伝統料理とは・・・・?

先日テレビで”残したい伝統料理”のような
番組を見た。

最近、食の不安を呼び起こす事件が、やたら多く
今や食の安全、が、盛んに問われるにいたった。

こういうことがあってか、今こそ自分の土地で採れた
作物やふるさとの伝統料理を見直そう、・・・・
まあ、こんな趣旨であった。

”せんべい汁はおいしいな~♪みんなだいすきだ~♪”
こんな歌を園児たちが可愛い声で歌い踊る。
あんまりカワユイのでツイこのババも踊りそうに・・・・
(思うだに、オソロシイ!)

そのあとみんなでせんべい汁をいただいて「ああ、おいしかった!!
c0060919_15493860.jpg


これは北の里の有名なせんべい汁と思うが
土地の多くの人の努力の甲斐あって(踊りや歌をつくり)
見事にふるさとの伝統料理を受け継がれている様子に脱帽!

日本が、貧しかった時代に地元の作物を如何にして食いつなぐか
寒い地方では冬を乗り切る保存の知恵等など
昔日の人々の努力と工夫と汗の賜物であろう。

食料品が年中出回り冷凍保存も出来る今の時代に
古里の伝統料理は相当な努力なしでは幻になるのでは・・・・

我、同世代は昔の食卓が恋しい。
親、きょうだいがみな若く、幼く元気いっぱいだった。
貧しい食卓も楽しい語らいと笑いがあった。
お煮しめ、おひたし、煮豆、お味噌汁等など
この素朴な料理が何にもまして美味しかった!

あの頃の楽しい思い出に味付けされた
素朴な古里の味に、もう一度、巡りあいたいと思う。
[PR]
by ba-basan | 2008-02-28 15:24
<< 昨日に続いて古里の味を・・・ 友の畑に・・・ >>