「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

クコを植える

今年、十月の半ば・・・

爽やかな秋の一日を
妹の招きでお食事会に出席し、和やかな時を過ごした。

隣の席の親戚の男性は、植物に詳しく、我々は植物で盛り上がる。
本日の食事のメニューは中華料理のコース。いづれも大変オイシイ!!

中の一品にスープが・・・きれいなオレンジ色した、クコの実だ。
”これはクコでしょう?”まさしくクコの実だった。
”裏の山に野生化しかけたクコの木があるから持 ってきましょうか?”

それがきっかけで一昨日クコの苗を呉の姪からもらって来たのだ。
ちなみにあの男性は姪の夫。
c0060919_1811422.jpg

昨日早速息子が田舎に持ち帰りその苗を植えてくれたのだが・・・
朝は晴れていたのだが途中から雪に変わり大雪となり・・・
植え終わったときにはクコの苗にも雪降り積もり・・・ああ、
c0060919_18115939.jpg

辺りは雪景色となったと言う。
どうか苗がうまく付きますように・・・この厳寒の中で植えた息子のためにも。
c0060919_1812013.jpg

実のところ私はクコのことは全く知らず料理の中やドライフルーツの材料でしか知らず
クコの木の姿が見られるなんてまるで夢のようだ。
若葉の萌える春を思い描きつつ・・・・・
[PR]
by ba-basan | 2012-12-24 17:40 | クコ

レモンを食す・・

先日次女が中二の娘とやって来た。
手には頂き物の牡蠣を持って・・・

次女は牡蠣が苦手で、その娘は牡蠣が大好き。
ここ我が家の三人は、牡蠣が大好物で、大喜びだ。
c0060919_2048882.jpg

そうだ!牡蠣にはレモンだ!とばかり思い切って我が家の
レモンが登場する。c0060919_20482859.jpg
本日は寒いゆえ、食卓で牡蠣をみんながそれぞれに焼きながら
好みの味付けで食すことにしょう。

先ずは牡蠣をバターで焼き・・・ここで我がやのレモンを絞って食べる。
何しろ一個のレモンは薄く輪切りでチト派手に・・・
大人は塩コショー少々も・・・
いっせいにワーおいしい!!

c0060919_20491492.jpgこんどはベーコンに巻いて
クルクル焼きながらここでレモン!

翌日は殻付きの牡蠣も同じようにホットプレートで少々水をいれて
蒸し焼きにする。c0060919_20501289.jpg

ワッ!焼きあがった牡蠣の蓋をセットにしてあった軍手とナイフで開けて
口の中に・・・・オイシ!!海の香りに包まれた牡蠣の濃厚なうまみが
たまらなく美味しい!・・・ここでまたもやレモンが・・・

近頃カボス一辺倒だったが、この牡蠣の味の濃さはレモンがよく似合う。

我が一個のレモンは華々しく登場し皆を満足させてくれて嬉しい!
プロの方のレモンには及ばないが・・・・頑張ってまた作りたい。
[PR]
by ba-basan | 2012-12-18 17:15 | 料理

レモンの季節

いつの間にやら秋深く、急激に寒さがやってきた。

去年は初めてのレモンの収穫に胸躍らせて待ち望んだものだったが・・・・

あれだけ楽しみにしていたレモンの収穫が
今年もたった1個に終わった。

c0060919_14122357.jpg


今年も夏は猛暑続きでグリーンカーテンに気を取られ
ゴーヤに夢中で、カーテンの足元のレモンにまで
注意が届かず・・・・僅か1個のレモン収穫と相成った。

それでも我が愛しのレモンよ!完熟までよくぞ育ってくれました!

濃いイエローは去年より美しく形も丸い。

グリーンも浅緑から緑深く長い緑の時を経て念願の濃いイエローに完熟!

11月の終わり、毎日眺めた1個のレモンに鋏を入れて
またもや毎日眺めて楽しむ私。
そろそろ皆で試食せねば・・・・料理に飲み物に・・・乞う!ご期待を!

来年は植え替えの時だ。もう少し大きな鉢に変えて枝葉を増やし・・・
せめて片手にいっぱいのレモンの収穫をと願いつつ・・・
[PR]
by ba-basan | 2012-12-04 16:23 | 収穫

再度の挑戦!

前回、青いミニトマトのジャムを作り再度の挑戦と書いたけど
一昨日、残り少なくなったミニトマトのジャム作りを実行した。

まあ、大げさだけど、己を叱咤激励せねば、もう、や~めた!と言いかねないワタクシ。

残りの青いミニトマトは、ラタトーユにしようか、それとも・・・
結局、ジャム作りにすることに・・

今回は、前と左程変わらないけれど、

まずは青いミニトマト600グラム
今回は手元にある、きび砂糖200グラム

今回もヘタを取ったら洗って半分か4分の1にざくざく刻み
ホーロー鍋でコトコト煮込む。勿論水は入れないがトマトから
かなりの水分が出る。このときアクを取りながら・・
柔らかくなったら砂糖全部入れて煮込む。2、30分くらい?

木べらでかき混ぜながら艶が出てトロリとしてくればカボスの汁を投入!

いつも通り煮沸消毒済みの空き瓶に移し蓋をしっかり閉めて逆さに立て
やはり2,3度上下にして出来上がり!

例に依って翌朝パンに塗ったりヨーグルトにかけたりして試食する。
出来上がる直後の試食は酸味がきつかったが、ナント1日後は
すっかり味がまろやかで甘くて美味しいことよ!自画自賛お許しあれ!

振り返って言えば、青いミニトマトは無駄にせずに済んでよかった。
完熟と違って酸味が多いが好みの砂糖で味は好きにできる。
濃いグリーンは私の好みでもあり使い道も多い。

紅茶に入れてロシアンティ、甘み無しのクッキー、シリアル等などにも如何?

さて今年の我が農園のトマトは終わり来年を楽しみにとすることに・・・
[PR]
by ba-basan | 2012-12-02 17:08

3度目のジャム作り

先日、2年ぶりのジャム作りを書いたが
あれから2日後たったかしら?
残りのミニトマトで再びジャム作りに挑戦する。

今度は1人でするので少々忙しい。
前のが、甘さ控えめなので今回は甘くと・・・・・

青いミニトマト600グラムに
グラニュー糖300グラム
めんどうなので皮付きのまま半分または4分の1にザクザク切って
ボウルに入れておく。
時間がないし・・・・そこに砂糖を入れてホーロー鍋で1晩おいておく。

チト横着だった?
午後ジャム作りに専念する。
1晩おいた鍋は蓋を開けてビックリ!鍋の上までトマトの水分でいっぱい!

急いで火にかけたが煮えない上にアクがとれず・・
本のとうり、砂糖は,後に入れるべきだったワ、、、反省!
だいぶ時間がかかり・・・・根性で、懸命に木べらでかき混ぜる。
ようやくやわらかく水分が少なくなり最後にカボス汁を入れて
かき混ぜて完成ホッ!

前と同じく瓶詰めにしておいた。

翌朝パンにつけたりヨーグルトにかけたりしが
懸念していた甘さは市販のものとさほど変わらず口々にオイシイ!

ミニトマトの皮や種は全く気にならないし少々塊があったほう
良いみたい。

作るたびごとに味が変わりこれがプロと違う。
このあと再度挑戦!!
[PR]
by ba-basan | 2012-12-01 16:38