「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ああ、山帰来

寒い、暖かいと言っている間に、自然の営みは
確実に動いている。
晩秋ともなれば、植物は、木々も花々も
今やそれぞれに実を付けている。

我が家の庭にも草にまぎれて小さな可愛い赤、黒、茶、紫の
実を見ることが出来る。

今年は珍しく早めにリースの材料を集めねばと思い
先ずは、小高い裏山に上り蔓を捜してくる。
家の前の藤棚の蔓は残念ながら、早く剪定していたので
少ししかなかった。
でもまあ、葛、や名も知らぬつるでガマン。
c0060919_1543843.jpg




さて、次は飾りを探そう。
石垣に見えるのは”山帰来”
これはつる性の植物で私の子どもの頃、疎開先の田舎の
山道で沢山見ることができた。

我々はこれを”かたらの葉”と呼んでいた。
青葉の季節、緑色に艶々輝く葉っぱをみんな喜んで摘み
これで”柏餅”をつくってもらう。

我々世代は戦中戦後を食糧難で育ったので、
山帰来イクオール柏餅となる。
今、この葉は紅葉し赤い実をつけてリースを飾ろうとしているが・・・
c0060919_15451934.jpg


恥ずかしながら、この私、この植物が、紅葉、
そして赤い実までできるとは、ついぞ知らなかった。
私のなかでは、いつも、あの柏餅、柏団子?
今でも、柏餅は大好物でありマス。
[PR]
by ba-basan | 2009-11-27 15:43

やっと大根干し

このところ、お天気が定まらぬ毎日ゆえ
c0060919_14121149.jpg

全てが予想通りとはいかないので
まずは、今、出来ることから始めるべし!

23日は連休の終わりの日、だが、遊んでる場合じゃない
とばかり、三人で、気に掛かっていた夏大根の
残り全部を抜き、洗って次々と干していく。

裏の畑の、トマトの雨よけのパラシュート、ハウスの
鉄骨を利用、これに干していく。
廃物利用はなんといっても安上がりで大いに助かる。

昨年の沢庵は失敗だったので今年は先ずは、少量にする。
夏大根は残念ながら裂け目が出来たのが多かった。
見た目はカッコワルイし硬そうだ。
c0060919_14135120.jpg


果たして上手くいきますやら・・・・
皮は少々硬くても中は柔らかくてきれい。

人で言うならば”見た目は悪いが心ねは美しい”
昔はそれを良しとした。今は"見た目”が大事とか?

アレ話が横道にそれたわ
そう、大根のことでした。
今年は大根の干し方を梯子状に横にして干す。

寒空に大根が風に吹かれて・・・・・の筈が、
翌日が大雨に、本日、突然に晴れ渡りポカポカ陽気に。
初段階からこれじゃ~思いやられマス。
[PR]
by ba-basan | 2009-11-25 15:21

寒さがだんだんひどくなる~♪

冒頭の”寒さがだんだんひどくなる~♪”とつい歌ってしまったワタクシ。
そう、”おうちがだんだん遠くなる~♪”子どもの頃のあの歌、
寒さがことのほか苦手のババは、替え歌が口をついて・・・

昨日の21日、今日こそ農園で、じゃんじゃん頑張ろう!
農園に到着したら、ナント雨上がりの畑はグッショリ濡れて
続きの芋掘りどころではありませぬ。

仕方なく家の掃除をして様子待ちを・・・・・
家の前の畑の、大根、ミニ人参、裏の畑のインゲン、ミニトマト、
c0060919_14385123.jpg

これらの収穫だ。
大根は二日も見ないと一段と太くなっている。
人参は間引きの足りなかったところは小さく豚のしっぽみたいだ。
「ああ、もったいない」と間引かなかったので大きくなれなかった。

これは野菜全てにいえることと反省しきり・・・

つるなしインゲンはもうおしまい、
蔓ありの方はまだ暫くはできそうだが寒さで生長が鈍くなった。
c0060919_14405066.jpg


夏大根は、まだ畑に残っているが産直市場には無理?
沢庵漬け、切干大根に良いかも・・・・・
寒さに弱いババは、頑張って明日こそ、大根抜いて、干してっと・・・
今度こそ、美味しい沢庵漬けに挑戦!ここに誓いマス。

田舎で寒風の中、軒下に干された大根の白さが眩しい。
これぞ日本の冬景色!チョット気が早い?
[PR]
by ba-basan | 2009-11-22 16:03

