<   2015年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

昨日に続き・・・大叔母の思い出

祝宝塚百年!

私が疎開先から呉市に家族と戻り、確か、二、三年後に
大叔母を尋ねて姉妹が田舎に行った時、
山の中から大叔母は険しい山道から下りて出迎えてくれた。

”わしはもう直ぐ八十八になるんよ”と・・・
その時すでに同じ村の古里に帰っていた。
一人暮らしを止めて甥の家族と同居であつた。

甥一家はおばあさんと言ってみんなで大切に
して、何事もおばあさん中心の幸せな暮らしがうれしかった。

大叔母から見れば我々はまだ、飢えた幼い子どもであったか?
着いて直ぐ”マンマ食べんさい”家族ですぐに食事となり
大きいビンにラッキョウ漬け、梅干、たしか野菜のにもの・
山の奥の素朴なご馳走が美味しくて今でもあの暖かい家族の
光景が懐かしい!

食後、「本もあるよ、」見れば初めて目にした
タカラズカのグラフであった。

タカラズカの少女の舞台の様子。勿論白黒写真。
説明書きに”高峰妙子さん、まだ十四才の可愛らしいこと!”
(もし年が間違っていたらごめんなさい)
今も不思議に思うのはあのきりっとした男勝りの
大叔母とタカラズカが結びつかない。
そうそう、題は”どんぶらこ”であった。

広島地方は昔から男の子は大阪に丁稚奉公、女の子は女中奉公、
行儀見らないが多かったと聞いていた。
商人の勉強は関西が人気があった。

もしかして、これは大阪土産?今あのグラフがあれば値打ちものだわ!
今年はタカラズカ百年!とテレビで盛んに報道していてフトあの山奥で見た
薄いグラフを思い出した。

かく言う私はタカラズカファンで、呉巡業公演では真っ先に行った。

お小遣いまで貰って田舎をあとにしたけど、あの小さな山の奥の景色、
大叔母の年を感じさせないはつらつとした姿は忘れない。
[PR]
by ba-basan | 2015-04-29 16:03

田舎で学んだこと・・・子ども時代

半月くらい前だったか・・・・・
今年は大根が豊作だったが、もうそれも終わりに近く
段々とトウが経ち始めたので、もう処分せねばと、
息子。畑には残った大根は小さくて市には出せず
どうすればよいかと聞いてくる。

すかさず、それは切干大根にしたらよい。
たくあん漬けは失敗したのでパス。

さて切干大根は私が伝授する。

前にも書いたが、疎開先で私の大叔母が私たち子どもに教えた
やりかたである。

村の小学校から帰ったら大叔母がお待ちかねで、
大叔母の家に三姉妹で行けば、縁側にまな板、包丁&大根などなど・・・
我々子どもは一生懸命千切り大根を作った。

さて、其のあとはどうだったか忘れてしまったが・・・

今流行の手打ちうどんもしかり、こねたうどん粉を足で踏んだり・・・
そば粉も畑の種蒔きからそば粉にまでする作業。
さすがに手打ちそばは子どもには難しく、父がそば掻きを作ってくれた。

未だそば掻きが大好きなのは初めてのそば掻きの美味しさゆえか?

今思うにあの頃の大叔母は多分八十半ばであったと思う。
子どもの居なかった人だったが厳しさの中に深い愛情のある
立派な指導者であった。
今も教わったことが脈々と、受け継がれている。

我が家の切干大根は見かけは少々難はあるが大変美味しゅうございました。(笑)
油揚げと水に浸けて戻した切干大根の煮物は大変重宝している。

今でもあの頃が懐かしく思い出され、大叔母の恩恵をしみじみ有難いと思う。
[PR]
by ba-basan | 2015-04-27 16:16

野菜嫌い!

先日何気なくテレビを見ていたら
子どもが偏食して困っています。
特に野菜が嫌いで殆ど残す・・・まあ、お母さんのご相談だった。

子どものほうからいえば野菜は味が無くて美味しくない、
と言う。

私に言わせれば、今はナント平和で幸せな時代!

私も小さい頃は食が細く偏食もしていたが・・・
小学校を戦時中に過ごした私は段々食物が乏しくなり
好き嫌いどころかまるで飢餓状態の日々だった。

食べれるものならなんでもよい。
野に咲く花の蜜で大喜び!
お米の代わりに麦、大豆、イモ類&芋のツル。(ツルはおかずにしたら美味しかった)
これは芋ツルの皮をはいできんぴらのように炒め物。

”飢餓に偏食なし”あれほどひどかった偏食はすっかり治り
元気になった。

もうあのような時代は決してあってはならない!!

