<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ターシャ・チューダー展

先日、娘とターシャ・チューダー展に行ってきた。
c0060919_15293830.jpg



会場の入場券売り場では、すでに列ができていた。
圧倒的に女性が多く、平日の昼下がりのせいか、中年熟年が殆どのように見える。

テレビの影響が功を奏したのかも知れないが、
それよりも今の時代、そう、自然を大切に!環境をよくしたい!などなど・・・

ターシャさんが自分から身をもって示した生き方・・・・
植物、動物”生きとし生けるもの”みな愛し庭まで作り上げ
人生を謳歌してきた、その生き様に憧れと共感に人々は魅せられたのでは
ないかしら

テレビで見るターシャの広大な庭は、この会場の限られたスペースでは
ほんの一部分ではあるが、展示物や写真、絵などなど
いつしか、こちらまで百数十年前にタイムスリップしたようであった。

洋服はいずれも素敵!スカーレットオハラを思い出すワ
ターシャは毎日午後のお茶の時間はずっと続けてきたという・・・・
私もこれだけは共通点デス。
恥ずかしながら、あとは見習いたいことばかり。


ゆるやかな時の流れの中で楽しみを創りながら
自分の生き方を貫いたターシャに拍手を送りたい。


ターシャこそ時代の先取りをいく人だったのでは?
[PR]
by ba-basan | 2009-01-29 18:06

思い出のお弁当

冬篭りしていると、どうも怠け癖がついたようだ。
いやいや折角の農閑期なので大いにのんびりしよう・・・・

溜まっていた新聞雑誌の類に先ず目を通す。
チラシ雑誌には色鮮やかなグラビアのランチ弁当など食をそそるものばかり。

わあ~美味しそう!未練タップリに何度もページを繰りながら・・・

いい年をして!と言い給うな!
またまたと言われそうだけどその昔、食糧事情が悪かった頃のこと。

ある日、女学生の姉が学校へ・・・ワタシは何故か学校がお休みで・・・
ならば、ワタシが姉のお弁当作りをしてしんぜよう・・・となりました。

食材は麦飯か大豆飯のどちらか、それとおから、(卯の花)とお漬物?

姉を喜ばせたい一心で懸命に考えたのが・・・・

弁当箱の底にご飯を敷き詰めその上におからを乗せ、これを
上まで繰り返す。

今ならさしずめ、おからのサンドイッチかミルフィーユと言ったところ・・・・・

さぞかし姉は喜んでくれたと思いきや「おからとご飯が全部混ざっていたよ」と
不思議そうな顔をしていたっけ。
元気いっぱいの姉は登校中カバンを振り回しながら歩いたに違いない。

あれから何十年も経ったというのに、懐かしいあの頃がしみじみと思い出された。
ワタシはお弁当作りがずっと好きだった。
あれこれ工夫しながら出来たときの嬉しさ!今思えば大変質素だった。

横着なババになったワタシであるが、暖かくなったら又お弁当を作って
いざ!行楽へ・・・といいたいところデス。果たして??

本日、珍しく午後もお天気で日脚が延びて5時を過ぎても明るく夕日が美しい
冬篭りも悪くないワ
c0060919_21144365.jpg

[PR]
by ba-basan | 2009-01-25 18:01

雪の日

いつもより遅い目覚めであったが
カーテンを引いて驚いた。

なんと、外は一夜にして雪景色となった。
秋田で見るようなかまくらが・・・・ナント、車に積もった雪だった。
あたり一面、朝の光を浴びて美しい。
そして絶え間なく粉雪が舞う。
c0060919_212729.jpg



”ゆ~きの降る町を~♪雪の降る町を~♪”
暖かい部屋から眺める雪は見飽きることはないけれど・・・・

さて、田舎の我が家は?
心配だけれど、もう少し雪の心配が無くなるまで待つしかなさそうだ。

暖かく海が近い街で生まれ育った私は雪をあまり見る機会がなかったので
雪は憧れであった。

だがしかし、雪は美しくロマンチックなだけでなく
現実の厳しさに驚いた。屋根は壊れ木々は折れ、がけ崩れなどなど・・・

ああ、人生、何事も体験せねば解らない!かといって何でも体験?
それは無理!
であれば体験学習、それから”言い伝え”が大事だワ

いつの間にか演説口調になってしまった私。ついでながら・・・
雪の日は、転ばぬようにゴム靴を!
ヘルメットでなくても帽子を!
軒の下は注意!いつ雪の塊が落ちてくるかわからない!

