「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

花、木 次々と・・・

いつもの畑の端っこに馬酔木に花が沢山付いた。
ナント、今まで全く知らずにいたのだ。
毎日この辺りをウロウロしている筈なのに・・・
恥ずかしながら、これまで木々に余り関心がなかったせい?
c0060919_1583794.jpg



畑仕事に夢中になった今は樹木から草花に至るまで全ての植物は
興味の対象になった。

昨年末に産直市で試しに若松の枝そして先月、紅梅白梅の枝ものを
出品した経験から・・・・これも大きな理由の一つ。

よく見れば、かりんの木もあり・・いつの頃のか定かでない。
グミの木、これはこどもが小さかった頃競って食べていたな~
椿、紫陽花、どこからか蔓が這って来てからまり成長の邪魔をしていた?

先日、蔓と格闘して取り除いたらやっと姿を現した木々たちよ!スマン!
これからは手入れに励みま~す。
(かくいう私少々げんきんでしょうか?)
[PR]
by ba-basan | 2009-03-22 14:55

裏の畑で・・・♪

三月十九日
先日の続きをするべく朝、農園へ・・・・・
天気予報では夕方から雨とか、なるべく早くと、高速を走る。

山の中ゆえ幾つものトンネルを抜ける。
途中、標識に”出口雨!スリップ注意”あらまあ、もう雨?気をつけてよ!と私。
それにしても出口は明るく見える。、狐の嫁入りかしらん?だがしかし
出口は雨どころか、よい天気。

トンネルを抜けるごとにこの会話、いったいどうなってるの?

無事メデタク我が農園に到着。
早速家の裏手の畑の整備よろしく先日耕運機をかけた場所をきれいにならしていく。

今年はここをオクラ畑に、(これは息子が担当)人参は私が隣に・・・・
どうせなら自分の好きなものを作りたいので・・・

日中は初夏を思わせるように暑い。
満開の白梅、小梅の花びらが時折風にあおられて、はらはらと散り行く。


ああ、やっぱり日本の田舎はいいなあ~絵になるわ!
いつもながらの感想でアリマス。
c0060919_1537286.jpg

[PR]
by ba-basan | 2009-03-21 15:35

土筆によせて・・・・

昨日の夕食に一年ぶりにつくしが登場。
三日前に田舎の畑の隅っこで見つけた少しばかりの土筆だ。
c0060919_2152852.jpg

毎年まだ寒さの残る春浅き頃、畑の同じ場所に突如現れる。
あら!つくし!いつものように、いそいそと土筆摘み・・・・

それを昨日、ハカマをとって薄い味付けの卵とじにしたのだった。
待ち焦がれていた春の訪れを味わいながら・・・(これは、序の口)

あと何日かすれば、上の畑に沢山の土筆がお目見え、
そして、山菜、桜、と続きやがて春本番を迎える。

先日、長年の親友Gさんからメールが届いた。
お天気の一日を呉の近くの島へご夫婦でドライブを楽しみ
その折、土筆を沢山摘んで夕餉の食卓を飾ったとか・・・・

文面から穏やかな青い海とご夫婦の土筆摘む光景と、そして
喜びが、こちらまで伝わってくるようだ。

このところ土手で何やら行ったり来たりウロウロする人々を見かけるが、
これは土筆を摘む人だったのか・・・・今頃気づくとは、とほほほ・・


この嬉しい大地の恵み、しばらくは楽しめそうだ。
[PR]
by ba-basan | 2009-03-18 15:14 | 自然

早春の一日を・・・・

珍しく晴れ渡り明るい光が眩いばかり・・・
早春の日差しを浴びて今日こそ
思いっきり農作業を、と張り切っていたのだが・・・
c0060919_1734388.jpg

途中寄り道したら、田舎には、お昼前到着。

昼食後、日中は暑いほどになって、例によって気持ちがダラケテきた。
久しぶりに近くの図書館に行き本を借りる.  さてこれから、・・・・

折角のお天気、こんな時は遊ぼう。日曜日であるし・・・(毎日が日曜日のワタシ)
我が農園に割りに近いところに秋ごろ産直市が出来る予定?、まあ、下見にでも。
すでにある道の駅に立ち寄る。

たまには仕事抜きで遊ぶことも必要だわ。そうだそうだと自分で納得。

と、こんなことだから昨日は農作業はお休み。
来週から頑張ります!!

