「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

渋柿から・・・・

当地、広島県は今や柿の季節、旬の真っ盛りである。
c0060919_2028401.jpg

昔から”柿が赤くなったら医者は青くなる”中には柿を
”みかん”におき変える人もあるが・・・・ともかく柿は健康に良いとか・・・

先日下の娘に我が家の渋柿少々届けたら”熟柿(この辺りでは、ずくしとも言う)は
どのようにして作るの?との質問あり。
ここでちょっと、その方法を・・・・
   渋柿をそのまま熟すまで置いておく(超、カンタンです)それから急ぐ時は米びつ(今風にライスボックス)のお米の中に入れておく。
時々触ってやわらかくなっていれば
あま~い熟柿であります。c0060919_20301481.jpg

砂糖のない時代、甘味料の乏しい時代には、甘柿は砂糖代わりに使われたと聞く。
そうそう、干し柿にしても(当地ではつるし柿)おやつとして喜んで食べていたっけ!

昔、農村では田畑で幼子に干し柿を与えて、親は仕事に精を出し
子どもは干し柿をしゃぶりながら良い子していた・・・
大人はその様子を見ながら安心して働いたという。

その昔、年輩のご婦人から聞いた微笑ましい話に
澄み渡る青空の日本の秋を思い浮かべる。
ああ、まさしく今の田舎の我が家も日本の秋!里の秋!だ♪
[PR]
by ba-basan | 2011-10-23 15:17 | 収穫

お久しぶりね♪

数日前、久しぶりに・・・一年近く、
農園を離れていたが、やっと秋風が立ち
ホントに久しぶりの農園に行った。

途中車窓から眺める景色は昨年とは変わりなく
山の木々はまだ紅葉は見られず・・・
高速道路脇の一本の木だけ眩いばかりのオレンジ色!

ああ、また秋に巡りあえたと喜びに浸る。

c0060919_20443893.jpg

さて我が家の農園は稲刈りが済み・・
c0060919_20374388.jpg

一年前のハーブがそれぞれに大きく生長している姿に驚かされる。
草も負けずに伸びており・・・c0060919_20422570.jpg
人手不足で止むをえん!

見上げれば裏山の祇園坊柿が沢山実り期待以上だった。
昨年はわずか一個成った柿をカラスに取られ収穫ゼロだったが・・・
今年は美濃柿(昨年は病気らしく葉っぱが全部枯れて収穫ゼロ)まで
沢山収穫できた。

家の前の畑では大根も双葉から本葉に生長
今年も沢山採れたオクラはもうおしまい!
この10月は収穫と種まき、苗の植え付けと最も忙しい月である。

と、言ってもこのばぁばは今回は
c0060919_20394321.jpg農業見学といったところ・・・
まあ、こどもたちはよく頑張っておるな~と、褒めておきませう。

持ち帰った祇園坊柿and美濃柿は家で熟柿(ずくし)にして
スイーツ風にスプーンで掬って食べてます♪
甘くてマンゴーみたいですよ!よろしかったらお試しを・・・
[PR]
by ba-basan | 2011-10-22 14:59 | 楽しい農園ライフ

秋晴れ

ようやく猛暑から開放されて、やれやれとほっとしたら
突然の大雨、しかも長雨と寒さで、どうなってるの?
連日の荒れた天候に振り回されていたのが信じられぬような
今回の爽やかな秋晴れの連休である。

本日”体育の日”に相応しい空模様に安堵しながらこの私、
例年なら農園にまっしぐら・・・でもでも今回はまだ自信がなく
ここ広島市の我が家でガマンしませう。

さて今日の晴れ間に冬支度、衣類を出したり布団干ししたり
ベランダ園芸と・・・貧乏性ゆえ、やたら忙しい!

グリーンカーテンのゴーヤも撤去してなんだか寂しく
その後にプランターに種まき。c0060919_11521673.jpg
大いに期待していたが
3日後に発芽して喜んだのも束の間で・・・
野良猫に荒らされて、ああ、


それでも、ばぁばのド根性で残りの新芽に夢中であります。
c0060919_11533489.jpg


レモンは小さな新芽が増えて秋の陽だまりで順調に生長!
c0060919_11535450.jpg


田舎は、いのしし、猿など動物の被害に泣くが
町では野良猫に泣かされるトホホホ
ベランダ園芸は楽?と、とんでもないっス
田舎の畑は、水遣りや日当たりの心配は無用!

農園で朝から夕日が沈むまで燦々と陽を浴びておおらかに
育ちゆく野菜たち、花、ハーブなどに思いを寄せて....
[PR]
by ba-basan | 2011-10-10 15:00 | 家庭菜園