「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雨の日なのに・・・・・

6月27日の昨日は前日の雨に続いてまたもや雨模様。

朝は小降りで、まあ、たいしたことはないワと皆で農園に向かった。
農園に近づくにつれて雨脚激しくいつものことながら、あ~あついてないわ!
c0060919_1637316.jpg


到着後は傘を片手に畑にでれば草は益々丈高くなり繁茂、著しい。

ミニトマトのアイコがもう小さな実を着けていて元気よい。
同じ時に植えたピーマンもやはり小さい実が一つ。
どちらも順調な生長でホッ!

やっと見つけたミニトマトとキュウリの苗が出番を待っているが、・・・・
この大雨ではどうにもならず。

さて、先日、ニンニクの収穫後、家の中の土間で干したままにしていたニンニクの
続きを娘とすることにした。
紐で束ねて駄屋の竿に干していく作業だが二人係ゆえ早く片付いた。
まあ、昨年よりずっと少なく三分の一位か?
その代わり玉が大きく出来がよく”量より質”といったところでアリマス。

「この雨もそのうち上がるよ」ババが断言したとたん豪雨となり・・・・
収穫もそこそこに農園を後に・・・・・

この辺りでは珍しく濃霧が立ち込め、川沿いは危なく、急遽高速を突っ走る。

やっぱり雨の日は農作業は無理みたい、昔の人は良い事言った。
    ”晴耕雨読”これに限ります。
[PR]
by ba-basan | 2010-06-29 16:27

ニンニクを収穫・・・

昨日、今日と雨続きでうっとうしい。しかも時折激しい雨が・・・・
ついに本格的な梅雨となったようで、こりゃ~農作業はお預けだわ。

今にして思えばニンニクの収穫しておいて正解だった!
先日の22日、朝から快晴、農園に到着したらいつものように
畑を見回り、ニンニク畑でよく見れば、ところどころ枯れている!

試しに1本、ちゃんと球根ができている!次は?これもOKだ。
と、言うことでして・・・次々抜いて、ついでに全部抜いてしまった。
c0060919_1658514.jpg


昨年の種球は全部、自家用のニンニクからよさそうなのを選んで植えてみたのだが
これが上手くいった。
だがしかし・・・・・量が少なかったので追加をと思ったけれど
既に市販の種球は品切れであった。

と、こんなわけで今年は貴重なるニンニクでありまする。
c0060919_22472147.jpg

追肥と土寄せはほんとうは、後2回、せめてもう1回したかったけど
遅かりし・・・・・昨年は数は多かったけど小粒であった。
それに比べれば良しとせねば・・・・・

カンカン照りを忘れて抜いたニンニクは先ず根っこのひげ根と葉を切り
むしろに広げて乾かす。・・・・・と、本日はここまでで止めておき
後日紐で結わえて日陰で干す予定。

なにぶんにもニンニクの管理は難しく、温度、風通し、が重要で我が家の場合
1年保存は難しいようだ。
今回は少ない量ゆえ、その心配はご無用か?
[PR]
by ba-basan | 2010-06-27 16:59 | 収穫

ドクダミ草

大層蒸し暑く室内で28度の温度計をうらめしく眺めた
昨日から一夜明けて、今日は曇り空。

おひる頃から急に風がでて部屋中を開け放ち網戸だけにすれば
家の中を心地よい風が吹き渡る。

ここ広島の狭い庭にドクダミ草の白い花が見える。
c0060919_17163116.jpg



近所の人が通りすがりに「このドクダミ戴けませんか?」
何人かに声をかけられもちろんどおぞ・・・・

今でもドクダミは人気があるようだ。

私がドクダミを初めて見たのは、学童疎開の時、
集団で山の中を列を組んでの登下校のとき・・・それは楽しいひとときだった。

声を張り上げ♪見よ落下傘、空を~ゆ~く♪と、こんな調子で
大合唱したり、おしゃべりに打ち興じたり・・・・

その時。薄暗い山道の木陰に可愛い白い花が群生していた
誰かがあれはドクダミよ、おできに良く効くよ・・・。
まあ、あの白い可愛い花がお薬?

