「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

よく、はかどったわ!

暑すぎた日が、ようやく爽やかな季節を取り戻して
やっと元気回復になった、このババ。
c0060919_21171634.jpg

今からは農業に気を入れて頑張るぞ!気合だ!!
と、まあ、こんな調子で、田舎に泊まった朝はいつもより早起きして
朝の7時から1時間を畑で過ごす。
c0060919_15203819.jpg

今の季節、朝から晴れ渡り新緑の美しいこと!
22日、春風の心地よさを感じながら朝食前のサニーレタスの草取りは
面白いほどはかどり、時折鶯の鳴声に耳を傾けながら・・・・・
そして朝食後の一時間も畑仕事。

午後昼間は暑さしのぎに家の中で家事、休憩と・・・・
3時のお茶の後は、延び延びになっていたミニキャロットの種まきだ。

昨年、サラダ用のミニ人参ピッコロが良く出来たので、
味をしめて今年もと・・・・(種のブランドはことなるが。)
まあ、ようするにハマッタのです。

実はこの種、昨年買ったもので蒔きそびれたので発芽率は悪い?
そこをババの根性で成功させたいと一生懸命なのです。
c0060919_15293361.jpg

翌23日はジャガイモとタマネギの草取り。
ブルーベリーにいつの間にかカワイイ白い花が咲いていた。
ゴメン忘れていた・・・・遅まきながら、手入れおば・・・

この果てしなく広がる青空の下、大地に親しむ幸せを
しみじみ有難いと思う。
[PR]
by ba-basan | 2009-04-24 15:19 | 楽しい農園ライフ

夏来る?

昨日(四月十九日)、農園には日帰りなので
早く出かければよかったのに、つい、寄り道してしまい
ちょうど正午ごろ、ようやく到着。

途中、山沿いを走りながら車窓から眺める景色は、
二日前よりすっかり変わり、萌え立つ新緑が目に眩しい。
c0060919_2263889.jpg

突然、そめいよしのが葉桜に・・・そして八重桜の豪華さ!
時折、山の木々の間に清楚な藤の花も見えて・・・・

運転できぬ私はまるで花めぐりツアーの気分で大いに楽しんだ。

それにしても今日の暑さよ!このところ過労で熱でもあるのかしらん。
言っちゃ~なんですが、がんばりやのババは
裏山で山菜取り、畑では、またもや草とり・・・・・

ジャガイモは嬉しいことに芽が出て二日でだいぶ伸びたし
タマネギも小さいながら頑張っておる。

母屋の裏の畑のスナップエンドウも芽が出たら急に生長しはじめた。

夕方のテレビのニュースが全国の暑さを報じている。
まあ、ナント、我が農園のあるこの町が全国一の暑さ、30.3度!
暑い筈、真夏日だった!

広島への帰り道、道路標識では14度を指している。(夜の10時ごろ。)
この日中と夜の温度差、植物たちには良いけれどこのババ、すっかり、疲れましたワ。
[PR]
by ba-basan | 2009-04-20 15:39

エンドウの花が咲き・・・・

なんだか落ち着きのない日々のうち、いつの間にか
農園のエンドウに花が咲いていた。
一番大きく育っている”おおさや、エンドウ”の花は遠目にも
目立つ赤と紫のスイトピーに、似ている。
c0060919_1824881.jpg


去年の初夏、初めて産直市場にグリンピースとスナップエンドウ,2パックずつ、
それに野蕗少々を携えて、まあ産直デビューってとこです。

いずれも売れ行き良好で気をよくして、今年は種類と量を増やすべく
初めて植えた”おおさやエンドウ、絹さや、それに、
昨年と同じくグリンピース,スナップエンドウ。

昨年の秋に蒔いた種は少し延びたところで冬の霜、雪に合い
風雪にじっと耐えて、今、目覚しい成長を遂げている。

春先、苗から植えた、豆は小さくてヒョロットしているが小さい白い花が咲いている。

ナルホド、人も困難に耐えた方が強くなれるワイ、と妙に納得。

昨年同様、いや、それ以上にどうか良い実が沢山採れますように・・・・
さて“二匹目のどじょう”が釣れるかどうか?楽しみなところデス。
[PR]
by ba-basan | 2009-04-17 18:13

故郷の日々

人は、歳を重ねるごとに、故郷が懐かしく恋しさがつのるようだ。

大阪から義姉が今年も、一人、杖を片手に、はるばる、田舎の我が家に・・・

裏山の桜も満開で最高の花見時で姉をおおいに喜ばせた。
c0060919_21294241.jpg


不思議なことに9日から帰りの13日の間一度の通り雨以外
連日素晴らしい快晴でまさに春たけなわと言ったところ、
”やっぱり晴れ女ですね~”

豊かな自然に囲まれて義姉は幸せいっぱい、
朝の散歩は欠かさず、そして、そのあと庭でコーヒーを楽しみ
しばし静かに読書を・・・・・
c0060919_21365081.jpg