畑に今年も咲いたクロッカス、裏の畑の白梅、そして椿たちよ!
c0060919_17392745.jpg

眩い光の中で最高に美しい!!
[PR]
by ba-basan | 2009-03-16 15:32

今、花たちは・・・・

冬枯れでまったく花のない時期から
ようやく今、花の季節を迎えようとしている。

田舎の我が家は広島に比べて、ずいぶん遅い
春の訪れであるが、・・・そのぶん春の喜びは
ひとしおである。
c0060919_15303692.jpg


”キャ~!椿が咲いた!”チトおおげさに聞こえるが・・・
庭や畑のあちこちにある椿はそれぞれに開花の順序も違い
花の色も違う。
蕾の時期が長く、開花したら意外と短いが、まあそれだから余計美しい。

昨年、椿の横のボケの木が薄桃色の花を咲かせて目を楽しませてくれたが
そのまま、にしていたら、蔓に絡まれ、こりゃ~もうだめか?
先日、蔓を刈ったら、どんどん新芽が出てきてヤレヤレ
c0060919_15332052.jpg


やっぱり、手をかけねばいけませぬ。教訓その①
そういえば・・・椿もやたら混み合って葉の虫食いやら変色やら・・・
庭の椿は一本、雪の重みで上部が折れてしまった。
これからは剪定して風通しをよくせよ。教訓その2。

今のシーズン、草花の種を蒔いたり苗を植えつけたりと
ますます忙しくなりそうだ。乞う!ご期待。(ちょっと自信ありませんが・・・・)
[PR]
by ba-basan | 2009-03-14 15:25

春は、そこまで・・・

日、一日と春らしく・・・・と、なるはずだが、
田舎の春は,行きつ戻りつ、のんびりしている。

昨日はこの前の続きを、と、農園に・・・・
小高い丘の白梅は、ほぼ満開に近い。
c0060919_14512562.jpg


若い梅の木々は二日前より急に咲きだした。

なかでも細い梅は蕾が小さくてまだ堅いようだ。
これは小梅と、思う。(これはカリカリ漬けがよいのよね~)

梅の種類によって咲き方が様々であることを初めて知った。

吹く風はまだ冷たいが植物の営みは自然の意のままに動き始めた。

”こうしちゃ~おれぬ!”とばかり、この前の続きを・・・
はて、どれからだっけ?” ”ナヌ、のん気な~”自問自答しつつ・・・

先ず種ジャガを二つに切り灰をつける。
c0060919_14535343.jpg
堆肥と肥料の入った畑の畝を打ち50センチ間隔に種芋を植えていく。

種類は”きたあかり”と"シンシヤ”この日は時間切れで男爵芋はこの次ということに・・・
(初登場の芋たち、どんなのかしら?期待をこめて・・・)

心配だったニンニクが以外に成績良く草には負けぬ様子でホッ

青梗菜や水菜は規則正しく小さいながら花が咲き始め、
仕方なく自家用に・・・菜の花として食す。
まあ、柔らかくて甘みあり緑、濃くて美味なり。

今度こそ種まきを早めにと反省する。

ふと見れば足元にツクシが四、五本いつもまにか生えている。
小さなフキの葉も見えるワ


まだ肌寒いというのに、やっぱり、もう春ですね、春ですね~♪
c0060919_14523014.jpg

[PR]
by ba-basan | 2009-03-12 15:15 | 自然

模様替え

”人には春風のように優しく
     己には、秋霜のように厳しく”

この言葉を聞いた時、ヨシこのようにせねば・・・と、
思ったものだ・・・・・だがしかし・・・・つい、、何事も、まあこれくらいでよか!
と、自分には春のそよ風のように甘く、こどもには、「しゃんとせんかい!」
てな調子で厳しい。
春風のそよぐ季節になって今年こそ本格的に農業に打ち込もう
そう、己に厳しくをモットーに・・・

