「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

産直にがんばっています!

連日の残暑の折・・・益々の忙しさは?
考えてみれば、産直市場への準備に追われる日々。

これまでは、ひたすら農作業は野菜を上手に作りたいと
懸命であった。立派なのができたら大喜び、人様に配り喜んで
もらえたら、もう満足だった。
c0060919_18244455.jpg


それが、まあ、ひょんなことから産直へ参加。
今は、すっかり、ハマッテしまいこの状態である。
c0060919_18295240.jpg
家に割りに近いこの市場は広島県人なら誰でも参加できる
と、範囲も広くなって今やこの登録人口が増えている。

廣島の農産物の自給率は20パーセントを切りそうな
限りなくビリに近いという。ここは、何とかせねば・・・・俄然燃えるババ!
参加者は見るからにプロに程遠い”若葉マーク農民”が目立つようになった。
近頃はみな切磋琢磨・・・・競争が激しくボヤボヤしておれませんワ。

キュウリの旬はドーンとキュウリの山。なす、トマトしかり。
ここはアイディアで勝負とばかり、珍しいものもあって面白く、楽しいのだ。

我が家のオクラとミニトマトが猛烈にがんばったが、さてこの次は?
c0060919_18343628.jpg

大根、ミニキャロット、ピッコロ。サトイモ、
落花生、サツマイモ、これは草の中・・・ああ、
c0060919_18353198.jpg
まあ、本日の成績は早くも完売に近い。よって気を取り直して頑張りませう!!
[PR]
by ba-basan | 2009-09-27 15:53

またもや、この暑さ!

”暑さ、寒さは彼岸まで”と言って
懸命にこの暑さを辛抱してきたが
先日の心地よい秋風はいずこへ・・・・・

昨日は田舎で31度の真夏の暑さだった。

夏野菜もそろそろ終わりかと、一抹の寂しさを感じていたが・・・

あれほど毎日ワンサととれていたオクラが生長が緩やかに、
そして期待以上の成績のミニトマトも色付きが遅くなった。
ゴーヤは少ししかできなかったが、これも枯れ始めた。

それなのに、ああ、それなのに(歌の文句じゃないけれど)
昨日の暑さで、猛然とミニトマトが赤く輝きはじめた!
ミニトマトアイコもまだ次々と・・・
遅く植えたデルモンテ、その後の売れ残りの投売りで買った苗、
思いがけず今頃になって甘くて美味しいトマト(ミディとまと?)の
豊作となって期待していないぶん嬉しい。
c0060919_18452170.jpg


今の季節、変化が激しくて、のんびりしてはいられない。
ここんとこ野菜に振り回されている。

ではでは、まずは秋ジャガイモの植え付け、小松菜の種まき、ミニキャロット、
そして大根の間引き・・・(明日からの仕事。忘れぬように記しておく)

収穫の秋というけれどむしろ種まきと植え付けが忙しいが・・・

今、しばらくは躍動感に満ち満ちた植物と過ごせる日々・・・・
この一番美しい季節を存分に楽しみたく思う。
そして大地の贈り物に感謝を!
[PR]
by ba-basan | 2009-09-25 15:52

お彼岸のころは・・・

このところ、真夏のような暑さと書いたばかり
昨日は久しぶりの雨だった。

たいした雨にもならず、まあ、おしめり程度か・・・・・
雨上がりの夕方は、畑の野菜たちは、
みな生き生きして見える。ああ、ものみな美し・・・・・

とくに大根は、最初のが早い発芽から間引いて二本にしたのが
あれよあれよと言う間に成長目覚しくババは、追いつくのが大変!
c0060919_15201382.jpg



次に蒔いたのが早や双葉になった。

夏大根は失敗だったが・・・・

裏の畑に蒔いたインゲンはもう薄紫の花が付き収穫もできるようになっうた。
蔓ありインゲンは急に支柱に登り始め驚くばかり・・・

世界で一番食されているそうなインゲン豆、
我が家でも、煮物、付け合せ、胡麻和えなどなど毎日食卓に上る。


それにしても、作りすぎじゃ~ないのブツブツ・・・(息子よ!)
プロでなくても作りやすいし成長過程が面白く手間もかからぬ。
でもでも収穫が大変だ~(これウレシイ悲鳴?)

畑の傍にいつの間にか赤い彼岸花が・・・
毎年お彼岸のころ、突然咲いていつの間にか消えていく・・・
c0060919_17475534.jpg

燃えるが如き赤き彼岸花よ!どこから来てどこへいくのか?
私の好きな花の一つでもある。
[PR]
by ba-basan | 2009-09-23 15:07

今、田んぼでは・・・・

昔から言われていた”二百十日(九月一日)二百二十日(九月十日)も
無事済んで今はほっとしている。
米つくりで一番心配なのは、この時期の台風であろう。

今年の台風は当地を避けて通過が殆どであった。

梅雨の時期が長くまるで夏が無いような日照不足で、
これまた心配ではあったがこのところ、反動のごとく
毎日、日中の暑いこと!残暑きびしくバテテおりますです。

だがしかし・・・この猛烈なカンカン照りこそ稲にとって嬉しいこと!