やっぱり老婆心でしょうかね。
c0060919_2130454.jpg

[PR]
by ba-basan | 2009-01-24 16:50

今夜は大根で・・・

”一雨ごとに春めいて・・・”と、言いたいところだが、
このところ、毎日のように午前中は、晴れ、そして午後になると
小雨がパラパラ、それから、しとしとと、降り、一層寒くなる。

春は何処へ・・・・だがしかし、小さな庭の梅ノ木に
よく見れば枝に小さな蕾が少しずつ日ごとに膨らんできた。
春は、ゆっくりと確実に近づいて来ているらしい。

暖冬と心配されていた頃が嘘のような、ここ2年ぐらい前から
大雪、どか雪、震えるほどの寒さ、・・・・・

お陰で畑は今だ雪に埋もれて・・・・

雪から、葉っぱだけチヨッピリ覗かせた大根を引き抜いて
持って帰ってくれたので・・・・・
幸い根っこの部分は凍みていなかったので先ずは大根おろしに、
”わ~うまかと!こげんうまかと初めてばい!”

”がばいばあちゃん”先日読んだのでツイ九州弁が・・・

野菜不足になりがちな我が家の今夜は大根ずくし・・・大根フルコース、
聞こえはよいがまあ、大根攻め。

ふろふき大根,大根なます、大根おろし、大根サラダなどなど
[PR]
by ba-basan | 2009-01-23 16:37

シンプルライフを始めよう

”素敵な暮らしのダイエット”
ナ、ナヌ?娘が「これ読んでみる?」と渡してくれたのが
この本である。
またまたダイエット?こちらは蚊トンボみたいなのに・・・・

実はこれはアメリカ女性が書いたシンプルライフの勧めと
いつた内容で今の我が家のための必読書・・・

不要なものを除きシンプルな生活を!
物が溢れていつも忙しくしているワタシは、暇になったら片ずけようと
思いつつ今日に至る。

幸い今日は今にも雪がふりそうな雲行きで買い物も済ませたし・・・
善は急げ!ゴタゴタと物置化しつつあるキッチンのかたずけを・・・・

先ずキッチンに保管しているダンボールのサツマイモは・・・・
ダンボールに籾殻とサツマイモを入れて芋が冷えないようにしていたら・・・・

一個ずつ調べてみたが、大、小いずれも全くいたみがなくてホッ
サツマイモは寒さに弱く、腐りやすく案外保存が難しい。

と、このあとは次なる仕事に移る筈だったが、
まあ、もう3時だからついでに試食と称して(この必要ありしか?)
ここでオーブンで焼き芋をする。

こんな具合で今日も家事ははかどらずシンプルライフは何時になりますやら・・・・・
[PR]
by ba-basan | 2009-01-21 15:51

スーパーへ・・・・

今日は昨日より、青空が晴れ渡り暖かくなった。

いつまでも家でちじこまっていないで、
こんな日は外に出よう!(気合をいれて)
引きこもっていると出るのが億劫になる気持ち
何だか分かるような・・・・・

午後、久しぶりに近くのスーパーに行けば、
ナント人の多いこと!
この陽気に誘われて皆さん思いは同じらしい。

今、盛んに地産、地消が言われるが、
見れば地物野菜はどうも少ないみたいだ。
馬鈴薯、たまねぎ,にんじんは北海道産が多数、
あとは九州、四国、が大部分を占め、中には東北のもあり・・・・

地物広島産は少ないワ。これじゃあ ちょっと淋しい
日本の自給率は40パーセント、わが広島は20パーセントと聞く。

このワタシ、ババが腕によりをかけて野菜作りに励んでも
追いつきそうにありませぬ。

そうそう、カボチャはメキシコ産、オクラはタイ産と、まだまだあります。
あちらの、お国では今や夏、真っ盛りでしょうね。

早々と買い物済ませ、あとは校外学習に燃えて、まるで小学生のワタクシです。
[PR]
by ba-basan | 2009-01-20 17:33

農閑期、今・・・

何時もの事ながら農閑期こはアレコレ
普段出来なかったことが、この時期にこそ実現できる、と
夢みた筈だが・・・・・
c0060919_14241637.jpg


この寒さでは、一番の希望は暖かい部屋で何もせず
グータラして過ごすこと。

 ♪ 朝寝朝酒じゃあなかった・・・・朝寝坊したい。せめてお昼まででも・・・

イカン、イカン、己を叱咤激励してともかく先週から歯科通い。
今なら落ち着いて治療が受けられる。

それから春蒔き種を注文するべくカタログを見て検討する。

この楽しみは珍しい種、いつかは作ってみたいと思っていたもの、
そして、その種に出会えた時。
出来る、出来ないは先ず種を蒔いてから・・・・・

”蒔かぬ種は生えぬ”というでしょ。

今日は昨日のどんよりした曇り空とは打って変わり
朝からさんさんと明るい陽が降り注ぎ気持ちが良い。

だがしかし外は時折冷たい風が吹き荒れて・・・・(ババはよろける)
ああ、まだ春は遠い
[PR]
by ba-basan | 2009-01-19 16:32

〆飾りもとれ・・・さて、これからは?

