「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ああ、我が激動の日々・・・・

今日のお昼前、買い物途中、
なんと、久しぶりに明るい青空を見た。
近くの家の夾竹桃の花が手を広げたような
のびやかな枝に濃いピンクの花が空の青さに映えている。

ああ、今年も夾竹桃の季節が・・・

先週から、ずっと大雨続きで、九州から西日本、関東にまで
被害、甚大であった。

其の頃、我が家の近くの方の突然の別れ。あんなに穏やかでよい人が・・・

それから、同じ頃、学生時代からの親友の病気を手紙で知った。
いつも元気で明るく尊敬すべき優等生の彼女。

落ち込んでしょんぼりしているところに追い討ちをかけるが如く
あのすさまじい豪雨で田舎の我が家の・・・・、壁の一部が二度にわたり落ちてしまった!

この雨では田んぼも畑もどうなることやら?

昨日まで当たり前と思ってきたことが、今、にして思えばなんと幸せだったことか・・・・


c0060919_14112864.jpg

日暮れ時、雨上がりに畑に出ればキュウリが二本ぶら下がり
インゲンだっておいしそうに・・・、
c0060919_13584161.jpg


そう!このうっとうしい雨だっていつかは上がる。
きっと明るい日差しを仰ぐことだってできる!

泣くな!  ばぁばよ!

    
     今日の青空を仰ぎ見ながら ”今日、この今の幸せ”を感謝したいと思う。
[PR]
by ba-basan | 2009-07-30 17:09

パン作り、今昔

昨日の豪雨から一夜明けると雨が上がりうす曇、
朝からムシムシと、蒸し暑い。

先日のテレビ番組をフト思い出した。
エコばやりの昨今。
c0060919_2202322.jpg

数人の男性(団塊の世代らしき)が小麦の刈り取りからパンが出来上がるまで
と、いった番組であった。

皆、初めての体験らしく見ていて微笑ましい。

刈り取った小麦の穂を槌で叩いてはずして、唐箕でその小麦とゴミをよりわける
c0060919_20581913.jpg

それを石臼でひいて小麦粉にする。それから”ふるい”にかけて、きれいな小麦粉の出来上がり!
次に小麦粉をよくこねてイースト菌で二度膨らして形成しオーブンで焼いて完成!
簡単に記せばこうなります。
その間、笑いあり涙ありの皆さん、大奮闘!そして完成、メデタシメデタシ!
本当に楽しい番組であった。
c0060919_22132247.jpg

これで思い出すのは、戦後間もない頃、今でいう中一の私。
ある夏の暑い日、学校で刈り取られて乾燥した小麦一束が配給になった。
そのころ家には学校、仕事で誰もいない。(たいていの家は、そうであった)
丁度お昼前なので自分でその小麦でパンを作ることに・・・・

上記のように小麦を空き瓶で叩き麦粒になったら石臼ならぬ
手回し粉引き機(鉛筆削りのデッカイ、やつ!)で粉にする。粒の皮つきのまま・今でいう"全粒?”
水でこねて膨らしこ(炭酸かも?)を入れてパン焼き器に流しコードにスイッチon!
やっと昼食にありつけたワタシ。
その時代は粉引き器、パンやき器はどこの家庭にもあった気がする。