今は野菜嫌いは美味しい野菜を食べること!
そして美味しく調理する!まあ自分で作ればおいしいと思う。
出来れば野菜作りを体験する。

私も自分で野菜を作り採りたての美味しさを初めて知った。

近頃野菜が高騰しているが天候のせいか?
高い野菜は大切に食すこと!無駄のないように・・・・
(これは自分に言っている。)
旬のものを味わう。”あら!タケノコ!わらびだ!
日本の四季の美しさを味わう喜びを感じて欲しい♪
[PR]
by ba-basan | 2015-04-25 17:06

四季は移り行く・・・

一寸前、桜の開花宣言に湧いた筈なのに
外でのお花見は一度だけに終わった。

このところ,降ったり止んだり、はたまた、強風!
おまけに雹に痛めつけられたところもあった。

やはり人の体にも影響あるようで私は、ここ何日も体調が
よくない。
耳の聞こえも悪く、持病もさらに辛くなった。

外出は極力控えていたが、今日午後思い切って近くのデパートに・・・
外は曇り空、木々の緑が輝いて、ご近所の枝垂桜、真っ白のハナミズキ!!

あの感動的な白木蓮は今や影も形もない。

ハナミズキの紅白の美しさに見とれる傍につつじが花を開き始めた
お宅もあり・・・こうして私は花に四季を教えられている。

いつの間にか足の痛みも忘れさせてくれる。
そして、悲しいことも・・・・・辛いことも・・・・。

いつものように大地からの素晴らしい贈り物♪花、花々に感謝を!!
[PR]
by ba-basan | 2015-04-19 17:31

大阪へ!

久しぶりに大阪に行ってきた。
c0060919_2213115.jpg

義姉からお花見のご招待で十二月のクリスマスパーティに続き
久々の上阪となり、今回は息子、次女も一緒の四人連れであった。

四月五日の朝、雨上がりのすがすがしい広島を後にして新幹線の旅人となった。

だがしかし!車窓からの春景色を楽しみにしていたものの・・・・
岡山辺りから空は曇り鉛色の如し・・・

所々に見える桜よ!まあ、花ぐもり?

大阪駅は見違えるようにキレイになり大勢の人ひと・・・・
それも若者と外国の観光客が目立つ。
この前は工事中で足場を組んだ仮の階段を上がり降りで閉口したが
今回はピカピカの構内を行ったり来たり、上がったり降りたり、ああ、

外は春の嵐か?吹き飛ばされそうになりながらやっと会場に辿り着き・・・
義姉との再会は喜びもひとしおであった。

お見舞い方々のお花見であったが、用意された豪華なお弁当&デザート等など
みんなと再会の喜びに浸りながら・・・これって花より団子?

皆さんの暖かいおもてなしに心より感謝!!

大阪で見た雨に濡れ、風にも負けない逞しい桜!私もこうありたい♪
c0060919_22125616.jpg

[PR]
by ba-basan | 2015-04-16 15:57 | プライベート

春の雨

先週久しぶりに次女と高校生の娘が二人ずれでやってきた。

その日は快晴!風もなく暖かい。
午後は近くの公園にお花見に行ってみよう!

あら!まだ早いでしょうと私。
外のほうが暖かいからと・・・・今年初めてのお花見である。

ドライブ方々お花見とは・・・・心躍る。

土手の桜はいずれも満開でああ、丁度よい時期だった来てよかったと
散々歩き回った・・・だがしかし、突然の猛暑?
暑くて暑くて喉も渇き・・・・
車で飲み物求めて自動販売機へ・・・

まさか家を出る時は少々寒いけど行ってみよう・・・と、
へとへとになって我が家に帰りヤレヤレ!

何故かその日から二日間食欲減退、だるくてたまらず・・・
もしかしてこれって熱中症?

あれから当地はお天気が崩れ曇り、・・・そして本日朝から雨、、、、

”春雨じゃ濡れていこう”昔の芝居を思い出したが・・・
突然の猛暑よりええでがんす。〔突然まっさん言葉でごめんなさい)

あれからあの土手の桜は散り果てたか?

まだ見に行く元気のないばぁばであります。
[PR]
by ba-basan | 2015-04-03 15:52