このところ、凍てつくような寒さが続き
畑は雪の中では無理、
かといってこの寒さの中、出かける気にもならず・・・・

先ずはこれからの畑の計画を立てることにする。
今年は産直に出すものを主に考えたい。

産直と言えば・・・先日、今年最初の出品はいかに??
今回は大根(中、小)とサニーレタスのミニの2品であったが・・・・
おかげさまでレタスは早々と完売!
大根は少しばかり残すのみであった。
c0060919_17311645.jpg


       ”この写真は昨年暮に撮影したものです”


市場は、大根は溢れるばかりの数量、レタスは出品数が少なかった(これが幸いした?)

      
この市は登録人数が多く、それだけに競争が激しいようだ。

生産者はプロから家庭菜園が趣味の人。
いつの間にやら百姓に、ついに生産者になったワタシ。
大勢が切磋琢磨している様がよくわかり
遅まきながら実施学習である。

種まきから収穫、そして市場へ・・・・

手間がかかった割りには収入が少ないこと。
(フムフム、声を大にしたい!一番勉強になりましたワ)
それでも売り上げがあった時の喜びは何にも代え難い。

野菜の額が十円単位なので300円!といえば
わ~大金!と、まあ、コンナカンジデスワ。

市場から帰り急いでパソコンで見れば”品物と金額が表示されて
ついニコニコ、たまに”本日売り上げなし”ガクッ

今年は未だプロ級ではないのでアイディアで勝負しょう。
勿論安全で美味しいのがモットーであるが・・・・
[PR]
by ba-basan | 2009-01-13 17:24

またもや雪

一月九日、新しい年が始まり、久しぶりに農園に向かう。

途中、柔らかな明るい日差しの中で外は、すっかり冬景色だ。
c0060919_21423465.jpg



田舎の我が家はところどころ、屋根から滑り落ちた雪の塊が見える。
ああ、”冬来たりなば春遠からじ”か。(いつも己を励ます)

畑の雪はすっかり溶けたのに、午後は又雪の予報に、収穫へと急ぐ。
サニーレタスは雪の下から現れて一層柔らかくなってきた。
まだ小さいのが密集しているので間引きをする。

店頭では大きくなったサニーレタスが並び、我が家のように小さいのは
見当たらない。(みんな、いつ種まきなさったのかしら、・・・ブツブツ)
時の経つのも忘れひたすら間引く。

カゴに一杯になったら急ぎ帰り、根を切り、そして洗う。

家の前の畑では息子が大根抜き。そして洗い、
レタスも大根も産直行きの準備だ。今年初めての産直!張り切るワタシ。

そして十日。ここ広島では粉雪が舞い厳しい冷え込みだ。
しかし田舎は午後から大雪となり山も畑も見渡す限り雪景色とか・・・・

一日違いでガラット変わり野菜の収穫を済ませていてホッ!
c0060919_2144336.jpg


一人で田舎に日帰りしてきた息子の雪景色の写真に
”わーきれい!水墨画のよう!!”以前の私。でもでも
今はどうか被害がでませんようにと祈らずにはいられない。
[PR]
by ba-basan | 2009-01-11 17:03

七草も過ぎ・・・・

”せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ
これぞ七草”
c0060919_16454219.jpg


お正月三が日も済んで早や昨日は七草だった。

今年はのんべんだらりと過ごした元日だったので
つい七草のことは忘れていた。

夕方思い出したがキッチンを見渡せばあるのは、七草の中の
すずしろだけ。
すずしろの名前は何故か優雅に聞こえるが・・・・

実は大根なんですねえ。
"大根粥”はちょっとサビシイ。大根飯なら”おしん”で有名になったけど・・・・
ああだ、こうだ、思い巡らせ結局お粥は止めた。

来年こそ我が家で全部揃えたい。
裏の畑に昨年末、なずなが風にそよいでいた。あのペンペン草だ。

折角、日本の美しい、そして伝統ある良き風習をぜひとも残したい!
突然目覚めたワタシ。
乞うご期待を!
[PR]
by ba-basan | 2009-01-08 16:46