<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

短い農閑期

26日(昨日)は朝から暖かく風もない。
3月も近いと思えば、やたら気ばかりあせる。

早くも春の仕事がめじろ押し。

畑はこの陽気に誘われて葉ものの、水菜、青梗菜は小さいながら
黄色の花が咲き始めた。ああ~

こりゃ~売り物にはならぬ、と、まあ仕方なく自家用とするしかない。

ここは潔く早く次なる種まきを考えて、・・・・・その準備をせねば。

たまねぎは先日の肥料が効いてきたらしく少し生長しているようでホッ

ニンニクも肥料効果があるようで前より大きくなったが草まで生長して困るワ

ブルーベリーの箇所は今のうちに手入れ、根元に枯れ草をマルチ状に囲う。

今年こそ先手といこう!
特に種まきと苗の植え付けの時期を・・・・・早いほうが失敗が少ないようだ。
c0060919_1544543.jpg
これは今までの失敗を反省して・・・

愉しみにしていた梅がようやくほころび始めた。
小高い丘の方は未だ蕾が膨らむ段階、
昨年倒れた古木の白梅はよみがえり倒れたままで、花を咲かせた。
この、けなげな梅の枝を少しばかり手折り活けるとしよう。
[PR]
by ba-basan | 2009-02-27 15:45

年は争えぬ?

昨日程ではないけれど、
今朝もかなり冷え込んで、またまた午後は曇り空。

疲れと寒さで昨日は、どうも体調がすぐれなかった。
用心して今日は家で過ごすことに・・・・このお天気では畑は無理?

近くに、買い物へと家を出たら、やっぱり足がもとらんワ
少々ふらついたり、痛かったり、懸命にふんばって歩く。
ああ、やっぱり年だ!ここのところ何事も年のせいにするワタシ。

最近まで健脚を誇っていたのに・・・・情けなや~ブツブツ

だがしかし・・・畑ではちょっとぐらい高い所でも上ったり降りたり
お茶の子さいさい、てな、調子。  気分はいつも18歳

それがですねえ、家でしばらく、ゆっくりしていると、あの例の足の痛みが・・・

”人は2本足ゆえに足から先ず衰える”だからこれは宿命なのだ!
そうだそうだ尤もだ!一人納得する。
チョットチョット妙に感心していないで畑仕事は、まだまだ大丈夫ヨ。(自問自答)


本日は休息日。明日は農園に行こう!

震える寒さの中に立つ梅、椿の花は、ほころび始めただろうか?
[PR]
by ba-basan | 2009-02-23 16:40

昨日の農園は・・・・

今日は今年一番の寒さのようで
家の中でも身を刺すような厳しい寒さだ。

急いで暖房をつけるが今度は動くのが億劫になって困る。

昨日は農園でも寒さと強風、雨と雪に見舞われたらしく
昼ごろ到着して驚いた。
ハーブ園の看板は倒れかけ、ハウスは天井の半分はふっ飛び
ビニールがはためいて青空天井だ。

小松菜のトンネルは風で倒れて・・・

ところどころ雪が残り雨で畑はぬかるみ状態で時々足がズボツ!

お天気の間にと看板、ハウス、トンネルの応急処置、修理に忙しい。
このババも猫の手より少々ましと助手を務め早く済ませてヤレヤレ。

ここでティータイム、(なんといってもこれが一番の楽しみです。ここだけの話
紅茶党の私。朝から食後の紅茶、ティータイム、これが私の元気の秘訣。
イギリス人みたいでしょ、でもイギリス人なはかなわない)

さて、お次は・・・・たまねぎの中耕と肥料やり。
たまねぎは情けないほど小さい。果たしてちゃんと食せるか?
昨年はたまねぎの苗が良い上に生長が素晴らしく(自画自賛)喜んだのもつかの間、
一夜にして殆ど猿に荒らされてしまった。

今年は猿も見向きもしないわ。このグルメ猿め!と、言いたいけれど・・・
主が”どれだっけ?”と探すぐらいだもの。

一応予定以上のことは出来たと家路に急ぐ。

ここまでが昨日の状況
今日の昼下がり、ここ、広島は益々、どんよりと雲行きあやしく今にも雪になりそうな・・・
田舎は、きっと雪であろう、どうぞ、もうこれ以上被害がでませんように、
と、祈るばかりである。
[PR]
by ba-basan | 2009-02-22 15:28

梅の花、開くころ・・・・

ここ、雨と寒さで農園行きは止めていたが・・・・

今日は午後になって明るい日差しが見えてきた。

4,5日前、広島の我が家にある、たった一本の鹿児島紅梅がいっきに開花した。
前日までしっかり蕾を閉ざしたままだったけど・・・・・

その日は朝から晴れ渡り濃い紅色の花が鮮やかに映えて驚かせた。
ここは郊外とはいえ広島市内であるゆえ、田舎の小高い丘にある
梅よりだいぶ、早い開花であった。
c0060919_1612645.jpg