晩秋の日に・・・

つい先日、あれほどまでに色鮮やかな木々の
紅葉をめで、しばらくは、近場の紅葉狩りを
楽しめると期待していたが・・・・

あれから、二日後天候は下り坂となり
今や、我が家の四方を望む山々は、早くも
茶褐色の冬枯れとなった。

晩秋というよりも冬の到来みたいで
天気の良い昼間の暖かさは夕方、突然寒さに襲われる。

畑の夏、秋野菜の後始末を・・・・そして冬の準備を・・・
気持ちだけ、あせっても、このところトント、スローモーのババ。
できる範囲をと、いんげんやミニ人参の収穫をば。

畑をぐるっとまわるだけでも気持ちが良い。
c0060919_14233458.jpg


祇園坊柿は、ついに一個もとれなかったなあ、
ブルーベリーも実が少なかった、まあ、今年はいずこも同じ。

柿の葉やブルーベリーは今、紅葉が美しい!
来年こそ、どちらもよく実りますようにと念じつつ・・・・

自然の癒しはすごい!
寒さでガタガタ震えながらブツブツ文句言わないで
四季に恵まれたこの地の良さと、楽しみを見つけながら
百姓ばんざい!!といきましょう。
[PR]
by ba-basan | 2009-11-20 16:46

紅葉狩へ・・・・・

十一月十二日、お天気もよく、風もなく暖かい。

夏とは違い今は日中でも気持ちよく
農作業ができるようになった。

さて、昼食後の、のんべんだらりをやめて、
この、よき季節の間は、農作業に打ち込もうと
皆で午後は早めに農園へ・・・・・

珍しく三人揃って、青梗菜、小松菜の間引き、
お次は、続きのサトイモ堀り、そして、サツマイモを一畝ばかり
を掘っていく。昼間だから虫も出ない。
マルチをしていたのでマルマルと太りすぎのイモが出てきた”わ~うれしい!!”

のびをして遠くに目をやれば美しき山々の紅葉が・・・・
本日の作業はハイ、これまでよ!とばかり
いざ!紅葉狩りとしゃれこんだ我々。
いつもながら遊びには積極的であります。
c0060919_10583483.jpg


近くの温井ダムへ・・・・
午後の日差しの中の湖水の青、周囲を取り巻く木々の美しさ!
今や見ごろの彩の錦の見事さ!

そして、次の地、”深山峡”静かな峡谷はただ滝の音がするばかり・・・
何度か訪れたが紅葉の時期は始めてだ。
紅と黄色が鮮やかで美しい!

次に、たずねたのは"井仁の棚田”
c0060919_112082.jpg

ここは”棚田”百選に選ばれ四季折々観光の人も多いそうだ。
我々の車は曲がりくねった山道を上り展望台へ・・・・
いつしか陽は傾き夕日に映える行儀よく並んだ棚田は
息をのむ見事さであるが、これを作った先人のご苦労、
今、維持している方々に思いを馳せるとき
心より敬意を表したいと思う。

思いがけず素晴らしい一日であった。
秋の贈り物に感謝を!!
[PR]
by ba-basan | 2009-11-13 17:33

さらば!夏の野菜たちよ!

今、農園を見まわせば・・・・

夏の間、活躍した野菜たちの姿はほとんど見えず
野菜の収穫後の枯れ果てて汚い茶色の葉っぱや蔓が残され
て、みすぼらしい光景が目立つようになった。

振り返ってみれば・・・・・夏を彩る野菜たち
キュウリ、に始まりミニトマト、オクラ、いんげん、青しそ、南瓜、
夏大根、冬瓜、そうめん瓜、ゴーや茄子、ピーマンなどなど・・・・

この中で最もよく出来たのはオクラ、ミニトマト、いんげん、
これ等はいずれも甲乙付け難い、まあ、言ってみれば
産直の稼ぎ頭ってとこでしょうね。

もちろん失敗もあり・・・・・
草にまみれた南瓜、坊ちゃん南瓜。味は大変美味しかったけど
収穫時、草と一緒に刈ってしまい傷がついた。
夏大根、根の部分が割れてしまった。本に依れば窒素分が多かった。
ピーマンは赤一本、青二本の筈の苗、出来たら全部が赤だった。これは◎

家の前の畑に今、このピーマンが赤く艶やか実をつけている。
茄子は小さい秋茄子があちこちに見える。
今日の雨が上がったら急いで撤去したい。

この夏を反省材料として目前に迫った冬にこそ来年に備えて
計画を立てたいと思う。と、神妙なワタクシ。
[PR]
by ba-basan | 2009-11-10 16:00

