「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

花の季(とき)・・・・・

c0060919_141667.jpg


ようやく春めいて・・・と言いたいが
ここ三日、冬に逆戻りの冷え込みようである。

病み上がりで殊更寒がりの私は、またもや外出は控えめにして
買い物は極力おさえて・・・近くの店で済ます日々だ。

人ごみは避けたいからだが・・・まあ、安上がりでよいですが・・・

久しぶりに家を出ればいつの間にやらご近所の花々に出会える喜びがある。

近くのお宅の白木蓮が青空にひときわ美しく映えている。
我が家の南天ヒイラギもいつの間にか黄色の花が満開だ。

一昨日、田舎の我が家から息子が持ち帰った鮮やかな黄色のラッパ水仙。
一抱えもあるこの花は毎年楽しみにしていた春の使者の如き・・・愛しい花!!
田舎の小高い畑で春先の光を燦々と浴びて次々と増えて育ったけれど
今、この窓辺でも生き生きと満開の花は私を楽しませ、喜びをくれた。

今や各地で桜の便りが聞かれるが、テレビを横目に見つつ、暫くはこの
愛しいラッパ水仙を友として憩いの時を過ごしたい。
[PR]
by ba-basan | 2013-03-26 17:18

まあ!しいたけが・・・・・

c0060919_1472536.jpg


ようやく春の訪れと喜んだのも束の間で
あれから黄砂、春の嵐が各地で吹き荒れました。

お宅では被害はありませんでしたか?

いつぞやは貴女が昨年大病なさりようやく普段の生活に戻り
また、お目にかかりましょう。と、お便りくださいましたね。
折り返し・・・もうすぐ貴女の好きな花の季節に、ぜひ是非
会いましょう。楽しみにしています!

先日我が家のシイタケ三枚を息子が田舎から持って帰りました。
小さいけれど見るからにきれいな原木シイタケです。
それから三日後、今度はもっと大きめで、これぞシイタケのナンバーワン!!

c0060919_20595780.jpg


このシイタケこそ、たしか五年前に貴女の畑にお邪魔して
シイタケ菌を植えてあった原木三本頂いたものです。

田舎の我が家の環境が適しているからと家の裏に立てかけておいたのです。
ところが,傍を流れる湧き水は涸れ、しかもそのころから猛暑が続き
シイタケは生長過程で腐ったり・・・あなたに申し訳ないと思いつつ・・
去年はジャンボシイタケ出現!!しかも一個それでも喜んだのです。

それがナント!!先日は思いがけず見事な!立派な!!原木シイタケの出現で
我が家みんなで大喜びで貴女に感謝しながら嬉しく賞味したのです。
勿論バター焼き、網焼きも食べるのがもったいないほどの美味しさでした。

丁度私は風邪が治りようやく食欲もでたところで、急に元気百倍でしたよ!!

とりあえず本日は嬉しくてご報告までといたしましょう!
もう一度有難うございました。
[PR]
by ba-basan | 2013-03-20 17:13

早やつくしの季節が・・・

今日は明るい日差しが眩いばかりだが
外はまだ冷たい風が吹き・・・

昨日、一昨日と薄暗く刺すような真冬の冷たさだった。
その厳寒の中、みぞれが降る時に息子は
広島の我が家に帰ってきた。

まだ小さいけどと見せてくれたつくしは初物である。

こんな寒いときでもつくしは土から忘れずに出てくるとは・・・
自然のサイクルに驚きすら覚える。

つくしには数々の思い出があり、初めてつくしを見て喜んで摘んだ熊野の旧道、
姉はリュックサックに大切な食糧の芋を背負い私と二人で山菜採りに
打ち興じ楽しく呉までの4時間を二人仲良く楽しく歩いたあの頃・・・

あれから時は流れ・・・田舎の我が家のお客様、つくし採りに夢中でいらした
あの方々が懐かしく、思い出される。

今はつくしは食糧ではあるけれどつくし摘みは風物詩、
お料理では季節を味わうものとも思える。

我が家の”はしり”のつくしは僅か6本!
ようやく春、まだ寒いけれど爛漫の春は近い!
[PR]
by ba-basan | 2013-03-03 16:41