ああ、いいな~これこそ理想的だわ~姉の後姿を眺めながら、思う。

賑やかで楽しい日々は早くも過ぎて・・・・・
帰りの日、「もう、ここに来れるのは最後かしらね」と、姉。
「ナナ、ナヌそんなこと誰にもわかりませぬ。なんということを・・・・情けない」と私。

姉曰く「デモね、夜お布団から起き上がるのがたいへんだったし
玄関の上がりかまちで二度も転び・・・」
姉と私、ああだ、こうだと、丁々発止(笑)

そばで黙って聞いていた息子曰く
「これはベッドと玄関の手すりの問題でしょ。この次はちゃんと用意しておきます」
姉「まあ、それならまた来れますね」あの~ちょっと単純ですね~
私「是非、是非、いつでもどうぞ。紅葉の頃はいかが・・・」
という訳で一件落着でした。

姉と駅で別れた翌日久しぶりの雨、
曇ったり寒かったりの天候不順の日々、しばらく休んでいた畑が気にかかりだした。
[PR]
by ba-basan | 2009-04-16 21:29

桜を見に行く

一年ぶりの義姉の来訪で
折角のお花見時なので近場の桜見物をと・・・・
12日の日曜日、昼下がり、
抜けるような青空のもと、みんなで山を縫うように奥へ奥へと・・・・。

何年か前までは細い道だったそうだが、
今では道路も広く気持ちよく車は走る。
c0060919_17211381.jpg

目的地、今では廃校になった"猪山中学校”の枝垂桜である。
同じ町の小さな学校だったが我々は全く知らずにいた。
最近初めて耳にして期待もせずに行ったのだが
初めて目にして驚いた。
これはなんと!
聞きしに勝る素晴らしさ!!
我々一同と、いっても4人はこの見事な桜に歓声を上げる。
c0060919_1715816.jpg


この静かな山の懐に抱かれて小さな校舎で成長していった中学生、
それをこの何本かの桜の木が見守っていたのか・・・・
残された校舎、錆びた鉄棒、そしてこの見事な桜の老木よ!
c0060919_17194115.jpg

息を呑むほどに余りにも美しい桜を見上げていたら
ふと、涙がこみあげて・・・・・

義姉にとって故郷で初めて見る、猪山の桜、これは何よりのプレゼントになった。
[PR]
by ba-basan | 2009-04-14 17:15 |

ああ、新しき門出

お昼前、何気なくベランダから外を眺めていたら
親子二人連れ立って仲良く楽しげに歩く後姿が通り過ぎてゆく。
どちらも弾むような軽快な足取りで・・・

若きお母様らしき人は正装で、子供さんは制服姿で・・・・

そういえば今日は小学生の入学式であろう。
今や満開の桜の下を潜り抜け新しい校庭で入学式に臨んだに違いない。

なんといっても入学式は桜が一番合う。
今日は朝から青空が広がり爛漫の春である。
どうかどうか全ての子供たちに祝福あれ!と祈らずにいらrない。

遠いそのむかし、この私も新一年生の入学式がありました。
”五番町小学校、一年、黄組”
大勢の子供と父兄たち。
校庭の木々の下で木漏れ日の中を少々緊張してしゃがんで
何やら拾っていたような、・・・・もしかして・・桜の花びら?

そのときの光景が時折甦り懐かしさがこみ上げる。

”サイタ   サイタ   サクラガサイタ” 国語の教科書の一番最初のページ。
   (私たちの一年下から教科書が変わった筈である)
c0060919_197493.jpg

昨日は探し物にてまどったというのに遠い昔のこととなると記憶が鮮明となり・・・・
これは年をとった証拠なんですって。
[PR]
by ba-basan | 2009-04-06 21:17

桜の季節

先週は”寒の戻り”の言葉通り
猛烈な寒さと春雷、春雨から霙、春の嵐。
そして昨日はしとしと雨が続いて花冷えだった。

一夜明けて今朝は明るい日差しが降り注ぐ快晴!

今年は例年になく田舎の桜は開花が早かった。

いつもなら広島の、お花見が済んで田舎のお花見と
二度のお花見に得した気分だったのに・・・・ブツブツ

この寒さのおかげで早い開花が足踏み状態となって
満開に近い桜がしばらくは楽しめそうだ。

今日は日曜日、久しぶりに、ここ広島に戻って来たが
こんな日こそ花を愛で長閑な日をすごしたいのだが・・・・

現実は厳しい!
溜まっていた家事に追われ、お花見どころじゃあ~ありませぬ。

田舎での昨日、雨上がりの日暮れ時、裏山の桜が幻想的だった。

c0060919_15305267.jpg

”さくら~さくら~霞か、雲~か~♪”
子供の頃歌った懐かしい歌が・・・・ホントこの情景ぴったりでしたワ。
[PR]
by ba-basan | 2009-04-05 15:27 |