上記の男性方は一日をかけて懸命に努力され、喜びの笑顔がさわやかだった。

翻ってワタシのあの頃、いつも飢えと隣り合わせだった。
今にして思えばあのパン作りはよい体験かも知れないが・・・・
c0060919_222161.jpg

ああ、平和っていいな~

暑い夏が来ればつい、あの頃に思いを馳せる。

写真は我が農園で小麦を栽培したときのものです。
(桜尾ガルテン~加計土居農園~
2004年5月~6月撮影)
←クリックすると当時の栽培記録です。

※2番目の写真は、うちにある唐箕(とうみ)です。
クリックすると「昔の道具体験記」の頁に飛びます。

[PR]
by ba-basan | 2009-07-22 15:35

中国地方に大雨・・・・

昨日の大雨、洪水警報に引き続き
本日も予報どおり、朝から激しい雨、時折雷鳴が聞こえる。
このあたりは午前中が特にひどく、横殴りの激しい大雨。

ガラス戸越しに時々、外の様子を見れば・・・・
さすがに、人通りはなく、閑散としている。

テレビのニュース、お天気番組に釘付け・・・・
お隣の山口県、島根県が被害が多いようだ。
被害にあわれた方のことを思へば心が痛む。

わが農園の田舎の様子は案じられるが、大雨、洪水警報、
がけ崩れ注意報がでていることぐらいしか分からず・・・・
様子を見に田舎に戻った息子から連絡もなく心配なり。

昨日、今日と広島で過ごすババは心配しても今は、ただ、
じっと我慢の子でいるしかない。

今日の予報で、この大雨は夕方まで、とあり、全く予報どおり、
さきほどから小雨に変わり薄日も射している。
c0060919_2002519.jpg



雨の前に慌て摘んだブラックベリーは少々酸っぱかったが
でも正解だった。雨に弱いブラックベリーはきっとこの大雨で
駄目になっていたことだろう。

雨の好きな紫陽花は生き生きとして色鮮やかになっているに違いない。
c0060919_2014474.jpg

夜、息子より、連絡があり、ホッ

息子が写したというパソコンの画面で田舎の様子を見ることができた。
普段の穏やかな、そして水量の少ない川の流れが、今や揚子江の流れの如く
溢れんばかりに滔々と流れ行くではないか!!
どうか被害がでませんように、とただ祈るばかりである。

息子のブログです→「新鮮な野菜と暮らす」
[PR]
by ba-basan | 2009-07-21 18:00

今だ梅雨本番

東京帰りのお客さまの「東京は梅雨が明けまして大層暑いです」の
言葉が信じられぬぐらいこちらは連日の雨、雨!
しかも昨夜から激しい雷雨で睡眠不足だ。

まあ、有難いことに丁度三連休、と、言っても毎日が日曜日のババは関係ないか。

天気予報を信じて昨日は大雨の前にと、小雨の中、
傘を片手に畑の見回りをしたり・・・・・

降り続く雨のせいか草の繁殖は驚くほどだ。折角ぬいても三日ともたない。ああ、

カボスの木がある休耕田に今年初めてカボチャを植えた。
久しぶりに覗いて見れば一面草に覆われ”コレ、何ぞや?カボチャはいずこに?”
よくよく見れば所々に黄色い花が見える
c0060919_21333750.jpg



♪ 雨がやんだら~♪ 歌ってる場合じゃないっす!
そう、雨がやんだら、蔓の剪定して・・・・そうしたら、きっと実が成るだろう。
戦中戦後の食糧難を救ってくれたカボチャは草には負けぬぞ!

そぼ降る雨の中でひときわ緑鮮やかな青じそ、
傘を片手に一枚、ずつ摘み取ってゆく。
c0060919_21301867.jpg

最近蒔いた夏大根は雨のお陰で生長が早い。

こうしてみるとこの雨に助けられた野菜たちも多い。
降り続く雨にブツブツ文句言わずに、この梅雨空のもと
”singing  in the  rain~♪”を歌いながら心も軽く・・・といきませう。
(その昔 ”雨に歌えば”というアメリカ、ミュージカル映画の主題歌)古すぎ?
[PR]
by ba-basan | 2009-07-20 17:18

ミニトマト

我が家の裏の畑のパラグライダーこと、
トマトの雨よけの中は、今か今かと待ち構えたように
次々とミニトマトが色づき始めた。

昨年のこのごろは待望のミニトマトは
ある日突然、大雨にあい、あっという間に全部枯れてしまった。

この苦い経験から、今年はがらりと場所を代えて今の所に・・・
そして早めに、大きな雨よけをした。
c0060919_16303075.jpg

”失敗は成功の母である”ホント、その通り!