「どうも我が家の稲はまだ黄金色じゃ~ないね。
もっともっと色付いてほしいワ」ブツブツ・・・・
輝くような黄金の波をいつも夢見る我々。

おかげで稲穂はだいぶ頭が垂れてきたし・・・
c0060919_1532268.jpg


田んぼのあちこちでクモの巣やカマキリ、そして赤とんぼを見かける
ようになった。
これ等は益虫である。
稲をむしばむカメムシほか、害虫を退治してくれるのだ。

田植えの頃、オタマジャクシにはじまり蛙,豊年えび・・・・と続き・・・

と、まあ、こうしてみると小学生の”楽しい理科の時間”みたいでしょ。
このババも今頃になって色々勉強になってま~す。ツイ小学生気分になって・・・・
勉強はいくつになっても遅いことはないっす。(声を大にしたい!)
c0060919_15342142.jpg

[PR]
by ba-basan | 2009-09-21 15:27

忙しい収穫

昨年の初夏、グリンピースとスナップエンドウの
小、二パックずつを携えて堂々の産直デビューから
今やインゲン、ミニトマト、オクラその他いろいろ、
少しずつではあるがほとんど毎日のように
出品するまでになった。ほほ・・またもや自画自賛!

今おもえば初日はスナップエンドウは大きすぎてダメ!
グリンピースは立派で◎!(職員さんの審査?)
ホンノ僅かな野菜でのデビューは今思えば赤面の至りであるが・・・・

最近では産直行きの種類と量はドンドン増えて(調子にのって・・・増やしまくる)
其のぶん毎日の忙しさ!

思わぬことだったが収穫は手間がかかるし体もきつい。
蔓なしインゲンは地を這う如きポーズで
蔓ありは、時には伸び上がって収穫。(でもまあ、屈伸運動になりますワ)
c0060919_21565858.jpg

夕暮れ近くになって収穫を始めハサミを動かしながら
時折秋風に吹かれ夕空に見とれ・・・・
静かな畑を秋の虫の鳴き声が響き渡る

これはババの至福の時

”♪・・・・谷間に灯ともし頃~いつも夢に見るは~
     懐かしき我が家の灯~ふるさとのわ~がいえ~♪ ”
若き日の愛唱歌”谷間の灯火”を口ずさみながらの収穫だ。

なにごとも楽しくやりませう。
[PR]
by ba-basan | 2009-09-20 16:06

初秋のたより

九月の初めころと思うが、
あ~る日突然♪と、まあ、歌の文句じゃないけれど
私の愛用、のパソコンが動かなくなってしまった。

そういえば近頃パソコンの立ちがりが悪くなってはいたが・・・・
ついに・・・・壊れた?

戦後、まだ貧しかった時代、ラジオ全盛のころ。

いずこもラジオの故障はしょっちゅうで、突然、止まってしまう。
これは近所のお宅でのこと。”また聞こえないよ”と子供が言えば
ラジオを叩いてごらん”とお父さん。ポンポン・・・・
急にラジオはしゃべりだす。
”こちらNHK.....”

ふと、あの頃を思い出し・・・・まさかパソコンを叩くわけにはいかず・・・
結局、これは持ち主に似てもうポンコツなんだ!
潔く諦めるしかなか!

今、我が家に一台となったパソコンを三人で共有と相成った次第。

おりしも我が家は農繁期の真っ只中、
野菜の収穫。種まき、苗の植え付け、追肥など等・・・・・そして産直市場へと。
間をぬって来客あり・・・・ばばは、てんてこ舞いの忙しさ~♪

昨日は久しぶりに農園のサトイモ畑に専念できた。
周囲を見回す余裕すらなかったが・・・ナント!コスモスが青空に揺れている。
昨年よりずいぶん増えて色鮮やかで美しいこと!

ああ、一服の清涼剤だわ!!

c0060919_21542613.jpg

[PR]
by ba-basan | 2009-09-19 17:39

お米に想いを・・・

このところ九月とは思えぬ厳しい残暑が続く。
しかも雨が殆ど降らず・・・

だがしかし、我が家のお米は遅い出穂だったが、このカンカン照りの
お陰で生長、著しい。ホッ
c0060919_1528321.jpg

いつものように車窓から眺める田園風景は・・・
早や稲刈りを終えて”はで干し”の田があるかと思えば
未だ青々とした田んぼも見られる。

中でもだいぶ色づいて頭を垂れている田が多くなった。

これはお米の品種と田植えの時期でこのような差が見られるようだ。

実はこのワタシ、これまでの五回の米作りの経験が良い勉強になった。

失敗作は”あきたこまち”
田植えが済んでとホッとする間もなく穂が出て花が咲いて
アレヨアレヨという間に稲刈りへ・・・
その間、田んぼに水を入れたり抜いたり・・・まあ、忙しいこと!(これ息子の仕事)

案の定、収穫量も少なかった(充分生長できず)
後で調べてみればこれは早稲の”あきたこまち”であった。

”あきたこまち”は大体寒い、標高の高い土地に合うそうで、こちらの暑さじゃ~無理だった。
これは一例に過ぎぬがいい勉強になりました。いや、なり過ぎた?

思うに、この瑞穂の国の我々、太古より脈々と受け継がれた米作りはできる限り続けたい。
そして米作りはプロでなくてもそれなりにできる。多くの人たちにぜひとも挑戦してもらいたいものだ。

ここで具体例おば・・・

第一、稲は連作がきく。余程のことが無い限り途中で枯れたりしないし
動物の心配もない?
(まさか猿、イノシシ、あなぐま、カラスなどなど狙ったりしない)

我が家は来月は待望の稲刈、どうか台風が来ませんように・・・・
そして豊作でありますように・・・・欲を言えば美味しいお米がとれますように。
[PR]
by ba-basan | 2009-09-04 15:28