よもぎを見れば誰かが、あれは血止めにきくよ・・・と教えてくれる。
あの頃は薬品不足で専ら民間療法として薬草がずいぶん重宝されていたと聞く。

時は移り物の豊かな時代になろうともこのドクダミ
変わらぬ人気に驚かされる。

この私、まだ、おできに試したことはないけれど、
この十字の純白で可憐な花は大好きな花の一つだ。

何気なく一輪活けても素朴でよい・・・・・日本ならではの和の花!
[PR]
by ba-basan | 2010-06-20 17:39

友からの贈り物は今・・・・

広島地方は入梅だそうだ。
この梅雨の晴れ間には急いで農作業をと・・・・・
17日(木)農園に向かう。
この私、近頃暑さを用心して時々広島でのんびり過ごすことが多くなった。

と、まあ、そんなことで久しぶりの農園だが、
つい最近、花しょうぶの蕾がついたと喜んでいたけど
農園到着と同時に目に飛び込んだのはあの色鮮やかな
紫色した満開の花しょうぶであった。
c0060919_1528108.jpg


まあ、今年もこの花たちに会えてよかった!
昨年の植え替え時期を逃してしまったので、オチビだが
花は大きくて美しさはひとしおだ。
ああ、日本の梅雨時によく似合う・・・雨に濡れたらもっと色濃くなるはずだが・・・

ブラックベリーもピンクの花いっぱいだったが・・・
ちょっと見ぬ間に、早や小さなイチゴみたいな実になりつつある。
例年より気温が低く今のところ虫を見ないし草も少ないようだ。
それでも梅雨の長雨が一番心配だ。でも、こればっかりはお天気まかせか。
c0060919_15251979.jpg


十代の頃からの親友Gさん、貴女に貰った花しょうぶ、ブラックベリーは
なんとか、ここまで生長しましたよ。
いつか、本物を見ていただきたいと思いつつ・・・
今日に至りました。
この花やベリーに会う度に貴女のことを、いつもいつも思い浮かべています。
今お元気でしょうか?
今何をしていますか?
再会の時を楽しみに、今、しばらくは額に汗して農繁期を乗り切らねばなりません。
楽しみはもうしばらく大切にとっておきませう!!
[PR]
by ba-basan | 2010-06-19 15:25

今年もへちまを・・・・・

ポット苗のへちまが芽を出し中には本葉と、つるが延びてきたものもある。
c0060919_11322674.jpg



昨年のへちまが大層よくできたのに気をよくして、今年もと・・・
種は昨年の実からガラガラと沢山転がりでたのでこれを使用。

最近の天候は寒さが長引いてなかなか芽が出ずヤキモキしていたが
このところの暑さで一斉に目覚めたようだ。

さて、昨年のへちまは農園の日当たりと風当たりのよい場所だったが
"雨にも負けず風にも負けず"大小さまざまなへちまがぶら下がり
このユーモラスな光景は楽しく見る人をなごませるようだ。

ところで沖縄ではナーベラーと言って小さい頃のへちまの料理があるそうで
本で見た危うい記憶をたどりつつ我流で作り食したのだが・・・・・
家では皆、少なすぎてよく味が分からんかった・・・と。

思うに、折角ここまで生長したのに早く収穫するのは勿体ない
と、”一杯のかけそば”ならぬ一本のナーベラーを小さく切って"一本のナーベラー”
他の野菜と一緒に炒めて、そして皆で分け合って食したのだった。
実はこの私も美味しかったかしら??
まあ、でっかいのはタワシになるので、食べるのは無理!

夏の風物詩であるへちま、ゴーヤ、キュウリ、冬瓜、かぼちゃ、
なにより私の植えたい植物たちで早く植えたいと、気ばかりあせる。
いずれも、手がかからず、これが好きという最大の理由かも。
[PR]
by ba-basan | 2010-06-13 15:44

コカブができた!