ここは日当たり抜群、斜面である為水はけもよく、風通しがよすぎる。
時々風にのってパラグライダーが飛んでいきそうな程デス。

雨よけであるから回りは殆どパーパーに開いているので陽は十分はいる。
c0060919_16334254.jpg


梅雨の晴れ間の明るい日差しを浴びてミニトマト、アイコは順調に生長
いや、それ以上に育ちチト大きい。   ミディイトマトぐらい?

売れ残りで大安売りだったデルモンテの方も思いのほかよく育ち

あのヒョロヒョロの、吹けば飛びそうな苗が逞しくなって
次々実が成りだした。試食してみたら思いのほか甘くて美味しいホッ

”残りものには福がある”でしたっけ。

今年が無事、成功すれば次は大きいトメイト~に挑戦!!
c0060919_16354244.jpg
鬼が笑いますよ。
[PR]
by ba-basan | 2009-07-17 16:30

そうめん瓜

うっとうしい梅雨の最中、時折晴れ間がのぞくとホットする。
今の間にと、下の農園へ急いで行って見れば、
私のいぬまにアーチ状の糸瓜だなに遠目にもわかる
そうめん瓜がぶらさがり思わず笑ってしまった。
c0060919_1723931.jpg



息子からハウスの残りの鉄骨で組み立てたものとは聞いていたが
間に合ってよかった。
このうだるような暑さが野菜たちにとって生長の源らしく
つるものは地を這う如く四方八方延びて・・・・

今からはアーチに登ってくれたらグリーンのカーテンになって涼しくなるし
そうめん瓜まで出来る。フフ

傍のゴーヤもだいぶ延びてきたし隣の冬瓜も初めて小さな実が付いた。
ヘチマだって負けてはいない。ヒョロヒョロと登りつつあり。

今年こそ念願の緑のカーテンの下の小道を歩きたい。
そうめん瓜、ヘチマに冬瓜、そしてゴーヤがぶらさがり・・・・・
c0060919_1743668.jpg


”一人寂しくしずしずと歩くババ”こりや~ロマンチックではありませぬ。

突然ですが・・・今日そうめん瓜の試食をしてみたら
なんと!美味しかったこと!
シャキシャキ感がクセになりそう。
以前は茹で過ぎてベチャベチャしてあまり美味しいとはいえなかったが・・・・・

ついでにここでレシピを・・・・・胡麻酢あえ、サラダ、酢の物その他いろいろ。
どうぞお試しあれ!
[PR]
by ba-basan | 2009-07-16 17:02

ブラックベリー

今年も、近くの滝(深山峡)で行われるお祭りが近づいた。

この滝はあの、十数年前の大雨で土砂災害の猛烈な被害にあい、
滝までの川に沿った歩道は落ちてきた岩石に塞がれ、
周囲の山や木々は目茶目茶になった。

復興まで十年の歳月がかかり確か五年ほど前にようやく念願のお祭りが
再開され人々に明るさがもどった。
c0060919_16524668.jpg


以前のような自然の中の幽玄な雰囲気はないけれど
新しく生まれ変わったような明るい観光地を思わせる修復は
あれだけの災害から甦ったのだから、有難いと思わねば・・・・・

その時イベントとして神楽、踊りあり、売店食堂と賑わった。
わが農園で出来たブラックベリーがまだ珍しく
喜び勇んで摘み取り二カップを売店に・・・・・

アッというまに売り切れ・・・注文もあり・・・・
今、考えると、ホントまだベリーの類は殆ど輸入品に頼り
ブルーベリーの実物は少なかったわ。

今年の我が家のブラックベリーは昨年以上に実が成っているが・・・・・
そしてブルーベリーも実が増えているけれど・・・
どちらもまだ色付いていない。
c0060919_16543628.jpg


カンカン照りから突然の梅雨空へと移り今日の昼下がり
やっと、久しぶりの明るい日差しが嬉しい。

きっとべりーと、トメイト~は宝石の色のように輝き
夏野菜は生き生きと生長してくれる夏本番を迎えるはずだ。
[PR]
by ba-basan | 2009-07-12 16:52

