「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

体験農業

そもそも私が農業が好きな訳は・・・子どもの頃に遡る。

小六の時,戦時色強く、田舎に学童疎開をして・・・・
勉強どころか麦刈りに始まり田植えのあとはしばし
様子を見て、梅雨の暑い時に私は家族の疎開先の
縁故疎開にかわった。
家族と住めるとは夢のような喜びであった。

空き家だった親戚の家で賑やかで楽しい暮らしが始まる。

近くに私の大叔母なる人が、居て毎日世話をしてくれた。

我々は初めての田舎暮らしで何もかも珍しく
大叔母の指導よろしく子どもたちは懸命に頑張った。

六年生の私は一番仕事が多く、下の妹たちより頑張っていた。
豆を植えるとき大叔母が棒で穴をあけそこに豆を3粒ずつ入れていく、

サツマイモを植えたりソバを蒔いたり麦踏みしたり・・・・
植物の生長に目をみはり嬉しくてたまらなかった。

勿論肥料はこえ汲みから畑に施すところまで私の仕事であった。

中でも一番うれしかったのはソバの花が咲き畑一面が白、白
茎は紅色で見事なコントラストは今でも脳裏にやき付いている。

私の農業の原点はあの時であった。

今では農業体験があるけど小さい頃の体験は必要と考える。

本日、昼前買物に出てみればまだかぜは冷たいけれど
近所のお宅の白木蓮が見事に満開!青空に映える白き花!
大好きな花の一つである。
[PR]
by ba-basan | 2015-03-28 15:33

看板に偽りあり?

考えてみれば”ばぁばさんの農園だより”は
いつの間にやら10年位になるかしら?

このところ農園は息子に任せてばぁばはここ広島にいる。

ゆえに農園便りならぬ雑談風になってしまった。

あれだけ好きな農園も年には克てず往復のことを思えば
二の足を踏むようになった。
家の傍に畑があればよかった!

可部線の時はゆったりすわれて体が楽であった。

さて、文句言っても始まらない。

雑談風になるけれど私が伝えたいこと、まあ、楽しいばぁばの
”今昔物語”を始めましょう♪

そうそう、一昨日息子が田舎から持ち帰った椿の花!
濃い真紅の蕾が一つ落ちてしまい、
その花を私はすぐに小さな、確かジェリーの空き容器に浮かべ
しばし見とれていた。
まるで薔薇の花のように・・・・花びらが八重になっている。

今日は予報どおり真冬の寒さだが田舎は雪が積もっているとか。

寒暖の差の激しい所の花は色が濃く、深みがあって美しい!

これからが田舎は農繁期に突入!
[PR]
by ba-basan | 2015-03-24 16:48

春来る!

降り続いた雨が昨日午後、やっと晴れ上がり
灰色の雲を遠くに追いやって、当地の空は
青く青く澄み渡り真綿のような白い雲がふわりと浮かぶ。

ウオーキングを兼ねた買物もこの景色を眺めながら
幸せ気分になる。
暑いほどの気温になり・・・夕方からまたもや肌寒かった。

本日は朝から暖かく暖房入れずに丁度よい。

一昨日田舎から息子が持ち帰った水仙!春先、一番に咲く
この水仙は、もう何十年と咲き続けてみんなを喜ばせる
春の使者。
なんの手入れもしないのに・・・・自然の恵みを喜びたい。
これから梅、椿、桜と次々咲く花々に触れたいと思う。

今広島の我が家の鹿児島紅梅はだいぶ散ってしまった。
雨に打たれた花びらが・・・・じゅうたんとは言えないが
掃き捨てるには忍びなく時折眺めて名残惜しむ私である。
[PR]
by ba-basan | 2015-03-20 15:42

雪の日

今朝も朝一番に例によって梅の木に目をやれば
色鮮やかなる紅梅にナント雪が降り積もる。
この辺りでは珍しい雪、久しぶりのうっすらと梅が
雪化粧だ。

昨日の雨に濡れて花びらが水晶のような光り輝く、これもよい!


午後には止んだと思ったこの雪が夕方またもや激しく舞う。

今年は関東、東北大震災から四年目で毎日報道される様子に
どうか一日でも早い復興へと願うばかりである。
懸命に頑張る大勢の方々には感動をおぼえる。

まだ深い雪の中、さぞかしお辛いことか・・・・

近づく春には皆さんの笑顔であって欲しいと祈りつつ・・・

我が家で眺める一幅の絵のような”紅梅に雪”私にとって
この楽しみはナント贅沢なひと時であろうことか。
[PR]
by ba-basan | 2015-03-10 17:02

祝お誕生日

一昨日お昼前に大阪の義姉から電話がかかり
この二月に92歳のお誕生日を、迎えるので
それを祝し、心ばかりの広島のお菓子を送った
お礼の電話であった。

昨年お見舞いに行ったときより
お元気そうな声に嬉しくてたまらなく
普段耳の調子がよくないのも忘れお互い大きな声でしゃべる。

大正生まれの姉は厳しい時代を生き抜いて
今は一人住まいながら6人の娘たち、そして多くの
人々に支えられ穏やかな幸せな日々を過ごす身である。

若き日には家族はじめ私どもにもよくしてもらった。
春の日差しのような暖かな女性!
「これこそ老後の理想的な生き方ですよ!お姉さん!」
どうかもっともっと長生きして欲しい!
「お姉さんがそこにいらっしゃるだけで私どもは心づよいし嬉しいのですよ。」

92歳バンザイ!!心からおめでとうございます。

いつものように朝、見上げた梅が増えてきた。青空に輝く紅の梅の花!
それは嬉しい予感だった♪
[PR]
by ba-basan | 2015-03-02 15:05