<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

もう一度あの歌を!

歳とるごとに過ぎし日の懐かしさが甦る。

何かにつけ思い出に歌が・・・

あの”谷間のともし火”は何しろ戦後まもなく流行り
ラジオ、映画でよく耳にしたものだった。
アメリカの民謡的?なのどかなメロデェイは今はなつかしさを覚える。

我々世代はたいてい聞いた記憶があろうが
若い人たちは多分ご存知ないと思う。

ここに自分のためにもしたためておきたい。
何しろ古い記憶なので題名も定かでなく・・・
”谷間のともし火”で探し出した。
実は”峠の我が家”が題名かと思い違いをしていたのだが・・・

   谷間のともし火

 ♪ 黄昏に我が家の灯  窓に映りし時
  我が子帰る日祈る  老いし母の姿

  谷間に灯ともし頃  いつも夢にみるは
  あの灯あの窓恋し故郷の我が家(いえ)

  谷間灯ともし頃   いつも夢にみるは
  懐かしき母の待つ  ふるさとの我が家(いえ)♪
[PR]
by ba-basan | 2013-04-30 14:51

谷間のともしび♪

暑いくらいの昨日から今日は冬の寒さが逆戻り
行きつ戻りつ・・・まるでわが人生の如く・・・

本日もやがて夕方五時というのに日ごとに日脚が延びて
昼間の明るさで夕日が輝いている。

畑での作業中ふと辺りを見回せば、春浅き頃,
黄昏に包まれてふと口をついて出る歌は
”谷間のともしび♪”だ。
   ♪黄昏の我が家の灯  窓にうつりし時~♪にはじまり・・・
これはアメリカの歌でありたしかビングクロスビーが歌ったと記憶するが・・・
茜色に染まり行く空、山並みを見上げ涙ぐみそうなときもあった。

海に近い街で生まれ育った私だけれど愛しい故郷への思いは
遥かなる国の人々も変わりはないと知る。
今日はここ広島で・・・

田舎の我が家は今、この風で若葉をなびかせているだろうか・・・
[PR]
by ba-basan | 2013-04-26 17:21

農繁期に突入まじか・・・・

一昨日(四月十八日)
このところ目まぐるしいほどの気候の変化に
身体がついていけるかしら?と思いながら
幸いお天気がよく農園日和だとばかり田舎に向かった。

先日の農園行きから一週間あまりしか経っていないのに
道中の眺めは驚くほどの変化が見える。

若葉が萌える薄緑が美しく、山桜も見えず寂しいが
代わって色濃いい八重桜が道路沿いに今を盛りに派手で
豪華で目を見張るばかりであった。

山すその藤の薄紫が誠に美しい!

恥ずかしながら草ぼうぼうの農園もチューリップ、ムスカリ、スイセンなど等
少ないけれど咲いていて嬉しく心躍る。

裏の小高い山裾のブルーベリーは花の蕾がふくらんできた。
急に生長したかに見える・・・だが草も負けずに増えて・・・ガッカリ
まあ、少しでも草取りをするが本日は是にて・・・

この私小高い山によじ登れば先ずは山菜採りとなり
アッ!わらびが!・・・つくしが!・・・フキが!
となって根性で山菜採りに夢中、畑の草取り、家の掃除が
すっかりお留守になっていた次第、ああ~

農繁期に向けて頑張らねば・・・またもや反省!
[PR]
by ba-basan | 2013-04-20 15:54

久しぶりに農園へ・・・・

三日前・・・本当に久しぶりの農園行きである。
c0060919_15125779.jpg

珍しく快晴!かねて息子より今年の花は特別色がきれいだから・・・・と
この私に見せたいらしく言う。
すっかり長引いた風邪は治ったものの出不精になっていた。

まあ、ものは試しとばかり思い切ってみんなで我が農園に向かう。

ああ、今年も桜は見れなかったと諦めていたが・・・
当日は暖かく春真っ盛り!

道中車窓から眺める景色は山々も春らしく様変わりである。

連翹の眩いばかりの黄色!道路沿いの桜は半ば散ってはいるが
それもまた風情がある。
山に見える山桜は数も増えて日本画のごとく美しく今が見ごろだ。
c0060919_15125333.jpg

さて、我が農園は先日蒔いたというラディツシュ、サマーレタスが芽を出していた。
裏の小高い畑にはブルーベリーに小さな蕾らしきものが沢山見えて・・・
今年はとうとう剪定も怠り肥料もやらず・・・・スマン!

高台の桜は時折吹く強風にあおられて桜吹雪を見せてくれて感動!
c0060919_15125874.jpg


桜の散り際の美しさ!ああ、思い切ってここまで来れてよかった!!
c0060919_15125550.jpg


畑の中、そして丘の桜の木までへっぴり腰でよじ登ったりしたが
ナント!あの足の痛さを忘れていたとは・・・・
[PR]
by ba-basan | 2013-04-12 15:09 |

クコ・・・・・今の様子

昨年の十二月に田舎の我が家の畑に
クコの苗を植えた。

呉市にお住まいの親戚のTさんより株分していただいた苗である。
本当は小高い山裾に植える予定ではあったけど・・・
春から夏に猛烈な草の勢いに負けそうな気がして
母屋からでも目の届く畑に植えてきたと息子の弁。

温暖な呉市の気候と我が田舎の冬の寒さを思うとき
クコには果たしてどちらに軍配があがるか?

苗を植えた昨年の十二月、その日は植え終わった途端、早速雪に覆われたが
雪解けには元気な生長振りで安堵!

c0060919_20554674.jpg


あれからあまり雪は降らず大小,二本の苗のどちらも芽吹きの時を迎えて
あちこちに小さな芽が見える。
野生化しつつあるクコの苗と聞いていたが、それゆえに強く逞しい木と見える。

c0060919_20572334.jpg


薬膳料理につき物のクコだが”眼にいいそうですよ”と教わったことがある。
どうかこのまま順調に生長して、あのオレンジ色のカワユイ実を早く見たい・・・
早く食べたい!あの~私って欲張りでしょうか?
[PR]
by ba-basan | 2013-04-01 15:41