人気ブログランキング |

短い手紙

先日、テレビや新聞等で紹介され話題を集めている
”一枚のハガキ”これは広島出身の新藤兼人監督の
新作で力作である。
この映画はご自身の体験を基に創られた戦時中の話である。
淡々と語る監督の言葉に、かの戦争の悲しみが深まるばかりであった。
c0060919_14324499.jpg

先日、夏休みも残り少なくなって遊びに来た孫が、
たしか”平和を考える”宿題がまだ残っているという。

ついこの間"ちょ~ちちょ~ちあばば”から”結んで開いて♪”
だったのに・・・・はや今春から中一になった。

背丈はすっかりばぁばを超えてしまった。(まあ、こちらは縮んだ?)

「まあ!平和のことならまかして!」戦争を経験した私・・・

ふと思い出したのは、私が子どもの頃のことだ。
幼友達の父上が戦地から家族に宛てた手紙(ハガキだったかも・・)のことだった。

小学校へ行く途中、その友達が嬉しそうに「とうちゃんから手紙が来たよ!」
「まあ、なんて書いてあったの?」と私。

そこには 

『元気か? 元気だ。』

とだけ、書かれていたという。

まだ子どもであった私はびっくりしたり、
少々物足りない気持ちでもあった。

孫はただ黙ってまじめに耳を傾けていたが・・・
戦争の厳しさと過酷さが伝わってくれればよしとしたい。

映画”一枚のハガキ”と孫の来訪で思いがけず遥か昔が甦った。

今、この”短い手紙”を想い出しながら、これほど素晴らしい手紙があろうか
と改めて思う。
家族の皆さんはこの手紙でどれほど安堵しどれほど勇気づけられたことか!!
この短い言葉に万感のおもいが込められ・・・・この私は胸を熱くする。

そして今一度 ”戦争はごめん!どうかいつまでも平和でありますように!!”と・・・・
by ba-basan | 2011-09-01 15:28 | 平和
<< 檸檬(レモン)の木 欧風トマト ボンリッシュ >>