梅だけではなく植物全般に言える事。

産直市場に、いそいそと間引き菜を出したら、
もうすでに、よく育った水菜青梗菜などなど・・・・・ドカンとならび、ああ、

あちらは、旬の時期、こちらは未だ走りの頃、やっと旬にドート出せば
もう、あちらさんは数量が少ない。

たいてい、走りの珍しいのがよく売れるようだが、逆の場合もあり・・・・
わが農園の野菜、ベリーの独壇場の時もありましたワ
お客様にとって長い時期を通じて買えるのは案外、良いかも知れぬと、
思うことにしよう。

昨夜農園から帰ってきた息子の手に、大根(もう残り少ない)水菜、青梗菜
どちらもまだ小さい。
c0060919_16152367.jpg


小松菜は小さすぎるので雨の中を一部トンネル掛けをしたという写真を見る。
”あ~した、こ~した”と説明せずともパソコンで見れば一目瞭然、ヨシ、ご苦労さん!


続きは明日、このばばも一緒にしようと張り切ってしまう。
[PR]
by ba-basan | 2009-02-20 16:12

風に吹かれて・・・・

昨日は春の陽気から、突然の真冬になった。

寒いけれど、お天気も良し・・・一昨日の続きをするべく農園に向かう。
c0060919_1651133.jpg


たしか、まだジャガイモは土の中に残っているはず、
だが粘土質の土は固すぎる。と、トラクターで進めば
案の定アリマシタ、小さいのや、傷になったのやら・・・・

時折、吹き荒れる春の嵐の中を、飛ばされる帽子を追いかけながら
追いかけて~おいかけて~♪ホント歌っている場合じゃないっす!
小松菜の間引きの続き、そして肥料やり。


エンドウにも肥料を、あまり生長よくないがこの寒さに耐えよ!
そして昨年より実り多いように・・・・まあ、欲張りなワタシ。

そうそう、ブラックベリーは強風になぎ倒されてあちこち折れている。
この木は実がなったところは枯れるそうで剪定に忙しい。
今年こそ、この苗木の贈り主の親友に食べてもらいたいものだわ。
”友よ!貴女、コレ読んでます?”

さて、次々と押し寄せる作業はきりがなく、心を鬼にしてこの辺で止めにする。

いつの間にか空は粉雪に変わり陽も傾き始めた。
農作業のあとの心地よさ!
帽子を追いかけたりヨタヨタ、あっちこっちしたけれど今日は良い一日だった
有難う!
[PR]
by ba-basan | 2009-02-17 17:10

小松菜に思う

先日小松菜の間引きも、そこそこに広島に帰ってきたが
今日は、今まさに降り出しそうな雲ゆきで
こちらに居て正解だったワ。

ところで、このワタシ、小松菜を、蒔いたのは、初めてのこと、
食したのは、つい最近である。

c0060919_17183578.jpg

その昔、NHKの、お料理番組が始まって大変な人気があった頃
材料の一つに必ずと言って良いほど小松菜が登場した。

何しろ聞くも、見るも、初めての野菜で、青菜であることは解るが・・・
(あの頃はテレビはカラーではなかった)
アクがない、ビタミンAが豊富ぐらいの説明であとは想像するだけだった。

近頃、スーパーの店頭でも見られるようになったが、
こちらでは圧倒的にほうれん草が優位にみえる。

私も青菜といえばほうれん草、春菊などなどが先ず浮かぶ。

ところで、小松菜は東京が原産地で生粋の日本生まれの東京育ちだそうだ。

初めて食した時ちょっと馴染めない味に思えたが・・・・・
作りやすい野菜と知り、ひよこ百姓の私、ぜひとも作ってみたい
と、単純な動機で種を蒔き、ようやく間引きと、相成った次第。

間引き菜は小さすぎて、面倒だが試食したら柔らかく、癖がなくてうまか!!
今からトンネル栽培にすれば産直にも間に合うかもね。

今は最も野菜不足の時期ゆえ、じっとしておれん。あせるわ~
[PR]
by ba-basan | 2009-02-13 16:40

芋ほり

晴れたり曇ったり、ときには暖かくそして
寒さに震えたり・・・・今、めまぐるしく変わるお天気に
翻弄されながら、日々振り回されるように動いているワタシ。

十一日は祝日ではあるが、畑仕事が待っている。


この日は、朝から時折、降っていた小雨も上がり
急いで小松菜の間引きをする。
雪で生長をストップしたままであったが、少しでも大きくなればと、
夢中で間引く。  背伸びしてフト見れば・・・
c0060919_17262890.jpg


隣の荒れた畑は?そう、言えば秋じゃがの畑!
昨年末に芋堀りしかけたが、小さくて少なくて・・・・
途中でほ放りだしたままだったワ
幸いお天気も良し、気分転換にとちっょっとだけ掘ってみたら、・・・・・

ナント!真っ白いジャガイモが出てきた。あわてて助っ人を呼び、
こうなれば時ならぬいも堀り開始!