念願のコカブがやっとできた。
昨夜、息子が田舎から収穫してもって帰ってくれたものだ。

と、申しますのは・・・・これまで毎年のように
コカブの種まきしていたのは息子であるが、失敗続き・・・
あるときは双葉から本葉になった途端、全部虫にやられてしまった。

例年大根は出来がよく素人とは思えぬ出来(ほめすぎ?)だが
カブは大根と似て非なるものらしい。
大体カブは手入れが難しいらしく、畑に水はきらすなとか手間がかかる。

この私、最初からカブは作るつもりはまったく無し。でも時折、間引きくらいはする。
まるで執念のように種まきから収穫したとなると格別の喜びがあるらしい。

昨夜は早速酢の物で食膳に上る。(そうそう先日の間引きは浅漬けで美味しかった)

さて、本日の昼下がり・・・この暑さでバテ気味となりげんなり。
外出はや~めたっと。そこで、コカブを思い出し、やおら冷蔵庫より取り出して
冷水で洗い始めたら段々と色も鮮やかに、しおれそうな葉っぱが
生き生きしだした。
こちらまで元気を取り戻し・・・・折角だから写真をば・・・とパチリ!
c0060919_11373528.jpg


コカブの根っこは白くて柔らかい。だが葉っぱは虫食いの穴がところどころ見える。
薬品を使わないゆえ、しかたないか?と自家用とする。

消費者の立場から言えば虫食い葉っぱは敬遠されるようだから・・・
今回は少量だが次は虫の少ない時期をねらって市場にだせるぐらいにしたい。
と、これは、今留守の息子に代わって勝手なコメントであります。
[PR]
by ba-basan | 2010-06-12 16:40

ブラックベリー

ちょっと見ぬまに農園のブラックベリーに
ピンクの花が満開になって我々を迎えてくれた。
これほど見事に咲いたのを見るのは、初めてのことだ。

数年前に、この休耕田を農園にした時、
我が親友のGさんが記念にとこのベリーの小さな苗を
プレゼントして下さったものだ。

ここは、もと田んぼだったところゆえに、土は粘土質で水はけもよくない。
毎年、花が咲き、実を結び喜んだのも束の間で
梅雨の長雨で熟す前に落ちたり腐ったりでがっかりしていた。

それでも、たまに良い実が成ったと大喜びしたが
いつの間にやら鳥の餌になってしまった。

だいたいこのてのベリー類、もともと外国生まれなので
この梅雨の長い日本では無理らしい・・・・と、諦めていた。
台風では、折角大きく成長した木がぶっ倒れ
積雪でまたまた折れてしまうし・・・・・

ええい!とばかり短く剪定してそのままにしておいた。(友よ許せ!!)

あの~それがですねえ、ナント思いがけず見事な花盛り!
今年は今のところ蒸し暑さも感じないし
お蔭で虫が少ない。

この調子でいけばきっとブラックベリーは豊作か。
と、まあ、相変わらず調子のいいババでありまする。
[PR]
by ba-basan | 2010-06-11 16:46

ブルーベリーのネットかけ・・・

昨日、6月9日火曜日晴れ

久しぶりに皆、揃って田舎に帰る。こんなことは一週間ぶりである。
車窓からの風景は緑濃く青葉の季節に変わり、青空に浮かぶ雲は
入道雲に変化している。
ああ、早くも初夏となりにけり!ボヤボヤしていられないわ~ブツブツ

昼食後の昼下がり、裏山のブルーベリーを見に行くと
1番大きくなって倒れた筈の木がシャンと立っているではないか!
息子が木を起こしたそうで、見違えるほど立派に見える。
娘たちがネットをかける途中だったのでババも手伝い
これで鳥の餌にならずにすむわ・・・ほっ!
c0060919_15475914.jpg


まだ春浅き頃、ブルーベリー専門の方に剪定して頂いたお蔭で
昨年の何倍もの実がなっていてびっくり仰天!
木の高さもこの私を越してしまった。
たしかブルーベリーは低木で実」をもぐのは子どもでもたやすいはずだが・・・・