今の間に・・・・

今年は空梅雨かと案じていたが・・・・
毎日本格的な梅雨らしく降ったり止んだり
しかも突然の豪雨に見舞われてハラハラさせられる。

明日は雨になりそうな・・・・そんな二日前、
家の前の掘りそびれたじゃがいもを急いで掘ることにする。

シンシアは先日よりずっと生長していて大きい。
キタアカリは前の時より少しばかり大きくなった?
c0060919_16103464.jpg


シンシアは大きいぶん数が少ないが初めてにしたら上出来と
またもや自画自賛!どちらも花は咲かなかったが関係ないようだ。

茄子に初めて実が成った。
どうも毎年茄子は上手くできないが何とか初なりを見た。
最初は小さいうちに採れ!とあり、慌てて収穫する。

ミニトマト”アイコ”は実が沢山付いたが下から順番に赤く熟れていく。
今年は上手く出来ているがミニにしてはチト大きい。
食べるときは二つに切らねば・・・・
胡瓜は今や産直に出回っているが、我が家はやっと小さいのが見える。
c0060919_16123639.jpg


県南部が旬ならわが農園の北部は、まだ”はしり”と言ったところだ。
まあ、それだから野菜の時期が長くなってよいのよね~と
思うことにしましょうか

さあ、これからゴーヤ、いんげん、へちま、かぼちゃ、そうめん瓜と
つるものが活動する。

梅雨の晴れ間に支柱立てたり忙しくなりそうだが生長が面白い野菜のなかまたちだ。
[PR]
by ba-basan | 2009-07-10 16:10

トマトの雨よけ

降り続いた雨も上がり、久しぶりに三人で農作業だ。

今年は裏の小高い畑にトマトが植えてある。
この場所はトマトにとって初めての場所なので多分良く出来そうな予感あり。
c0060919_15314882.jpg


三日降り続いた前日、農園からの電話でトマトの雨よけのことは知っていたが・・・
下から見たらナント!でっかい!まるで落下傘みたいだ。
♪ましろき、ば~ら~の~はな~もよう~みよ、落下傘そらをゆ~く・・・・・♪

つい、この唄が口をついて出る。これは戦時中の唄で小学生の私たちは明るく軽快な
リズムに、好んで歌っていたものだ。
長じて今の私。♪真白き,薔薇の花模様~,見よ!落下傘、空を行く・・・♪このように
書いてみれば、あの戦時下でこのような美しい詩だったとは・・・・

さて、雨よけにもどり・・・・近寄れば時折吹く風でビニールの屋根が膨らんで
飛んでいきそうになる。
今の子どもたちには”ワオ~!パラグライダーみたい”と喜ばれるでしょうね。
c0060919_15333195.jpg


この雨よけ、ハウスの残りの利用でこんな巨大になったけど
お陰で三日間降り続いた雨にもマケズ、風にもマケズ?
ミニトマト”アイコ”とデルモントのトマトはスクスク生長しておりますデス。
[PR]
by ba-basan | 2009-07-05 15:31

梅ジャムを作る

あれほど毎日、日照り続きで畑はひび割れんばかりの状態。
そして各地で水不足が深刻に・・・・

ババは午前十時になればクラクラして家の中へダッシュ!

それがなんと一昨日からの雨。
いったん降り出したら、コレデモカ!コレデモカ!と今日に至るまで降り続き
大雨警報まで出る有様。

雨じゃあ畑仕事は無理と私は広島の家で待機中だ。
c0060919_15594671.jpg




昨日は雨の日ならではのジャム作りをした。

田舎でもいだ梅の実、傷がついたりよく熟したのを冷蔵庫に保管していたので
チャンス到来とばかり梅ジャム作りを始める。
ほぼ一キロの梅なので量は少ないが我が家では丁度よしとする。

雨降りのお陰でのんびりとジャム作りに専念できた。
これがお天気だったら・・・・
ミニ人参の追肥を、実山椒の収穫を、 草取りを、次々と追いまくられ・・・・・

畑の中をよろけながら行ったり来たりと、ああ、

この雨は自分自身にとっても恵みの雨だった。      雨に感謝!!
[PR]
by ba-basan | 2009-07-01 15:47