出品した。

ここ何日か、晴天から時々雨。そして冷え込みから暖かく・・・
c0060919_17365231.jpg

この天候が幸いしてかどの野菜もスクスク育つ。

水菜が意外に成長が良く、少々小さいが、間引き方々収穫。
最近の傾向として早採りのほうが好まれるようだ。
味は薄いが、あのシャキシャキ感がサラダと生食に・・・・
鍋に入れてもサットくぐらせただけで緑鮮やかで早く煮える。

昔の水菜は大株で濃い味だった。
この辺りではお正月のお雑煮に使うぐらいだったワ。
ああ、時代は変わったな~

c0060919_17385520.jpg

さて、ここからが本題。(ババになると前置きが長くなるんデス)

収穫した水菜は小さいので洗って根を取って小さな束にして
透明な袋に入れて・・・いよいよ市場へ・・GO!

本日デビューの水菜は果たして・・・?
まずは試しにと思いながら出したもののハラハラ、ドキドキ(ちとオーバー)

ワアー!嬉しいことに、この水菜、午前中で完売!
買ってくださったお客様にお礼を言いたい。
げんきんなもので疲れも吹っ飛んで、さてお次は・・・
[PR]
by ba-basan | 2008-11-09 17:19

ああ、美しき秋!

”紺碧の空~♪”朝から青く青くどこまでも
澄み渡り、気持ちよい秋晴れとなって
この歌が唇に・・・・
c0060919_1771857.jpg


何日ぶりだろう、この畑に立つのは・・・
久しく目にしなかった野菜たちは
この青空の下、以前にもまして生き生きしている。

秋野菜は葉もの中心にしたので
今の季節に一番合うようで、水水しい葉っぱが美しい。

冷涼な気候を好むサニーレタスの成長著しく
水菜もそろそろ収穫時期も近い。
チンゲンサイはまだ間引きの段階。

午後、農園でグリンピースの種を二袋蒔いた。
今年の春、苗を二本買って植えたのが
上手くできて産直市場でデビューしたので(調子にのって)
ならば今度は種からの挑戦となった。

時の経つのも忘れさて、ふと顔を上げてみれば
遠くの山が紅葉している様子。
すわ!息子の運転する車で急いで紅葉見物へ・・・・(こういうことは早い)
目指すは温井ダム,その辺りを見物、そして芸北オークガーデンへ・・・

車窓から眺める風景は、まるで錦織のような
絢爛たる木々の紅葉に目を見張り歓声をあげるばかり。
c0060919_1792272.jpg



行楽シーズンはただ,忙しい日々だが
なんと嬉しい贈り物か。
今年の紅葉は最高であった。自然の恵みに感謝!!
[PR]
by ba-basan | 2008-11-08 17:07

行楽シーズン

今日は十一月三日、昔で言えば明治節。
この日は晴れと決めていたが、今日は曇り空で今にも降りそうだ。

腕の方も薄紙を剥ぐように少しずつ回復しているが
しばらくは広島で休養の身である。
c0060919_161214.jpg


急に冷え込んできたので野菜の生長も緩やかになっているとか。

わが農園は端境期で、このところ産直に出品する物がなく
私のためには丁度よいのだが、チト淋しい。
やはり、張り合いがないワ。

おりしもケイタイが壊れ、今度は実用的なデカ文字で、
簡単なものにしたらカメラ機能が・・・・
キメの荒さと色調がネ・・・・・

おのずと写真を撮る回数が減ってしまった。
c0060919_1635562.jpg


先週はまだ山の紅葉には早いので家の周囲を眺めれば・・・
庭のアジサイが濃いピンクに変わり梅雨の頃より美しい。
ちょっとアジサイの紅葉って聞いたことがないッス。

明日は久々の農園行きだ。
[PR]
by ba-basan | 2008-11-03 16:01