爽やかな風に身をまかせ青空を見上げれば
ホーホケキョ♪と鶯の鳴声が響き渡る。
残念ながら声はすれども姿は見えず・・・・
鶯よ!まさかこのベリーを狙っているんじゃないでしょうね。

いつかは、ここをブルーベリー園にと夢見たけれど
案外早い実現にこぎつけるかもしれない。

先ずはベリーの苦手な長い梅雨を乗り切り
鳥、狸、狐、いのしし、アナグマなどなど・・・・(動物園ではありませぬ)の
被害に遭わぬように、ご用心!
根っこの弱い木ゆえ台風にあいませんように・・

ブルーベリーの豊作を願いつつ・・・・・
[PR]
by ba-basan | 2010-06-10 17:15

産直市場へ・・・・

このところ天候不順と、やたら忙しく
産直市場から足が遠のいていたが
この三日間連続出荷でもないか?(少なすぎる?)出品している。

それは、やっとスナップエンドウが僅かながら収穫できるようになったから・・・・

二年前、我が家の野菜で初めて産直デビューは、このスナップエンドウ2パックだった。
1束の蕗と2個のエンドウが即、完売の喜びは今も鮮明である。

この時期は端境期といえども我が農園は相変わらず品不足だ。
c0060919_17112513.jpg


この問題、何とかせねばと言いつつも、何もかも遅いみたい。

今朝の産直行きはエンドウだけではドーモと昨日珍しくとれた1本のタケノコ
我が家の裏山の野蕗、ワラビ1束、山椒の実(これは嬉しいことに沢山できた)
昨日、一昨日はこれに野三つ葉少々そして青梅と小梅1袋ずつ・・・・
c0060919_17124874.jpg



今、我が畑ではオクラが芽をだしたばかり、じゃがいもは花が咲き始め・・
大根、かぶはまだ小さい・・・・・・我が農園の希望の星!スナップエンドウだけ収穫期だ。

よって、もう暫くは山の幸にがんばってもらわねば・・・・・・
c0060919_1713582.jpg


ところで私、農業してはじめて難しさ、大変さを知った。
なんたって自然を相手の仕事は天候におおいに左右される。
プロの農家さんでも「まだ1年生です」とおっしゃる。

これから暑さに向かう忙しい時期、コツコツと頑張って美味しい野菜作りに励みませう。

先程パソコンの売り上げで本日ほぼ完売に近い。ウレシイ!バンザイ!(単純なババ)
[PR]
by ba-basan | 2010-06-06 17:00

盛りだくさん

昨日の6月3日、なんと、次々と作業が目白押しだった。

幸い好天に恵まれ二人係での仕事ははかどった。我が家のエンドウ豆の花が
やっと咲いたと喜んだら早や実を結んだ。
昨年秋に蒔き損ねたので今年の春に春蒔きエンドウの種を蒔いた。

秋に蒔いたら寒い冬をじっと耐えて春には強い苗に生長する。
今年の春蒔きはあまり期待していなかったが、最近ぐんぐん逞しく生長してきた。
c0060919_17505439.jpg


そしてようやく初なりのスナップエンドウを少しばかり収穫して
塩茹でとして試食をば・・・・・
まだ小さめであるが緑鮮やかなエンドウは柔らかく美味なり!またもや自画自賛。

さてさて、お次は・・・裏の畑でポチが啼く~♪ではないっす。
裏の畑のキッチンガーデンにミニトマトアイコの苗を二本植えつけた。
c0060919_1753560.jpg

ここはこの私のガーデンとしてこのババの担当とする。
昨年、大層よくできたとこのミニトマトに味をしめた次第。あと五本は植えたいところ・・・

その隣の畑はオクラの種を蒔いていく。
ここは息子担当で昨年同様オクラ担当。
c0060919_17555573.jpg

めったに畑に来れない娘は専らハーブ担当。今、なんとかマロウがバカでっかくなってきた。

まあ、それぞれが勝手に好きなものを植えて楽しく世話をしている・・・・・と、
言えば聞こえはよいがただ今草と格闘中・・・・当分続きそうだ。
[PR]
by ba-basan | 2010-06-04 17:51