春播き、植え付けの為、久しぶりに娘も一緒に農園で
それぞれに準備をする。

三人いればいつもよりはかどるのが嬉しい。
裏の小高い畑にハーブの一画を娘が作り、
レモングラス、イタリアンパセリなどなど植え付け・・・
c0060919_17314227.jpg
その下の畑はジャガイモの畝たてを息子が・・・カタカタ(耕運機)がうなりをあげ

再度の雪の下から、やっと覘いた貧相なタマネギ、サニーレタスに肥料やり・・・
(この調子じゃあどうなるか?心優しきババは懸命に手入れをする)
まあ、期待薄し・・・・・(涙)
c0060919_17274589.jpg

広島では,紅梅、白梅が満開で見事であるが我が農園の梅は
ようやく蕾が開き始め今の状態が一番好きだ。

今年は啓蟄を迎えてもまだ虫が見えず、農作業には
もっとも楽な時だ。
c0060919_17283043.jpg

まだまだこれから広い場所の模様替えに忙しくなりそうだ。
[PR]
by ba-basan | 2009-03-10 14:49 | 楽しい農園ライフ

ひな祭りの一日

雛の月、三月というのに朝から雪が降り続く。

約束通り、呉に住む親友Gさんのお宅を訪問する。
途中で一緒に訪ねるNさんとばったり会ってびっくり。
縁とは不思議なもの、呉駅前で偶然会えるなんて!
c0060919_1721299.jpg

久しぶりにサンババが集合、その後は積もる話に花が咲き
ご馳走と茶菓のおもてなしで、それはそれは盛り上がり・・・・
見かけはババに違いないが心はまさに高校生!
c0060919_17504384.jpg

進歩がない?  それぞれに、ここまで山越え谷を渡り泣き笑いの
人生があったはず・・・・・

呉では珍しい雪景色、私が子供の頃は一年に一度積雪があれば
みんな大はしゃぎで運動場で雪合戦に興じたものだった。

この日は天からの贈り物の雪まで歓迎してくれるとは・・・・・

G邸のお庭の雪がおいとまする頃には殆ど解けて山茶花の赤い花が
見え隠れして美しい。
c0060919_1733712.jpg

帰途につく時は、足をかばってババ歩きに戻るが・・・・
またの再会を楽しみに気分は晴れ晴れ・・・・
バンザイ!   サンババ健在なり !    
[PR]
by ba-basan | 2009-03-04 17:01

今、安野駅は・・・・

昨日の二月二十八日(土曜日)お昼前に農園へ向かう。

お天気もよく暖かい。
毎年この頃から途中、回り道して訪れるここ、安野駅は今?

可部線が廃線になって久しいが今は”花の駅”として生まれ変わろうとしている。
廃線以来、過疎化に拍車がかかり町全体沈没状態だったが・・・・・
c0060919_16211620.jpg


あれから、安野地域の人々のたゆまぬ努力の甲斐あって
”花の駅”として蘇りつつある。

今や知る人ぞ知る美しい花々が出迎える憩いの場所に・・・

きれいに手入れの行届いた駅(元、駅)は、ただいま桃の花が満開で鮮やかな色が
目を見張るほどだ。
これからレンギョウ、梅、桜と続く筈。

その年に依って順番が左右されるので私が最初に出あった時は
全てが同時の満開で可部線の中は大歓声!
汽車の窓から身を乗り出して眺めた光景は忘れられない。

静かな”花の駅”を後にしながら感無量、だがここでババらしく発想の転換を・・・・
c0060919_162697.jpg


折角なら、広場にベンチやテーブルなどがあるので
お弁当(お花弁当、お花団子、)お汁粉、などなど用意する。
できればこの時期だけの産直市場を・・・・

急に商売気ずいたこの私。
”花より団子”になりませんよう・・・
[PR]
by ba-basan | 2009-03-01 16:21