かぼちゃに思う

その昔、戦後、食糧難を救ったかぼちやは
放っておいても誰でも簡単に作れる野菜だったので、
つい、その気になって植えっぱなしにしていたら
真夏の暑さの中で、蔓は伸び放題となる。
c0060919_15185939.jpg

前後、左右、崖をよじ登り、道をふさぎ
地面が見えぬ程に這っている。

その上を草がジャングルの如く繁茂して
これが、カボチャ畑とは、トホホホ・・・
c0060919_15253066.jpg
後で読んだ”虎の巻”によれば、蔓は
親蔓、子蔓を残して孫蔓は取ってしまう。
全部おいていたら実が小さくなって出来がよくない・・・とか。

ああ、遅かりし!
それを知らずピンポン玉ぐらいの実が付いたと
3日前には喜んでいたのに・・・・
今朝の急激な寒さできっと枯れてしまうに違いない。
c0060919_1612328.jpg
蔓は全部取らずにほおっていたので・・・
(これが失敗の原因か?)

以前、大きいかぼちゃを猿に盗られたことがあったが
このジャングルのお陰で動物には狙われずに
すんだ。何が幸いするやら・・・・

近じか収穫予定。
まあ、期待せずにおくとしょう。
c0060919_15225744.jpg
反省しつつ・・・・失敗は成功のもと!
[PR]
by ba-basan | 2007-09-29 14:19 | 楽しい農園ライフ
<< びったれおどし       (... 秋は来ぬ       (9月26日) >>