人気ブログランキング |

ヘチマの試食

いつだったか本に載っていたヘチマの料理。

沖縄ではナーベラーといってヘチマの料理があるという。

子どもの頃、どこの家でも庭にへちまが大小取り混ぜぶら下がり
夏の風物詩であった。
c0060919_2018457.jpg

大人は”ヘチマコロン”と称してヘチマの実を採った後の
茎を切り、その茎から液体を一升瓶で受けて化粧水を作っていた。
物の乏しくなった時期に女性のお目当てはこれだったようだ。

その後は、ヘチマのタワシ。これも大変喜ばれた。
時代は移り・・・・・今、飽食の時ではあるが何故かこのヘチマを食べてみたいと・・・

思いのほか沢山のへちまがぶら下がり大きいのはタワシへ・・・
c0060919_20214435.jpg
小さいのは少々勿体ないが柔らかそうと、これを先ず試食用にともぐ。

調理法は忘れたのでグラビア写真を思い出し
ゴーやチャンプルもどきのアレンジ、早い話炒めものだ。

先ず、ヘチマの皮を剥き輪切りにしてあり合わせの野菜、いか、ハムなどで油いためを・・・
塩、胡椒、豆板醤、オイスターソース、みりんで味をつけ
最後に溶き卵をまわし掛けて一丁あがり!

自己流の簡単料理であったが意外と美味しいと家では好評だった。

ただし、ヘチマが小さいので柔らか過ぎた。
人数の割りにへちまが少なく物足りないなど等。

まさか、タワシの前に食べるとは想像だにしなかったワ
c0060919_20203828.jpg

このヘチマどんな野菜かと問われれば・・・ズッキーニ、なす、キュウリ、
この野菜が近いのでは?
今度は本場の味を知りたいと思う。  どうぞお試しあれ!
by ba-basan | 2009-08-29 17:33
<< ”今を生きる” ”貴婦人の指” >>