遅い時期に植えた秋じゃがは雪と霜で収穫は無理と
潔く諦めていたのだが・・・思いがけず大地からのプレゼント。

本では"霜の降りる前に収穫せよ!腐るから”とあったのだが・・・
こんな幸運なこともあるんですねえ・・・と、調子に乗らぬように
この次からはもっと勉強してきちんと農作業を進めていきたい。

イモ好きな我が家、早速試食したが掘りたては少々水っぽいが
クリーミーで美味。    今夜は肉じゃがが楽しみだ。
突然の大地の恵みが一層美味しさを倍増したようだ。
[PR]
by ba-basan | 2009-02-12 17:26

木瓜の木

昨日、九日は曇りのち雨の予報だったが
ともかく農園に急ぐ。
田舎の用事があり、それが目的だが出来れば畑仕事もしたい。

本日は先ず、小高い場所の木々の様子から・・・
長らく手付かずでいた木瓜(ボケ)の木は
残念なことに木、全体を何かの蔓がからまり,覆っている。
c0060919_17233687.jpg


まるでアートだと娘は言うが、私はまるでわら屋根の出来損ない!
押しつぶされそうな木瓜を助けねばとムラムラと正義感に燃えて?
一生懸命に蔓を切る。ババ一人ではラチがあかんワ。
息子も加わり二人係でほぼ達成。

熱心なあまりその後の撮影を忘れていた!

さて、助け起こした木瓜の枝には小さい花芽が沢山見える。
毎年、春浅き頃、淡いピンクの花を咲かせる
日本的な美しさで私の大好きな花。

ボケの名前が少々気に入らぬが・・・・・

今年の春もどうか今までのように咲き誇り、人々の目を
楽しませて欲しい。
きれいな花にはとげがある?この木瓜の枝の小さなとげ、みなさん、ご注意あれ!
[PR]
by ba-basan | 2009-02-10 17:23

さあ、始動!

立春を迎えた途端に急に辺り一面、春めいたようだ。

さてさて、昨日は天気予報的中でポカポカ陽気。

こちらも予定通り急ぎ農園へと、車を走らせる。
道中は相変わらず冬景色だが、山の雪はすっかり消えている。
c0060919_16393610.jpg


小高い所にある我が家は、庭に屋根から落ちた雪の山が見える。
先日驚かされた屋根の雪は殆ど見えずヤレヤレ。
今にして思えばよい経験だったかも・・・・
あれからずいぶん用心深くなりましたデス。

さて、すっかり雪が溶けたニンニク畑は・・・・ナント草がぼうぼう、
その上、ニンニクの葉が少しばかり黄色になっている。
c0060919_1651412.jpg


青梗菜、サニーレタス、水菜はやっと雪から開放されたが
まだシャンと起き上がれなくヨレヨレで生長しておらん!

これ等の野菜たち、雪の間の世話は皆無だったので急いで中耕して肥料やり。

ブルーベリーは実の収穫以来ウッカリ何もせず・・・
慌ててピートモスと肥料をほどこしてホッ

今が冬の剪定の時期ではあるが疲れてしまい続きはこの次に・・・・・
今年こそ去年よりブルーベリーに期待していたのに何たること!ああ、

”嘆き給うな!これからの手入れに励めよ”これは自分を叱咤激励するワタシ。
[PR]
by ba-basan | 2009-02-05 16:39

三寒四温

今日は朝から晴れ渡り春の陽気である。
c0060919_17414100.jpg




三日前の風の冷たさが今朝は”水ぬるむ”の感じになった。

今はあまり聞かれないようだが昔は冬の季節に
春の気配を感じる頃、しきりに”三寒四温”といったものだ。

”三日寒くて四日暖かい”これを繰り返しながら春になる・・・・・
あの頃は今より、もっともっと寒くて春を待ち焦がれたものだ。

今日は道行く人も多く軽装が目立つ。
近くのお宮で初寅祭が催され花火の威勢よい音が聞こえる。
ああ、なんて、平和でのどかでしょう、しみじみと心に沁みる。

先日、田舎で凍った雪の落下を免れた幸運を思えば
少々、寒い、きつい、ビンボーなどなどもってのほか・・・
文句いえないワ。
c0060919_17432453.jpg


生きていればこそ、この美しい青空を仰ぎ見ることもできる。
今、茜色に染まり行く夕空を眺める幸せを・・・
そしてこれからの夢をイッパイみることも・・・・
その夢の実現も可能に!!
[PR]
by ba-basan | 2009-02-02 16:18