芋掘り

先日のこと、NHKの”野菜の時間”を見ていたら、
サツマイモは霜の降りる前までに掘るようにということだった。

そういえば我が家のサツマイモは試し堀りをしただけだったワ
ソレッとばかり急にあわてるババ

七日の秋晴れの下、先ずサトイモ、それからサツマイモ堀り・・・
調子にのって落花生を・・・・・
c0060919_2059034.jpg


サトイモの早稲はイモの部分ひげ根が沢山延びていた。
もっと早く掘るべきだったと反省!
他のサトイモは期待以上の大きなイモでヤレヤレ!
肥料もあまり与えず土寄せも殆ど出来なかったのに・・・・

さて、サツマイモは?
このジャングルと化した畑では筋イモでも仕方ないと
恐る恐る掘ってみれば、紅色も鮮やかなイモ、イモ、
きゃ~嬉しい!!チトおおげさ?
c0060919_2102649.jpg


調子に乗って落花生まで一株引き抜いてみれば小さい実が
着いている。これはもう少し待った方がよかよ。

いつのまにか陽が傾き突然草むらから、虫の襲撃。
一目散に畑を後にする。

イモたちよ!そして落花生よ!
この環境によく耐えて生長してくれました!!と
褒めてやりたいぐらいであります。

続きの芋掘りはまた後日のお楽しみとしよう。
[PR]
by ba-basan | 2009-11-09 15:11

冬は突然に・・・

十一月の声を聞いた途端、いきなり冬、到来!
今年はいつまでも暖かく夜は寒いとはいえ
まだまだ爽やかな秋を喜んでいた。

ところが、ところが!”あ~る日、突然♪”寒さでぶるぶる
幸いにもババは広島にいた。
ああ、田舎は雪?
夜、農園から帰ってきた息子は、この寒さの中
まだ畑でそのままだったサトイモ堀と冬大根の収穫だったとか・・・

雪に見舞われることなく、予想以上にサトイモは大きく
冬大根は初物でこちらも予想以上の出来だった。ホッ

十月の終わりに農園のオクラは全て引き抜いてトラクターで
きれいにしていてよかった!

小高い畑のミニトマトは落下傘(もどき)の下だからと、そのままだったが
急いで片付けねば・・・

秋茄子、赤ピーマンも・・・・そしてゴーヤまでも。

冬を前にして、まあ、忙しいこと!
いつもながら、まだ実がついている、勿体ないといっては農作業が
遅れてしまった。
プロはサッサと片付けて次の作業にとりかかる。
頭では解っているのだが・・・・未練たらしい?ケチ?
今度こそ改めマス。
c0060919_1634177.jpg


僅か五日ぐらい前、田舎の小学校の青空にそびえる
秋色に染まった木々に目を奪われたものだが・・・果たして今は?
[PR]
by ba-basan | 2009-11-04 16:34

秋深し・・・・・・

深まりゆく秋の木々は日を追って濃く染まり
赤と黄色が青空に殊更映えている。
c0060919_14495113.jpg



今年の紅葉は天候に恵まれたせいか、この調子でいけば
きっと美しいに違いない。
我が田舎では昼間は汗ばむ陽気、夜はすでに
電気敷毛布が必要になった。

この寒暖の差こそ、紅葉の源だ。
木の葉のみならず、花々の鮮やかさ、
そして野菜お米の濃い味と甘味に関係するそうだ。

さて、紅葉狩りばかりに気をとられてはいけませぬ。

先日蒔いた小松菜の双葉が出て一回目の間引きを始めねば・・・・・


ロケットは小さな芽が出始めた。どちらも初めての菜っ葉だ。

小松菜は江戸っ子、この地方にあうか?
作りやすく、どんな土地にでも心配なさそうで・・・・
c0060919_1451162.jpg



ロケットはハーブの仲間、ルッコラともいう。

いつもバジルと呼んでいるハーブ。
テレビでイタリアンのシェフがバジリコといってらしたワ
このように呼び名が違うだけみたい
このロケット、写真で見ると大根葉そっくりなんですよ。

ババの畑仕事で楽しみなのは、新しいもの、珍しいもの、好きなもの等など
自分好みで、できること・・・

さて、この間引きはしゃがんで、うつむいてするので
足腰がきつく見た目ののんびりどころじゃ~ありません。
さて、さて、いかがなりますやら・・・・・
[PR]
by ba-basan | 2009-11-01 16:58