人気ブログランキング |

へちま

先日図書館で借りた本、たしか”昭和のエコに学ぶ”といったような本だったが・・・
先ず最初に”へちまを取り上げていた。

わが子ども時代、まさに昭和の子どもの頃の夏から秋にかけて
どの家でもへちまを育てていたような・・・懐かしの光景

今のようにグリーンのカーテンごときしゃれたものではなく
庭の木に勝手につるが這ってへちまがぶらさがっていた。

我家は今年も去年以上にと張り切っていたが・・・・
c0060919_16411210.jpg


昨年の種を先ずポットに蒔いてポット苗を作る。だがしかし・・・
蒔いた時期が遅く、ようやく出た芽がヒョロヒョロで頼りない。おりしも連日の猛暑!
やっと広い農園に地植えしたが生長悪く、それでも、なんとか実がついた。
それがですね~いずれも小さくひょうたん型や不恰好なのがほとんど。

さて、ある日、家の前の畑の隅っこにつる性の葉っぱが見える!
冬瓜?はたまたかぼちゃ?もしかして、もしかして~♪歌っている場合じゃない!
ああ、予感的中、やっぱり、へちまだった。
ここは、側に堆肥があって土が肥えているし日当たりと風通しがよい。
去年の余ったへちまの種がこぼれたのだろうか?

このへちま、ぐんぐん生長して、「今年はナーベラーとして料理にするべ」
こちらの思案のうちにあっという間に大きくなって「イカン!こりゃ~もうタワシじゃ!」

と、云うことでして、さて、タワシがいくつできますやら・・・
先のポット苗のへちま、大事に大事に温室育ちのように育てたらヒョロヒョロ!
かたや、勝手に生えたへちまの逞しさ!ホントよくわかるわ~

そろそろ、収穫の時期、タワシまで少々手間がかかるが完成が楽しみ。
これぞエコライフの代表選手、昨年の好評につき今年も産直に並ぶ筈でありマス。
c0060919_16391668.jpg

by ba-basan | 2010-09-25 16:23
<< コリウス 秋本番? >>